顔の肉 落とす

顔のダイエットは難しくない!1週間で小顔にする方法

顔の皮膚のすぐ裏にある表情筋。使わないままでいると顔のお肉が下に落ちてしまいます。表情筋は普段3割程度しか使われていないので、意識的に動かして鍛えることが小顔への近道です。表情筋を鍛える小顔ダイエット法を紹介します。

簡単トレーニングでフェイスラインがスッキリ!

  1. 腕を胸の前でクロスさせて肩に手を置く。
  2. そのままゆっくり天井を見上げて、舌をできるだけ突きだす。
  3. ゆっくりと舌を戻して、顔も正面に戻す。

二重あごや頬の肉が気になっている人におすすめのエクササイズ。腕をクロスさせることで首筋が伸びて、デコルテの肉まで落ちます。姿勢を正してやるとより効果的です。

テレビを見ながら、お風呂の中で、エレベーターで1人のときなどすき間時間を見つけてこまめにやりましょう。1週間ほどでフェイスラインの変化を実感する人も。

口回りの表情筋を鍛えるポーズ

  1. 口を「お」の形にします。
  2. そのまま鼻の下をできる所まで伸ばし、目線だけ上にし10秒間キープします。

ゆっくり呼吸することを意識しながらリラックスして行いましょう。口回りの筋肉を鍛えるとほうれい線予防にもなります。

1日2セット行うといいのですが、おすすめの時間帯は朝起きてすぐと、お風呂に入った後。朝にやると寝ている間に硬くなった筋肉をほぐすことができます。また、お風呂上がりの筋肉が柔らかい状態でやるのも効果がでやすいです。

二重あご予防に効果ありのポーズ

  1. あごを引き、舌をできるところまで長く伸ばしたら、舌の先を上に向けるようにします。
  2. 1の状態から顔をそのまま上げて、舌を天井に向かって伸ばしたまま10秒キープします。

こちらのポーズも2セット行います。まるでライオンが怒っているかのように大きく目を見開いて、眉毛も吊り上げるようにしてみましょう。

ダイナミックに顔を動かせば動かすほど、表情筋がたくさん使われて効果的です。やっている最中はお腹から息を「ハァー」といいながら思いっきり吐くのがポイントです。

顔のむくみを解消して代謝をよくするポーズ

  1. 目を大きく開き、舌はあごの方向にできるだけ長く出します。
  2. 1の状態をキープしたまま目線だけを上に向けて10秒維持します。

顔を上下に長く伸ばすことをイメージして行いましょう。

舌を出すことで膵液腺ホルモンという成分が分泌されます。膵液腺ホルモンは若返りホルモンともよばれていて、美容と健康に良い成分が含まれており顔のたるみにも効くといわれています。

顔の筋肉の7割は口の周りに集まっているため、口回りのエクササイズを積極的に行えば、短期間で小顔になったと実感できるはず。

いつでもどこでもできる簡単小顔ダイエットで、すっきり見違えるほどのフェイスラインを目指しましょう。

舌を出すことで膵液腺ホルモンという成分が分泌されます。膵液腺ホルモンは若返りホルモンともよばれていて、美容と健康に良い成分が含まれており顔のたるみにも効くといわれています。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
mocobe(モコビ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する LINEでシェアする

関連キーワード

関連キーワード