なぜ?突然全身かゆい原因。ストレスや蕁麻疹かも。お風呂に入ると体がかゆいことも

更新日:2023-01-17 | 公開日:2020-05-01
136
なぜ?突然全身かゆい原因。ストレスや蕁麻疹かも。お風呂に入ると体がかゆいことも

「突然ぶつぶつができてかゆい!」
「見た目には変化がないのにかゆい…なぜ?」
考えられる原因と、その対処法を医師が詳しく解説します。

監修者
荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

ライザップ

考えられる7つの原因

医師男性
  1. アレルギー
  2. 乾燥
  3. ストレス
  4. 薬の服用
  5. 寒冷蕁麻疹
  6. 温熱蕁麻疹
  7. 妊娠

全身のかゆみには、上記7つの原因が考えられます。

原因①アレルギー

医師男性
アレルギー症状のひとつに皮膚症状もあり、蕁麻疹やかゆみを生じることがあります。

アレルゲン(花粉や食べ物など)が体内に入り、免疫機能が過剰に反応することでアレルギー症状が起こります。
アレルギーの原因となっているものを遠ざけましょう。

原因②乾燥

医師男性
皮膚が乾燥した状態が続くと、皮膚のバリア機能が低下し、知覚神経が敏感になります。
そうすると、少しの刺激でもかゆみを感じるようになります。保湿をして対処しましょう。

特に、お風呂上りや湿度の低い冬は、肌の水分が失われやすく、乾燥しやすくなります。

原因③ストレス

医師男性
精神的ストレスによって蕁麻疹ができ、皮膚にかゆみを感じることがあります。

夜中や寝ている時に起こりやすいとも言われています。

原因④薬の服用

医師男性
薬の副作用でかゆみがでたり、皮疹が出ることがあります。
これを薬疹と言い、薬に対してアレルギー反応が起こっている状態のことです。

かゆみのほかには、蕁麻疹や水疱、痛みが生じることもあります。
アレルギーの原因となっている薬の服用をやめると、かゆみは自然におさまります。

原因⑤寒冷蕁麻疹

医師男性
体が冷えることで起こる蕁麻疹です。

体の一部にだけ蕁麻疹があらわれるものと、全身に症状がでるものの2種類あります。
通常、体が冷やされて10分程で症状があらわれ、2時間以内にはおさまります。

原因⑥温熱蕁麻疹

医師男性
熱による刺激で生じる蕁麻疹のことを温熱蕁麻疹と呼びます。

温度の高い飲み物や食べ物、日光、入浴、ドライヤーなどの刺激が原因となります。
刺激を受けてから数分で症状があらわれ、数時間以内におさまります。

原因⑦妊娠

医師男性
妊娠中はホルモンのバランスが乱れることにより、皮膚が敏感になり、乾燥しやすくなります。

乾燥がひどくなると、皮疹はなくても全身がむずむずと無性にかゆくなることがあります。これは妊娠性掻痒(そうよう)症と呼ばれており、妊娠中期から後期によくみられる症状です。

全身がかゆいときの「対処法」

医師男性
  • 保湿をする
  • 市販薬を使う
  • ストレスを発散する
  • かゆみの原因を排除する

などの対処法があります。

保湿をする

医師男性
乾燥が原因のかゆみに限らず、保湿は効果的です。
保湿により肌のバリア機能が向上し、かゆみが改善されるからです。

市販薬を使う

医師男性
基本的には、花粉症などのアレルギーや乾燥・蕁麻疹・妊娠性掻痒症・薬の副作用による皮膚のかゆみは、かゆみ止めや抗アレルギー薬で改善することができます。

体質によって薬が合わない、または起こっているアレルギーに対して薬の作用が弱いといった原因で、効果を感じない場合もあります。

ストレスを発散する

医師男性
ストレスは上手に発散し、溜め込まないようにすることも大切です。

かゆみの原因を排除する

<薬の副作用によるかゆみ>
薬の服用をやめるとおさまることがある。

<寒冷蕁麻疹>
蕁麻疹のでた部分を温めるとよい。

<花粉や食品などによるアレルギー>
アレルゲンが特定できている場合は、マスクをして花粉を予防したり、アレルゲンとなっている食品を摂取しないようにする。

治らない場合は皮膚科へ

医師男性
全身がかゆいときの対処法を試してみても改善されない場合は、病気が隠れていることもあります。
早めに病院を受診しましょう。

皮膚科を探す

内臓などに異常があるケースも…

医師男性

「全身にかゆみがでる病気」もあります。
病気の代表例

  1. 慢性肝炎
  2. 膠原病
  3. 悪性リンパ腫
  4. 甲状腺機能亢進症

について解説するので、病院受診の参考にしてください。

心当たりのある症状がある際は、早めに病院を受診しましょう。

合わせて読みたい
発疹なしの全身のかゆみ|皮膚掻痒症・ストレス・肝臓疾患が原因かも
2020-08-18
全身かゆいけど発疹はない…この症状は大丈夫? 発疹なしのかゆみについて、お医者さんに詳しく聞きました。 考えられるかゆみの原因と対処法、病院に行く目安まで解説します。 なぜ?発疹がないのに全身かゆい… 発疹がないのにかゆくなってしまう原因として、 ①肌の乾燥 ②ストレス ③肝臓の疾患 ④皮膚掻痒症 ⑤鉄分不足 が考えられます。 それぞれの場合の「症状の特徴」と、「対処法」を解説するので、参考にしてください。 自分の症状に合ったケアをすることが大切です。 原因① 肌の乾燥 皮膚が乾燥した状態になると、外からの刺激をダイレクトに受けてしまうため、かゆみが強くなると考えられています。 肌の深部にあるかゆみを感じ取る神経が、肌の乾燥により皮膚の表面との距離が近くなると、ほんの少しの刺激でもかゆみを感じるようになります。 肌に合わない洗浄料の使用や、体をごしごし洗ったり毎日熱い湯船に浸かるといった習慣も、肌の乾燥を招きます。 高齢の方や、アルコール・刺激物を過剰摂取している方も乾燥しやすいです。 乾燥肌の「症状の特徴」 皮膚がカサカサ 皮膚がつっぱるような感じ 皮膚表面がポロポロと剥がれる 強いかゆみ ヒリヒリするような痛み 乾燥肌が「かゆくなるタイミング」 食後 入浴後 夜、布団に入ったとき アルコール摂取したとき 刺激が強い物も食べたとき 皮膚が擦れたとき 冬の寒い時期 自分でできる対処法 お風呂では、湯船には浸からずにシャワーのみにして、体を洗う時はゴシゴシ洗わずに優しく丁寧に体を洗いましょう。 洗浄料も見直しましょう。低刺激性タイプを選ぶのもおすすめです。特に入浴後は保湿ケアを徹底してください。 着用する衣類は、肌への負担が少ない素材(綿素材など)にしましょう。 栄養バランスの良い食事を摂り、アルコールや刺激物を控えてください。 <肌の乾燥にオススメの市販薬> 白色ワセリン ヒルドイドソフト軟膏 プロペト ケラチナミン 原因②ストレス 過剰なストレスは、ステロイドホルモンの分泌を促進し、肌代謝のバランスを崩すため、かゆみが生じると考えられています。 そのため、ストレスを感じやすい人、睡眠不足で疲れが溜まっている人はかゆみが出やすいです。 また、喫煙者や刺激物を好んでたくさん摂る人も、ストレスによってかゆみを感じやすいと考えられます。アトピー性皮膚炎の症状が出る恐れもあります。 ストレス肌の「症状の特徴」 強いかゆみ イライラする ストレス肌が「かゆくなるタイミング」 イライラしているとき 緊張状態のとき 不安が募っているとき 自分でできる対処法 自分なりのストレス解消法を見つけましょう。 生活リズムの見直しや、環境を変えてみることも症状の改善に繋がります。 ストレスによる症状を自覚している場合、心療内科や精神科を受診して相談するのも、一つの方法です。 原因③肝臓の病気 肝臓の病気になると、かゆみにかかわる体内物質のバランスが崩れて、かゆみが生じます。 脳がダイレクトに刺激を受けて感じるかゆみのため、いくらかいてもかゆみが止まらず、薬も効かない場合があります。 また肝臓の病気によって肝機能が衰退すると、胆汁の流れが滞り、かゆみが生じる場合もあると考えられています。(原発性胆汁性肝硬変) 肝臓病によるかゆみは、肌が乾燥しやすい人や中年以降の女性に多い症状です。 肝臓の病気の場合の「症状の特徴」 いくらかいてもかゆみが止まらない 眠れないほどの強いかゆみ 睡眠障害 黄疸 イライラする 倦怠感 肝臓の病気の場合の「かゆくなるタイミング」 入浴後 眠りにつくとき 汗をかいた後 衣類等による肌への刺激があるとき 自分でできる対処法 肝臓の病気を疑う場合、まずは病院に行くようにしてください。 内科を探す その上で実践できる対処法として、入浴時は湯船には浸からず、ぬるめのシャワーのみにしましょう。 体を洗うときゴシゴシ洗わないようにして、入浴後はすぐに保湿ケアをしてください。 加湿器を使用して、乾燥を防ぐのもおすすめです。 また、無意識にかいてしまうこともあるので、爪をこまめに切るようにしましょう。 原因④皮膚掻痒症(ひふそうようしょう) 「発汗量の低下」、「寒い時期の乾燥した外気」、「皮脂の欠乏」等の条件が合わさった際に生じる皮膚疾患です。 妊娠中の方や高齢者に起こりやすいです。 肌のバリア機能が消失し、知覚神経が敏感に反応するようになり、かゆみが生じやすくなると考えられています。 まれに、腎臓、肝臓疾患、糖尿病、がん、甲状腺疾患等が原因で発症する場合があります。 皮膚掻痒症の「症状の特徴」 強いかゆみ 引っかき過ぎて血が出る場合がある 皮膚が粉をふき、白っぽい色になる 引っ掻くと真っ赤になる 色素沈着を起こす場合がある 皮膚掻痒症の「かゆくなるタイミング」 寒くて空気が乾燥している時期 入浴後 自分でできる対処法 肌の乾燥を防ぐために、保湿ケアを徹底して行いましょう。 暖房機器を使用する際は、加湿機などで湿度を保つようにしてください。 気温の変化がかゆみを増強させることもあるので、部屋の温度は一定にしましょう。 <皮膚掻痒症にオススメの市販薬> ヒアルロン酸、セラミド、ヘパリン類似物質等を配合する保湿剤 当帰飲子 加味帰脾湯 黄連解毒湯 等 ※医師や薬剤師に相談の上使用するようにしましょう。 原因⑤鉄分不足 体内の鉄分が不足すると、全身にかゆみが生じる場合があります。 かゆみが生じる原因ははっきり分かっていません。 一般的には女性に多く、ダイエット等食事制限による栄養不足や、お酒を大量に飲むことも鉄分不足の原因になります。 鉄分不足の「症状の特徴」 体中にかゆみが生じる めまい 立ちくらみ 息切れ 動悸 貧血 鉄分不足で「かゆくなるタイミング」 夏の暑い時期 自分でできる対処法 鉄分を補給しましょう。 鉄分は、レバーや豚肉、鶏肉、イワシ、マグロ、あさり、カキ等多く含まれています。 皮膚科に行く目安 眠れないほどのかゆみが生じていたり、症状が長期間続いている場合は、皮膚科を受診しましょう。 また、かゆみ以外に、めまい、立ちくらみ、動悸、発熱などの症状があらわれている場合も、病院で相談しましょう。 皮膚科で治療を受けると、医師の診断により適切な処置を受けられるので、我慢できないかゆみ症状の改善が期待できます。 また、ひどいかゆみで引っかいてしまった場合も、早期に皮膚科を受診すると、傷跡が残らずにきれいな状態に戻すことも期待できます。 皮膚科を探す 自己判断で症状に適していないケアを続けると、改善するどころか症状の悪化を招いたり、重篤な疾患を見逃したりする可能性があります。 参考 漢方のツムラ 皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)・かゆみ https://www.tsumura.co.jp/kampo/nayami/hifusouyou01.html オムロン かゆみの原因はさまざま https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/55.html 日本臨床皮膚科医会 皮膚の病気 http://plaza.umin.ac.jp/~jocd/disease/disease_04.html 大日本住友製薬 健康情報サイト 肝臓病のかゆみの現状 https://healthcare.ds-pharma.jp/disease/itch/01.html 公益社団法人 日本皮膚科学会 皮膚そう痒症とはどんな病気ですか? https://www.dermatol.or.jp/qa/qa37/q05.html 徳島県医師会 皮膚そう痒症 https://www.tokushima.med.or.jp/kenmin/doctorcolumn/hc/238-2865

病気①慢性肝炎

<主な症状>

  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 疲労感
  • 微熱
  • 腹部上部不快感
  • 手のひらが赤くなる
  • 黄疸に伴うかゆみなど
  • 慢性肝炎は徐々に自覚のないまま徐々に進行することが多い

消化器内科を探す

病気②膠原病

<主な症状>

  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 疲労感
  • 関節痛
  • 筋力低下
  • 抜け毛
  • 発疹
  • かゆみ

リウマチ科を探す

病気③悪性リンパ腫

<主な症状>

  • リンパ節の痛み
  • リンパ節のしこり
  • 発熱
  • 倦怠感
  • 嘔吐
  • 皮膚の赤み
  • 皮膚のかゆみなど

血液内科を探す

病気④甲状腺機能亢進症

<主な症状>

  • 多汗
  • 動悸
  • 体重減少
  • 疲労感
  • イライラ
  • 手足の震え
  • 眼球突出
  • 皮膚が黒くなる
  • かゆみ
  • 月経不順など

内分泌内科を探す

合わせて読みたい
なぜ?夜になると体がかゆい、眠れない!対処法&病院に行く目安
2020-08-18
夜になると体がかゆい…。 眠れない!どうすればいいのか教えて! 夜にひどくなるかゆみの原因と対処法を、お医者さんに聞きました。 病院に行く目安も解説します。 夜になると体がかゆくなる、どうすれば… かゆみが出ている部分を冷やしましょう。 また、肌が乾燥しないようにしっかり保湿してください。 \これはNG!/ 入浴の際、熱いお湯に浸かるとかゆみが悪化する可能性があります。 ぬるめのシャワーを浴びるだけにするといいでしょう。 夜に現れるかゆみの原因 夜になるとひどくなる体のかゆみは、主に ① 肌の乾燥 ② じんましん ③ ストレス ④ 体温上昇 が原因となっていることが多いです。 原因① 肌の乾燥 皮膚が乾燥して水分を消失すると、外側からの刺激を受けやすくなり、かゆみを感じる神経末端が表皮へ入り込むことで、かゆみが増強すると考えられています。 さらに、入浴時に熱い湯船に浸かる、石鹸で洗う際の肌への刺激、衣類が擦れる等の要因で、夜寝るときにかゆみが生じやすくなります。 かゆみの感じ方 強いかゆみ 肌がカサカサ状態になる かゆくて引っ掻いてしまうと、傷ができて痛みが生じるようになる 自分でできる対処法 保湿をしましょう。 皮膚表面を油脂で覆うクリームや、保湿効果が期待できる尿素・セラミド・ヒアルロン酸などを配合しているクリームを使ってください。 特に入浴後は、できるだけ早めに保湿剤を塗ってください。 お風呂では、ゴシゴシ洗わずに優しく洗うようにして、衣類は肌に優しい綿や絹等の素材にしましょう。 肌の乾燥におすすめの市販薬・成分 ワセリン  セラミド プロペト ケラチナミン ヒルドイドソフト軟膏 原因② じんましん じんましんは、食物や動物、金属等のアレルギー、発汗、精神的要因等によってあらわれると考えられていますが、原因は明らかにされていません。 汗をかいたり、布団の中で皮膚が擦れるといったことが要因で、夜にじんましんが生じる可能性があります。 かゆみの感じ方 強いかゆみ チクチクするような感じ 焼けるような感じ 虫に刺されたような膨疹(赤く膨らむ発疹)が出現する 自分でできる対処法 かゆみがある部分を冷やしましょう。 アレルギーのもととなる原因物質が分かる場合は、除去してください。アルコールの過剰摂取は避けて、ストレスを溜め込まないことも重要です。 じんましんにおすすめの市販薬 十味敗毒湯(漢方薬) 抗アレルギー薬 原因③ ストレス ストレスが原因で、かゆみを感じることがあります。 通常、眠りにつく時間帯は交感神経よりも副交感神経が優位になりますが、ストレス過多の状態の場合、交感神経が活性化するようになります。 すると自律神経のバランスが崩れてしまい、かゆみの原因物質であるヒスタミンが過剰分泌され、かゆみが生じやすくなると考えられています。 かゆみの感じ方 かゆみが強過ぎて眠れない 我慢できず引っ掻いてしまい、症状が悪化する 自分でできる対処法 自律神経を整えるために深呼吸をしたり、食事をよく噛んで食べる習慣をつけましょう。 十分休息をとり、リラックスして過ごすことも重要です。 また、ストレスの原因をできるだけ除去するために、自分なりのストレス解消法を見つけてみましょう。 アルコールや刺激物の摂取は控えてください。 ストレス性のかゆみにおすすめの市販薬 ジンマート 原因④ 体温上昇 皮膚の温度が上昇すると、かゆみを伝達する神経の働きが活性化されます。 入浴したり、就寝時に布団に入ることで体が温まるので、夜にかゆくなるケースがあります。 また、寝るときには副交感神経が優位な状態になり、皮膚温度が上昇して、かゆみが起こりやすくなります。 かゆみの感じ方 突然強いかゆみが生じる ミミズ腫れのように赤く腫れる場合がある 自分でできる対処法 かゆい部分を冷やしましょう。 体が温まることでかゆみが生じるため、お風呂の湯船には入らずにシャワーのみにしましょう。 体温上昇によるかゆみにおすすめの市販薬 メンソレータムAPソフトローション メンソレータムカユピット ※体温上昇によるかゆみは、薬を使用するよりも、冷やして対処する方が早く改善できることが多いです。 原因不明のかゆみは肝臓病のサイン? かゆみの原因が思い当たらず、しっかりと保湿しても改善しない、市販薬を使用しても効果を感じないといった場合には、肝臓の病気(内臓疾患)が原因の可能性があります。 肝臓が悪いときの主な症状 かゆみが生じている部分を引っ掻いてもかゆみが止まらない 皮膚の腫脹等、見た目の変化がない 体中にかゆみが生じる かゆみで夜眠れない かゆみ止めの薬を使用しても改善しない 乾燥した肌状態になる 全身の倦怠感 体力の低下 発熱や関節痛 腹部の張り感(腹水)※要注意 白目が黄色っぽい(黄疸)※要注意 皮膚に赤い斑点がでる※要注意 紅茶のような色の尿がでる※要注意 足がむくむ※要注意 これらの症状がある場合は、内科・消化器内科の受診をおすすめします。 内科を探す ※症状や病院の設備などによって、別の診療科・医療機関を紹介されることもあります。 病院に行く目安 上記で紹介したようなケアや市販薬の使用を、1週間程度続けても症状が改善しない場合は、病院に行きましょう。 ▼皮膚の症状が強い場合 皮膚科を探す ▼肝臓病の疑いがある場合 内科を探す ※症状や病院の設備などによって、別の診療科・医療機関を紹介されることもあります 病院に早期受診のメリット 病院を受診すると、症状に合った治療や薬を処方してもらうことで、短期間での症状改善が期待できます。 すると、かゆみによる睡眠障害で生活に支障を与える状態を予防できます。また、肝臓病等の重篤な疾患を早期に発見できます。 参考 第一三共ヘルスケア じんましん https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_hifuken/symptom/jinmashin/ ロート製薬株式会社 蕁麻疹の主な症状・種類 https://jp.rohto.com/learn-more/bodyguide/hives/symptom/ 厚生労働科学研究「アトピー性皮膚炎の発症・症状の制御および治療法の確立普及に関する研究」 https://www.kyudai-derm.org/atopy/docter/06.html 日本臨床皮膚科医会 ひふの病気 http://plaza.umin.ac.jp/~jocd/disease/disease_04.html 公益社団法人 日本皮膚科学会 蕁麻疹 https://www.dermatol.or.jp/qa/qa9/q10.html

無料で試せる心理診断

スマホを触る女性

自分の不安度イライラの原因たった1分で診断!

悩みや心配事がある方は、心理資格保持者によるオンラインカウンセリングも受けられます。(※)

「Unlace」の心理診断
無料で受けてみる

※オンラインカウンセリングは有料プランです。
※カウンセラーには、24時間365日連絡可能です。

※カウンセラーはメッセージを受け取った後、12時間以内を目安に返信します。カウンセラーの定休日は週に2日ございます。
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 136
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

\「発疹・かゆみ」カテゴリの特集記事/

全身 発疹

発疹・かゆみ

全身 痒い

関連キーワード

おすすめ記事

オンライン診察

ビデオ通話で医師が診察
急な体調不良に!

往診予約はこちら

あるくとアプリ

関連記事