ストレスで声が出ない?「心因性失声症」かも。治し方は?病院に行くべき?

更新日:2022-08-12 | 公開日:2020-07-08
96
ストレスで声が出ない?「心因性失声症」かも。治し方は?病院に行くべき?

風邪でもないのに声が出ない…なぜ?

もしかして、ストレスが原因の「心因性失声症」かも。
自分で治せる?病院に行くべき?
正しい対応をお医者さんに聞きました。

監修者
経歴

福島県立医科大学卒業

「働く人を支える」薬に依存しない医療を展開する「BESLI CLINIC」を2014年に協同創設、2030年を基準に医療現場から社会を支える医療経営を実践しています。

産業医視点からビジネスマン・ビジネスウーマンを支えております。生薬ベースの漢方内科での経験を活かし、腹診を含めた四診から和漢・井穴刺絡などの東洋医学を扱い、ホルモン、生活習慣をベースに身体から心にアプローチする診療を担当。米国マウントサイナイ大学病院へ留学、ハーバード大学TMSコースを修了。TMSをクリニックへ導入、日本人に合わせたTMSの技術指導、統括を行っています。

ストレスで声が出なくなることはあるの?

医師女性
ストレスが原因で声が出なくなることはあります。

体に異常がないにもかかわらず、声が出なくなっている場合、「心因性失声症」を発症している可能性があります。

心因性失声症はストレスによって発症すると言われていますが、その仕組みは、はっきりと分かっていません。

心因性失声症になりやすい人

医師女性
心因性失声症は、20~40歳の女性に多い病気です。特に、ストレスを抱え込みやすい人がなりやすいと考えられています。

ストレスの自覚がある人もいれば、ストレスの自覚がないまま心身にストレスが積み重なり身体のストレス反応として発症することもあります。
また、精神的にショックな出来事があった時にも起こりやすいです。

合わせて読みたい
ストレスが限界に達した時に出る症状|心の限界サインをチェック。病院行くべき?
2020-12-28
なんだか体調が悪い…。ストレスのせいかも…。 ストレスが限界に達すると、どのような症状があらわれるのでしょうか。 お医者さんの目線から、「心の症状」と「体の症状」、それぞれ解説してもらいました。 ストレスが限界に達すると… ストレスが限界に達すると、「心の症状」と「体の症状」があらわれます。 ストレスの限界サイン「心の症状」 気分が落ち込む イライラして、怒りっぽくなる やる気が出ず、集中できない 何に対しても興味が持てない ストレスの限界サイン「体の症状」 肩こり 頭痛 腹痛、胃痛 胸が苦しい 息苦しい だるくて体が動かない 食欲不振、または食欲過剰 下痢、便秘 寒気や冷え 涙が止まらなくなる 不眠、または過眠 ストレスの正しい対処法 ストレス対策には 質の良い睡眠をとる 好きな物を食べる 気が合う人と会う のがおすすめです。 ストレスの対処法① 質の良い睡眠をとる ストレスの解消には、十分な睡眠が大切です。 質の良い睡眠を摂れるよう、就寝前には「ゆっくり入浴する」「リラックスを設ける」「スマホよりも本を読む」の3つの点を心がけましょう。 湯船にゆっくり入浴する 湯船につかって、ゆっくりと温まりましょう。 時間や体力がないときは、熱めのシャワーを首元に数分当ててください。 入浴が終わったら、冷えないように着替え、水分補給をしましょう。 リラックスタイムを設ける ゆっくりできる場所に腰を掛けて、気持ちを休めましょう。 好きな音楽やテレビを楽しむのもおすすめです。 なお、過度のアルコール摂取は控えてください。睡眠の質を低下させる原因となります。 スマホよりも雑誌や本を読む 就寝直前はスマホではなく、読書が適しています。 インターネットは情報がどんどん入ってくるため、過度な刺激になってしまいます。 眠気を感じたら、電気を消して早めに入眠しましょう。 ストレスの対処法② 好きなものを食べる 好きなものを食べると、ストレスが和らぎます。 ※ただし、暴飲暴食は控えてください。 食欲がないときは無理せず、食べられるものを食べましょう。 軽く運動すると、食欲が湧きやすくなります。 反対に、カフェインの強いものはしばらく控えてください。 ストレス対処法③ 気が合う友人と過ごす 悩みを誰かに相談することも、ストレス解消につながります。 こんなときは病院へ! なかなか寝つけない 就寝中に何度も目が覚める いつもより寝すぎてしまう 朝だるくて起きられない といった場合は、早めに病院で相談しましょう。 何科を受診すればいいの? 心療内科・精神科を受診してみましょう。 心療内科を探す 「このくらいなら大丈夫…」はキケン 過度のストレスは、うつ病や自律神経失調症を引き起こす恐れがあります。 頑張りすぎは禁物です。 一人で抱え込まずに、病院で相談してみましょう。 ▼参考 厚生労働省 みんなのメンタルヘルス うつ病

心因性失声症の「症状」

医師女性
スースーと声がもれる、声帯を震わせて発生する音(有声音)が出せない等の症状があらわれます。

声帯には特に異常がみられません。咳払いした時に有声音が確認できる場合もあります。

声が出ない症状以外には、吐き気や倦怠感、視覚、聴覚などの感覚障害を併発することがあります。

心因性失声症は「自分で治せる?」

医師女性
ストレスを溜めこまない、ストレスを上手に発散するなどの工夫をすることで、病院での治療を行わなくても治ることがあります。

しかし、声が出ない症状がさらなるストレスを引き起こしたり、日常生活や仕事に支障をきたしたりする場合もあるため、症状が数日続く場合は早めに病院を受診しましょう。

その他にも、

  • 一度症状が治っても繰り返す
  • 他の身体症状もある
  • 自殺を考えてしまう

といった場合は病院への受診が必要です。

心因性失声症の「治し方」

医師女性
ストレスを抱え込まず、上手に発散するよう心がけて、リラックスして過ごすようにしましょう。

そのためには、生活リズムを整えることも重要です。
バランスのよい食事と、ウォーキングやランニングなど適度な運動を行い、しっかり睡眠をとるようにしてください。

こんなときは病院へ

以下のような場合には、早めに病院を受診しましょう。

  • 声が出ない状態が長く続いている。
  • 声が出ない症状が繰り返し起こる。
  • 不安感が強い。
  • 日常生活に支障が出ている。

何科を受診する?

突然声が出なくなった場合、まずは耳鼻いんこう科を受診しましょう。



耳鼻いんこう科を探す


検査しても声帯に異常がみられない場合、主治医に相談して紹介状を書いてもらい、精神科の受診を考慮しましょう。

精神科を探す

病院での治療法

病院では、患者さんの症状に合わせて、次の3つの治療を行います。

<音声治療>
声をうまく出せるようにする治療を行います。咳払いによる有声音を確認し、次にハミングの練習、その後単語の発声や自由会話をしていきます。

<薬物治療>
気持ちが不安傾向にある場合には、抗不安薬、うつ傾向の強い場合には、抗うつ薬が処方されることもあります。

<心理療法>
認知療法を行い、心因性失声症の発症原因である心的葛藤を解決していきます。これが解決されない限り、また症状があらわれる可能性があるからです。発症の要因に対しての対処法を知り、対処能力を高めることで治療を行います。

仕事はどうする?

声がうまく出ないと、仕事に支障が出るという方も多いですよね。
心因性失声症になったら、仕事はお休みするべきなのでしょうか?

仕事をお休みする基準

医師女性
心因性失声症は必ずしも、仕事を休まなくてはいけないということはありません。自分の心身の状態を考えて、職場や医師と相談して判断しましょう。

職場がストレスの原因となっていたり、声が出ないと仕事ができなかったりする場合には、仕事を休み療養に集中したほうがいいケースもあります。

診断書はもらえる?

医師女性
医師が診療を行い、診断書の発行が必要と判断した場合には、診断書が発行されます。

ただし、判断のためにある程度の期間の診療が必要になる場合もあります。
また、突然会社に診断書を提出すると、人事・総務等の対応が遅れることもあるため、事前に職場の方と相談を行った後、医師に話をするとよりスムーズかもしれません。

早期受診がオススメ

声が出ない ストレス

医師女性
早い段階で治療を始めることで、症状の改善が早まり、日常生活や仕事への影響を最小限に抑えられます。

心因性失声症が疑われる場合は、早めに病院を受診するようにしましょう。声が出ない原因が見つかり、不安やストレスが軽減されます。

治療せずに放置していると、思うように声が出ないことが、さらなるストレスに繋がり、うつ病を発症する可能性もあります。

悪化する前に病院に行くようにしましょう。

合わせて読みたい
心療内科に行く目安|私は行くべき?何をどこまで話す?「行ってはいけない」はなぜ?
2020-06-11
この症状は、心療内科に行くべき…? お医者さんに心療内科に行ったほうがいい目安を聞きました。 初診で話す内容や、料金についても解説しますので、ぜひ最後まで読んでください。 心療内科を受診すべき症状目安 「これくらいで受診してもいいの?」と思ったら、その時点で受診をすることをおすすめします。 受診すべきかどうかは、「日常生活に支障をきたしている可能性があるか」を判断のポイントにしましょう。 例えば、「憂鬱で誰にも会いたくない気分で、学校や仕事に行けなくなった…」という場合は受診をしたほうがよいでしょう。 そのまま病院に行かずに病状が進むと、身体も心も動けなくなる状態になることもあり、病院への受診も考えられなくなることもあります。 受診すべき症状例 眠れない日が続いている 寝ても疲れがとれず、倦怠感がある 悩み事のせいで食欲がない、食べても美味しいと感じない ストレスがきっかけで、2週間以上落ち込んでいる 頭にモヤがかかったように集中力が低下している 心療内科は、ストレスが原因で身体にも症状が出ている状態を治療するところです。 内科を受診しても原因が分からず症状が続いているという場合も、一度心療内科を受診してみるとよいでしょう。 心療内科を探す 「私は行ったほうがいい?」症状チェック 最近2週間で、以下の症状があるかどうかをチェックしてみましょう。 1日中、憂鬱な気分が続いている 何をしても楽しく感じない 疲れやすい、やる気が出ない 集中力や注意力が低下している 自分の価値が分からない 周りに迷惑をかけている、と感じる 将来に希望が持てない 自分の体を傷つけたり、自殺を考えたことがある 夜寝付けない、寝ても途中で起きる、寝すぎてしまう 食欲がない、または過食状態である これらの症状が1~2個以上当てはまる場合、受診をおすすめします。 心療内科を探す 心療内科を受診するメリット 心療内科を受診すると、体や心の不調を早く楽にすることが期待できます。 早期受診することで、学校や会社を休まず、生活をしながら治療ができます。 ネットの「心療内科に行ってはいけない」という声 ネット上で、「心療内科に行ってはダメ!行ったら最後だ!」という言葉を見つけて心配です…。 ネットでは、心療内科や精神科を受診することへのネガティブなイメージも多く見受けられるため、心配になる方も多いでしょう。 しかし、症状を放置すると、さらに悪化して、日常生活も送れなくなる可能性があります。 また、薬を服用すると自己判断で薬をやめることができないため、そんなイメージを持つ方もいるかもしれません。(薬の服用を治療途中でやめてはいけないのは、他の病気でも同じです。) 心療内科の医師は、心と体の専門家です。 病院で話したことが、あなたの許可なく外に漏れることもありません。 まずは、自分がどのような状態であるのかを理解するために、受診してみましょう。 知っておきたい!初診の流れ 初めての心療内科で緊張します…。 心療内科も内科も、受診までの流れは同じです。まずは、電話やネットで初診の予約をしましょう。 予約の時点で、大まかな症状を聞かることもあります。いつ頃から、どのような症状があるのかを伝えましょう。 初診時は、以下のようなことを問診票に記入します。 いつ頃から、どんな時に症状が起こるか 今までにその症状に対して、治療を受けたことがあるか 現在、飲んでいる薬があるか 今まで大きな病気にかかったことがあるか 問診票の問いに対して、書きたくないことは無理に書く必要はありません。 医師とのコミュニケーションを通して、伝えたいことがあれば伝えるのが良いでしょう。 初診ではどんなことを話す? 一般的に、医師からは次のような質問を受けることが多いでしょう。 どんな症状が、いつから出ているのか 家族のこと  仕事のこと 生活のこと 食事をとれているか 睡眠をとれているか 希望する治療法 希望しない治療法 こちらも問診票と同様、答えたくないことは無理に答えなくても大丈夫です。 初診料はどれくらい? 保険診療の初診料は3割負担の患者の場合は約2000~4000円です。 検査の内容などで、費用は変わる場合があります。 時間はどのくらいかかるの? 初診にかかる時間は、30分から1時間程度です。 心療内科を探す 治療方法は? 心療内科での治療は、薬物療法や、精神療法を行うことが多いです。 <薬物療法> 抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などの心のお薬と、お通じや腹痛などの症状に対する身体のお薬や身体全体を調整してくれる漢方薬などを使用します。 <精神療法> 精神療法では、認知行動療法を行います。認知療法とは、患者さんの物事の考え方や受け取り方に働きかけて行動をコントロールすることで、気持ちを楽にする治療方法です。 また最近では、上記の治療法以外にも、脳に対するTMS治療(経頭蓋磁気刺激法)※も、薬で効果がない人や薬の副作用が強い人に注目されています。 ※外部からの磁気刺激で脳を局所的に活性化させることで、脳の血流を増加させ、低下した機能を改善する治療法 「薬がやめられなくなったら…」と不安な方に 「薬漬けになりたくない」という思いから、心療内科での治療を不安に思う人もいると思います。 薬を使って治療したとしても、症状が良くなれば、徐々に薬の量を減らすこともできます。医師の指導に従って薬の量を減らしていけば、副作用も大きくありません。 また、先述したように、治療法は薬物療法だけではありません。精神療法やTMS治療など様々な治療法がありますので、医師とよく相談して、不安のない治療法を選択するようにしましょう。 参考 厚生労働省 こころの耳:1 うつ病とは https://kokoro.mhlw.go.jp/about-depression/ad001/ MSDマニュアル家庭版:精神障害の治療 https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/10-心の健康問題/米国における精神医療の概要/精神障害の治療 沖縄県医師会:心療内科精神科の薬(2012年12月24日掲載) http://www.okinawa.med.or.jp/old201402/healthtalk/gusui/2012/data/20121224n.html 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター:認知行動療法とは https://www.ncnp.go.jp/cbt/guidance/about BESLI CLINIC:問題解決療法・認知行動療法
参考
時事メディカル 機能性発声障害〔きのうせいはっせいしょうがい〕
https://medical.jiji.com/medical/011-0394-01
廣瀬 肇 機能性発声障害 
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibirin1925/80/9/80_9_1334/_pdf
東京大学医学部付属病院分院耳鼻咽喉科 矢野 純,牛嶋 達次郎 心因性失声症の治療について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka1947/90/6/90_6_852/_pdf
電子政府の総合窓口(e-Gov)「医師法」
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000201
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 96
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事