なぜ?足がじわーと熱くなる…更年期?もしや病気?病院は何科?

更新日:2022-08-31 | 公開日:2021-03-16
106
なぜ?足がじわーと熱くなる…更年期?もしや病気?病院は何科?

「なぜか、足がじわーと熱くなる…」
「更年期?それとも他の病気?」

どんな原因が考えられるのか、お医者さんに聞きました。
自分でできる対処法もご紹介します。

監修者
永澤 守 先生

かつしかキュアクリニック
院長

永澤 守先生

経歴

平成14年福井医科大学(現福井大学医学部)卒業
岐阜大学高齢科神経内科入局後松波総合病院にて内科研修、
岐阜大学高次救命救急センター出向。
美濃市立美濃病院内科。
東京さくら病院及び同認知症疾患センター勤務の後
令和元年7月かつしかキュアクリニック開業。

足がじわーと熱くなる…大丈夫?

医師男性
足がじわーっと熱くなるのは、血行不良身体の冷えが原因の可能性が高いです。
冷えた身体を温めようと、血行を良くする体の反応の過程で足が熱くなることがあります。

眠りに落ちる前などに手や足が暖かくなるのは生理現象なので、特に心配はいりません。

しかし、熱さに加えて

  • 足がむずむずする
  • 脚が落ち着かない

などの他の症状もある場合は、病気が潜んでいる可能性もあり、注意が必要です。

足が熱くなる2つの原因

医師男性

足がじわーと熱くなるのは

  1. 更年期障害
  2. むずむず脚症候群(レストレスレッグ症候群)

が原因となっているケースが多いです。

原因① 更年期障害

医師男性
更年期は女性ホルモンの急激な減少によって、様々な体の不調が起きる時期を意味します。
のぼせ・ほてり・イライラなどいろいろな症状がありますが、足のほてりもその一つです。

閉経を迎えるにあたり、女性ホルモンの分泌が急激に減ることが原因で、体にいろいろな症状が現れます。

なりやすい人

40~50代の閉経を迎える頃の女性が発症します。
一般的に閉経を迎えるのは50代ごろですが、その閉経前後5年ほどに更年期となる人も多いです。

更年期障害の症状

  • 全身がほてる
  • イライラする
  • 汗をかきやすくなる
  • 頭痛が起きる
  • 腰痛が起きる
  • しびれる
  • めまいが起きる
  • 不安感が増す
  • 不眠になる
  • 皮膚にかゆみが出る
  • ドライマウスになる など

自分でできる対処法は?

医師男性
「生活リズムを正す」「適度な運動」「質の良い睡眠を取る」ことを意識しましょう。

更年期障害の対処法

  • 毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝る
  • 太陽を浴びる
  • 寝る1時間前からパソコンやスマートフォンを触らない
  • ぬるめのお風呂にゆっくりつかる
  • 1日20~30分程度、散歩する
  • 1日30分ほど、ウォーキングなど適度な運動を行う
  • ストレスを溜めない

※ただし、1ヶ月ほど対処法を行っても足が熱くなる場合は、脳神経内科など病院を受診してください。
更年期の症状が強い場合は婦人科をおすすめします。女性ホルモンに似たホルモンを補充する治療や漢方など、患者さんに合った方法で治療していきます。

合わせて読みたい
足の裏が熱い…原因はストレス?眠れないときの対処法。病院は何科?鉄分不足や更年期の症状かも
2021-08-04
「足の裏が熱くて眠れない…これはストレスのせい?」 足の裏が熱くなる原因を、お医者さんに聞きました。 自律神経失調症や更年期障害など、考えられる病気を解説します。 病院に行く目安、受診すべき診療科も要チェックです。 足の裏が熱いのはストレスのせい? 過多のストレスで自律神経が乱れると、体温調節が上手くいかなくなり、足の裏にほてりが生じる場合があります。 足の裏が熱くて眠れない…!どう対処すればいい? 暑く感じる部分は、布団をかけずに放熱させましょう。 熱が放散されると体の深部温度は下がるため、次第に眠くなってきます。 こんなときは病院で相談を 症状が1週間以上続いている 寝不足で困っている といった場合は、医療機関で相談しましょう。 症状が軽いうちに治療を開始すれば、治療期間が短く済むことが多いです しかし、悪化して複数の不調が重なってしまうと、治療が長くかかってしまう場合もあります。 「体の調子がおかしいな」と感じるときは、早めに治療を受けましょう。 病院は何科? 足の裏が熱っぽいだけであれば、まず内科を受診しましょう。 ただし、 イライラする 気持ちが落ち着かない 気分の浮き沈みが激しい など精神的な不調を伴うときは、心療内科の受診をおすすめします。 上記の症状には、自律神経失調症の可能性が考えられます。 ▼「足の裏が熱っぽい」症状のみの場合は内科へ 内科を探す ▼精神的な不調を伴うときは心療内科へ 心療内科を探す 考えられる3つの病気 足の裏が熱くなるのは、 自律神経失調症 レストレスレッグス症候群 更年期障害 といった原因が考えられます。 原因① 自律神経失調症 自律神経失調症になると、体温調節に不具合が起こることがあります。 これにより、発汗異常やのぼせ、ほてりを発症すると、足の裏が熱くなります。 こんな症状に心当たりはありませんか? 倦怠感 動悸 手足のしびれ 頭痛 下痢、便秘 微熱 めまい、立ちくらみ 気分の浮き沈みが激しい 耳鳴り 不眠 どんな人に多い? 妊娠中、または出産後の女性 更年期の女性 ストレスをため込みやすい人 不規則な生活を送っている人 は、発症リスクが上昇します。 自分でできる対処法は? まずは生活リズムを整えることが大切です。 また、ストレスをためないように、上手に気分転換しましょう。 毎日同じ時間に起きて、同じ時間に眠ることを心がけてください。 ストレス対策には、適度な運動と十分な睡眠をおすすめします。 なお、改善が見られない場合や、症状がひどい場合は、医療機関での治療が必要です。 病院は何科? 自律神経失調症を疑うときは、心療内科・精神科を受診しましょう。 医療機関では、お薬での治療やカウンセリング、理学療法などによって、症状の改善を図ります。 心療内科を探す 原因② レストレスレッグス症候群 夜眠ろうとしてじっとしていると、足がムズムズしてきたり、熱く感じたりして眠れなくなる病気です。 こんな症状に心当たりはありませんか? 足のムズムズ感、かゆみ 足の違和感 ※足を動かすと良くなる傾向があります。 どんな人に多い? 食生活が偏っている人 妊娠中の女性 腎臓の病気を患っている人 に発症しやすい傾向があります。 食生活の偏りや妊娠による発症には、鉄分不足による貧血が関係していると考えられています。 ただし、発症の詳しい原因はわかっていません。 自分でできる対処法は? 鉄分補給、禁煙、日中の適度な運動によって、夜間の症状が楽になることがあります。 また、日中にカフェインを摂りすぎないようにしてください。 上記の対処で改善しない場合には、医療機関で相談しましょう。 病院は何科? レストレスレッグス症候群でお困りの場合は、内科を受診しましょう。 医療機関では、生活習慣の指導とお薬による治療を行うことが多いです。 内科を探す 原因③ 更年期障害 更年期に伴って自律神経のバランスを崩すと、体温調節に不具合が起こりやすいです。 これにより、夜に足の裏が熱くなる場合があります。 こんな症状に心当たりはありませんか? イライラする、もしくは憂うつな気分になる 下痢、便秘 微熱 異常発汗、暑がる(ホットフラッシュ) 冷え 頭痛、めまい 不眠 動悸、息切れ むくみ 目や口の中が乾きやすい どんな人に多い? 閉経を迎える50歳前後の女性に多いです。 自分でできる対処法は? 規則正しい生活を送りましょう。 症状を悪化させないよう、深酒、喫煙、ストレスがたまる環境は避けてください。 なお、更年期障害はセルフケアだけで改善しないことも多いです。 症状が続く場合には、医療機関で相談しましょう。 病院は何科? 更年期障害を疑う場合は、婦人科を受診しましょう。 医療機関では、生活指導や運動指導、ホルモン充填療法などを行い、症状の改善を図ります。 婦人科を探す ※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。 ▼参考 e-ヘルスネット レストレスレッグ症候群/むずむず脚症候群

原因② むずむず脚症候群(レストレスレッグ症候群)

医師男性
鉄分不足・糖尿病・一時的な神経伝達がうまくいかないなどが原因で、足のほてりやむずむずと落ち着かない症状が現れます。

はっきりとした原因はまだわかっていません。鉄分不足・糖尿病・遺伝などが関係していると考えられます。

なりやすい人

  • 鉄分不足の人
  • 妊婦
  • 糖尿病の人
  • 家族がむずむず脚症候群を発症した人
  • 女性

むずむず脚症候群の症状

  • 脚がむずむずして眠れない
  • 脚が痙攣する
  • チクチクする
  • 痛みを感じる
  • だるさを感じる
  • イライラする
  • 虫が這っている様に感じる

自分でできる対処法は?

医師男性
「規則正しい生活を送る」「鉄分を補給する」「眠る前に軽いストレッチ」を行いましょう。また脚同士をこすり合わせたり、さすったりすると楽になる場合もあります。

鉄分が多い食べ物

  • レバー
  • 牡蠣
  • あさり
  • 大豆
  • 木綿豆腐
  • 豆乳
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • 切り干し大根

自分できる対処法を1ヶ月程度行っても症状が良くならない場合は脳神経内科へ行きましょう。
鉄分を補う薬・むずむずを和らげる薬などが処方されます。
糖尿病など基礎疾患がある場合は病気の治療を行います。

カフェインやアルコールはNG

カフェイン・喫煙・アルコールなどの刺激物質の摂取は、むずむず脚症候群の症状を強くするので控えましょう。
就寝前の激しい運動も症状を悪化させる可能性があるので、控えてください。

合わせて読みたい
「足首、足の一部が急に熱くなる感覚」は病気サイン?病院は何科?【下肢静脈瘤・むずむず足症候群】
2021-08-04
「足首や足の一部が急に熱くなる…。これはなぜ?」 それは“下肢静脈瘤”や“むずむず足症候群”が原因かもしれません。 対処法や病院へ行くべき症状をお医者さんに聞きました。 病院で行われる治療法も解説します。 なぜ?足の一部が急に熱くなる… 足に血液が溜まったり、ふくらはぎの筋肉の緊張によって血行不良になったりすることで、足の一部が急に熱くなることがあります。 症状が一時的なもので何度も繰り返さない場合は、一旦様子を見てもいいでしょう。 特に、こんな症状はすぐ病院へ! 激しい痛みがある 腫れている 発疹がでる 赤みがある しびれる 眠れないほどの熱くなる という場合は、皮膚表面の異常や、細菌感染などを起こし、接触性皮膚炎、蜂窩織炎などを起こしてしまっている可能性が高いです。放置せずに早急に医療機関を受診してください。 受診するのは何科? 足の一部が急に熱くなるときは、まず内科・循環器内科を受診してください。 早めに治療をすることで、症状の重症化を予防しやすくなります。 重い病気の早期発見にもつながるよう、足に違和感を覚えたら医療機関の受診をおすすめします。 内科を探す 考えられる2つの病気 足の一部が急に熱くなるのは、 下肢静脈瘤 むずむず足症候群 といった病気が原因だと考えられます。 病気① 下肢静脈瘤 足の静脈にある血管が静脈弁の機能不全などで逆流して太くなり、コブのように浮き上がってくる状態です。 これにより、ふくらはぎが熱くなることがあります。 下肢静脈瘤の症状 足がだるい 足が火照ったように熱く感じる 足の腫れ、むくみ 足が重い こむら返りを起こしやすくなる 足の静脈瘤が腫れ上がる(血栓性静脈炎) 足の皮膚が黒っぽい色に変色する 足にかゆみを伴う湿疹ができる(うっ滞性皮膚炎) どんな人に多い? 女性に多くみられる病気で、加齢に伴い患者が増加する傾向があります。 下肢静脈瘤は、 筋力の低下 妊娠・出産 肥満 長時間の立ち仕事 などによって、足の血管の弁に負荷がかかることで発症すると言われています。 自分でできる対処法は? 長時間の立ち仕事を控える 長時間、同じ姿勢で座らない 着圧タイプの弾性ストッキング、ソックスを使用する ふくらはぎのストレッチを行う といった対処で、症状が和らぐ場合があります。 ふくらはぎの簡単ストレッチ <立っている場合> 1日トータル5分〜30程度、つま先立ちになってみましょう。 ※無理のない範囲で始めましょう。 <座っている場合> つま先とかかとを交互に上げ下げしてみましょう。(各10回ほど) 病院を受診する目安 セルフケアを1週間ほど行っても症状が良くならない 足のむくみがひどい 痛み、かゆみがある 皮膚炎を起こしている 潰瘍が生じている 血管が浮き出て、見た目が気になる という場合は出ている場合は医療機関を受診してください。 病院は何科? 下肢静脈瘤の症状があらわれているときは、循環器内科・心臓血管外科を受診してください。 病院での治療法 レーザー治療(血管内焼却)・硬化療法・カテーテル治療などが行われるケースが多いです。 一度改善しても再発する場合があります。定期的に医療機関を受診しましょう。 レーザー治療(血管内焼却) レーザーをあてて静脈を焼き、ふさぐ方法です。 症状により個人差がありますが、日帰り手術も可能です。 硬化療法 静脈瘤に「ポリドカノール」というアルコールの一種の硬化剤を直接注射する治療方法です。血管を硬くして、こぶをなくします。 症状により個人差がありますが、日帰り手術も可能です。 カテーテル治療 カテーテル治療とは細い管を静脈の中に入れ、血管内を焼き、ふさぐ方法です。 3日ほど入院が必要になることがあります。 循環器内科を探す 病気② むずむず足症候群 安静な状態の時(横になっているとき・じっとしているとき等)に、足に強い不快感が起こる状態です。 発症原因ははっきりわかっていませんが、脳内神経伝達物質であるドーパミンの機能異常や鉄分不足等が関与している場合があると考えられています。 むずむず足症候群の症状 足が火照るように熱くなる 足の中に何かが入っているようにむずむずする 足がかゆいような、痛いような感覚になる 眠れない どんな人に多い? 女性に多くみられ、加齢により発症リスクが高まります。 また、 妊娠 睡眠障害 糖尿病 腎不全(透析) 関節リウマチ などが原因となって発症するケースもあります。 自分でできる対処法は? ウォーキングなどを行い、毎日体を動かす 寝る前に足をマッサージして筋肉をほぐす アルコールやカフェインを過剰摂取しない 禁煙する などの対処で、足の不快感が和らぐことがあります。 病院を受診する目安 セルフケアを行っても日常生活に支障がでている 足の不快な症状が昼間にも出現する 不眠が続く 足以外にも腕や背中に同様の出現をしたり、だるいというような症状が出現している という場合は、医療機関の受診をおすすめします。 病院は何科? むずむず足症候群の症状があらわれている時は、内科・脳神経内科を受診してください。 病院での治療法 医療機関では、ドーパミン系薬剤(飲み薬・貼り薬)、非ドーパミン系薬剤(飲み薬)、鉄剤(飲み薬)等の薬を用いた、「薬物療法」が行われるケースがあります。 内科を探す ※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。 ▼参考 公益社団法人 鳥取県医師会 足首が熱い 新潟市医師会 不眠症状の原因としての「脚むずむず症候群」

早期受診のメリット

足がじわーと熱くなる

早めに病院で検査を受けて原因を突き止めることで、短期間で治療していくことが可能になります。元々ある基礎疾患が原因だった場合も、早期発見に繋がります。

病院は何科?

医師男性
足がじわーっと熱くなるときは、脳神経内科を受診しましょう。
※更年期の症状が強く現れているときは、婦人科の受診をおすすめします。

脳神経内科を探す

婦人科を探す

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 106
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事