顔 肉 骨格

“顔に肉がつきやすい骨格”はどれ?痩せても顔が丸い人・顔から太る人は必見

「顔に肉がつきやすい骨格ってあるの?」
「私って骨格何タイプなんだろう?」
顔に肉がつきやすい骨格があるのか、パーソナルトレーナーに聞きました。
3つの骨格タイプの特徴や、顔がパンパンになるNG習慣、ダイエットの極意まで、くわしくまとめています。

監修者

makiko nomoto

matou Tokyo ABM代表パーソナルトレーナー 

野本 麻紀子 先生

経歴

アクティブボディメイク協会理事長
ビューティーボディアドバイザー
リズムボイストレーナー

"顔に肉がつきやすい骨格"はどれ?

太るとすぐ顔に肉がつくタイプな気がします…。顔に肉がつきやすい体の骨格とかってありますか?

女性(焦り顔)
美容専門家(女性)

「顔に肉がつく」のと「体の骨格」は、ほとんど関係ありません。
顔に限らず、女性はほぼ全身に肉がつくのが特徴と言われています。

とはいえ、顔の骨の形によっては、肉がついたと感じるケースはあります。
例えば、もともと頬骨が出ている人が太った場合、頬に肉がついたと感じやすいでしょう。

肉がつきやすい部位は年齢で変わる!

世代別で見ると
・20代…下腹部・太もも周り
・30代…下腹部・太もも周り・ウエスト・二の腕
・40代以降…お腹周り
といった箇所を気にされる人が多い傾向にあります。

自分の骨格をチェックしてみよう

骨格

骨格ストレートの特徴

  • 全体的に立体感がある
  • メリハリのあるボディ
  • 胸や腰の位置が高め
  • 正面で見ると、鎖骨からバストトップは直線的につながっている
  • 胸に厚みがあり、横から見ると立体的
  • 二の腕の外側に筋肉のハリがある
  • ウエストと腰幅の差は小さい
  • ひざ上は太め、ひざ下は細い
  • 胸からウエストにかけての距離が短い
  • 立体的なヒップ

骨格ウェーブの特徴

  • 体は薄く、華奢
  • やわらかな曲線を描くボディ
  • 胸や腰の位置が低め
  • 正面で見ると、鎖骨からバストトップはえぐれたようにつながっている
  • ウエストと腰幅の差は大きく、なだらかな曲線
  • ひざが出ている
  • 太ももが細く、ひざ下に肉がつきやすい
  • ウエストから腰の距離が長い
  • ヒップは平面的
  • 背中からなだらかな曲線になっている

骨格ナチュラルの特徴

  • 筋肉や脂肪があまり感じられない
  • 関節が目立つ
  • 全体的に四角いシルエット
  • 正面で見ると、鎖骨からバストトップにかけて直線的な人が多い
  • 二の腕は肉感的ではない
  • ひざの皿が大きい
  • すねの骨やアキレス腱が太い
  • 腰の位置は個人差がある
  • ヒップラインは平面的
  • 骨盤に厚みがある

小顔になりたい!ダイエットの極意4ヶ条!

美容専門家(女性)

ダイエットでは
①有酸素運動
②バランスのよい食事
③食べる順番
④よく噛んで時間をかける
この4つを意識してみましょう!

その① 有酸素運動で脂肪を落とそう

ウォーキング

美容専門家(女性)

1回30分以上の運動を、週に2回以上行いましょう。
体脂肪を落とすには、有酸素運動が効果的だと考えられています。

手軽にできる、早足ウォーキングを行うと良いでしょう。
スピードは「おしゃべりしながらだと少ししんどい」と感じる程度を目安にしましょう。

早足ウォーキングのやり方

  1. 姿勢をまっすぐにする
  2. 目線はまっすぐ20mほど先を見る
  3. 肩の力を抜き、上半身はリラックスさせる
  4. 肩甲骨を意識し、背筋を伸ばす
  5. 肘を後ろに引くイメージで腕を振る
  6. 膝は伸ばして前へ踏み出す
  7. かかとから着地する

その② 1日3食バランスのよい食事をとろう

バランス良い

美容専門家(女性)

1日3食バランスのよい食事をとりましょう。
そうすることで、間食や過食の予防ができると言われています。

特に

  • たんぱく質
  • 食物繊維

この2つは積極的に摂取しましょう。

たんぱく質を摂るメリット

たんぱく質は、消化に時間がかかるため、腹持ちが良いです。
そのため、毎食摂ることで、間食や過食の予防になる可能性があります。

▼たんぱく質を多く含む食品

肉類 鶏ささみ、鶏むね肉、豚ヒレ肉 など
魚類 鮭、するめ、たらこ など
豆類 納豆、豆腐、油揚げ など
卵・乳製品 卵、牛乳、ヨーグルト など

食物繊維を摂るメリット

食事の始めに食物繊維を摂ると、糖質・脂質の吸収がゆるやかになります。
それにより、脂肪の蓄積を防ぐ可能性があります。

▼食物繊維を多く含む食品

野菜・果物類 かぼちゃ、ごぼう、バナナ など
きのこ類 しいたけ、しめじ など
海藻類 こんぶ、わかめ など

その③ 食べる順を工夫しよう

美容専門家(女性)

副菜→主菜→主食の順で食べましょう。
・糖質や脂質の吸収が緩やかになる
・食欲の抑制
といった効果を得られる可能性があります。

糖質の吸収がゆるやかになることで、脂肪蓄積の予防になります。

その④ よく噛んでゆっくり食べる

美容専門家(女性)

よく噛むことで、満腹中枢が刺激され、少量でも満足できる可能性があります。
ひと口30回を目安によく噛んで食べましょう。

また、1回の食事に20~30分以上時間をかけましょう。
そうすることで、食欲抑制ホルモンのレプチンが分泌されると言われています。
無理に食欲を我慢せず、食べ過ぎ予防ができる可能性があります。

これだけはNG。顔がパンパンになる習慣

美容専門家(女性)

塩分のとりすぎには注意しましょう。
塩分の摂りすぎは、顔のむくみを引き起こし、顔に肉がついたように感じることがあります。

塩分を摂りすぎると、体が水分をため込みやすくなります。
その結果、体内の水分バランスが崩れ、むくみやすくなると考えられています。

今年こそ…理想の体になりたい!
ライザップ

「ダイエットしてもすぐリバウンドしちゃう」
「昔より痩せにくくなってきたかも…」

そんなあなたには…今こそライザップ!

自分の体を、もっともっと好きになりませんか?

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
mocobe(モコビ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する LINEでシェアする

二重あご・頬の肉に表情筋トレーニング

生理前だけど痩せたい

関連キーワード

関連キーワード