なぜ?女性の腹痛が続く3つの原因と病気の可能性|病院に行く目安も

公開日:2020-04-30 | 更新日:2020-09-15
138
なぜ?女性の腹痛が続く3つの原因と病気の可能性|病院に行く目安も

女性で腹痛や下痢が続く…という方は多いようです。

腹痛が続く原因をお医者さんに聞きました。
妊娠や病気の可能性、病院へ行った方がいい症状なども解説します。

消化器内科・婦人科・産婦人科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

腹痛が続く二大原因

医師男性
女性の腹痛が続くのは、主に次の2つの原因が考えられます。

便秘

大腸の一部で、腹部左下にあるS状結腸に便が溜まりやすいため、便秘を起こすと左下腹部にズキズキするような痛みが生じる場合があります。右下腹部に痛みが生じる場合もあります。

 蠕動痛(ぜんどうつう)

子宮の周りにある腸の活動が活発になる、ガスや便が溜まる等により、キューッとするような腹痛が生じる場合があります。

ストレス、溜まってない?

医師男性
心因性の原因で、腹痛が続くことがあります。

過敏性腸症候群

腸に異常がないにもかかわらず、ストレス等が作用して腸の蠕動運動が低下したり、動きすぎたりします。腹痛の他に、下痢、便秘が慢性的に生じる状態です。

胃痛、胃の不快感

ストレス過多、香辛料や炭酸飲料の過剰摂取等により胃痛・腹痛が起こる場合があります。

ホルモンが関係していることも!

月経痛、月経困難症

主に下腹部痛、便秘、下痢、頭痛、吐き気、腰痛等の症状が生じます。

月経前症候群(PMS)

月経前に起こる不快な症状です。
頭痛、お腹の張り感、下腹部の痛み、浮腫み、精神症状等に症状が出現する場合があります。

排卵期痛

排卵期に月経痛と同じような腹痛が起こる場合があります。

妊娠時

妊娠して間もない時期は、腹痛、腹部張り感、腰痛等の症状が出現する場合があります。
妊娠中に起こる腹痛は、緊急対応が必要な場合が多いため、早急に産婦人科を受診してください。

<妊娠初期>
子宮外妊娠、切迫流産、進行流産等が疑われます。

<妊娠後期>
切迫早産等が疑われます。

生理はこないのに腹痛だけが続くのはなぜでしょうか…?


子宮のサイクルは、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期を繰り返しています。

このサイクルが正常に機能せず、子宮内膜がどんどん成長してしまうと、月経が開始されず、子宮内膜が剥がれ落ちないため、腹痛だけが起こる場合があります。

産婦人科を探す

薬の服用が原因になることも

医師男性
薬の服用によって腹痛が起こるケースもあります。
代表的な3つの例を紹介します。
  • 消化性潰瘍のときに使用する薬、アスピリン、非ステロイド系抗炎症薬等の使用が原因で消化不良が起こる場合があります。
  • ピル、アフターピルは、月経痛の緩和等、有効に使用できる場合が多いですが、副作用として、腹痛や下腹部痛、吐き気、嘔吐、不正出血、倦怠感、頭痛等の症状が現れる場合があります。
  • 便秘薬の常用により、腹痛が生じる場合があります。

「病気」の可能性は?

医師男性
腹痛が続く場合、様々な病気が考えられます。

病気の例をあげたので、思い当たる症状がないか確認してください。
  • 子宮内膜症
    症状:痛みの強い月経痛、経血量が多い、月に2~3回月経がある、不正出血等
  • 子宮筋腫
    症状:腹痛、腰痛、不正出血、経血量が多い、月に2~3回月経がある、貧血、頻尿等
  • 卵巣出血
    症状:黄体期(排卵期)に卵胞が破裂して出血する、下腹部痛等
  • 卵巣炎、卵管炎
    症状:主に右下腹部痛、嘔吐、発熱(37.5~38度)、悪寒等
  • 卵巣嚢腫
    症状:卵巣の腫れにより靱帯が捻じれる状態。捻じれたり戻ったりを繰り返していると、不定期に腹痛が生じる場合がある。
  • 卵巣腫瘍
    症状:腹痛、不正出血、おりものの増加等
  • 子宮頸がん、子宮体がん
    症状:腹痛、不正出血、おりものの増加等(初期症状はほぼない)
  • 子宮留膿症
    症状:腹痛、不正出血、おりものの増加等
  • 骨盤内感染症(クラミジア)
    症状:何日かかけてだんだんと腹痛が増していく、発熱(37.5~38度)等
    (炎症が肝臓周りまで拡がると、右上腹部に痛みが生じる場合もある)
  • 慢性膵炎
    症状:主に左上腹部痛、鈍痛が続く、時々痛みが生じる等
  • 膵臓癌
    症状:主に左上腹部痛、仰向けに寝ると痛みが増す、倦怠感、吐き気、便秘、下痢等
  • 膀胱炎
    症状:主に下腹部痛、排尿痛、頻尿等

病院へ行くべき症状

医師男性
1週間以上痛みが続くようであれば、病院に行きましょう。

他にも、次のような症状が現れた場合は、何か病気が隠れているかもしれません。発見が遅れる前に、早急に病院を受診しましょう。
  • 急激に痛みが強くなる
  • 痛みがどんどんひどくなる
  • 夜中に痛みで目が覚める
  • 腹部に加えて背中にも痛みが生じる
  • 嘔吐下痢を繰り返す
  • 吐血下血がみられる
  • 38度以上の発熱を伴う
  • 腹部や脚の腫れ

まずは何科に行けばいい?

医師男性
まずは、消化器内科婦人科産婦人科を受診しましょう。

市販薬で対処するには?

軽い腹痛や急な腹痛の場合、市販の下痢止めや鎮痛剤を使用するケースがあります。

医師男性
アセトアミノフェン等、あまり強くない鎮痛薬等で様子をみて、それでも腹痛が続く場合は、病院を受診して、症状に合った薬を処方してもらうことをおすすめします。
 

漢方薬では、建中湯類(ケンチュウトウルイ)、桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)等が腹痛を緩和するはたらきを持ちます。

日常生活で気をつけること

  • 腹部を温める
  • 食物繊維を多く含む食品を摂る(海藻類、きのこ類、いも類、果物類、根菜、大豆製品 等)
  • 1〜2時間に一度コップ1杯程度の水分を摂る
  • ストレスを溜め込まないようにする
  • 1日20分以上、汗ばむ程度のウオーキングなどの運動をする
  • 十分な睡眠をとる
  • 暴飲暴食しない(過度に辛いものや冷たいものは避ける)
参考
日本成人病予防協会 腹痛 -気になるからだの危険信号 痛み
https://www.japa.org/tips/kkj_0007/
一般社団法人 広島県医師会 知っておきたい“腹痛(おなかが痛い)”のポイント
http://www.hiroshima.med.or.jp/pamphlet/188/ii-7.html
日本OTC医薬品協会 おくすりQ&A
http://www.jsmi.jp/qa/benpi.html
全日本民医連 いつでも元気
https://www.min-iren.gr.jp/?p=28665
クラシエ 漢方セラピー
http://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/product/symptom/constipation/geri.html
 

監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 138
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード