【不正出血に腰痛】大丈夫?病院に行くべき?下腹部痛・眠気も

公開日:2020-09-17
3
【不正出血に腰痛】大丈夫?病院に行くべき?下腹部痛・眠気も

まだ生理ではないのに血が出た…。
腰も痛いけど…これは大丈夫?

不正出血と腰痛の原因を、お医者さんに聞きました。
腰痛を緩和する方法や、病気の可能性も解説します。


監修者

石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

不正出血と腰痛。この症状は大丈夫?

医師男性
排卵日前後に起こる出血や、生理前の少量の出血の場合は、さほど心配のいらないケースもあります。

しかし、出血とともに強い下腹部痛や腰痛が起こる場合は、早急に婦人科を受診してください。
また、出血を度々繰り返す場合は、病気が隠れていることもあるため、注意が必要です。

婦人科を探す

生理と生理の間の「中間期出血」とは

医師男性
排卵時に、急激にホルモンバランスが変化することで生じる出血を「中間期出血」といいます。

卵子が排出されるとき、卵胞が破れて血液が流出し、子宮頚管からの分泌物と混ざって体外に出てきます。

卵胞が破れることで腹膜に刺激を与えると、軽い腹痛や腰痛などの痛みが生じると考えられています。

他にも…こんな症状が出ることも

  • 吹き出物
  • 肌荒れ
  • シミ
  • メンタルの不調

排卵日に出血・腰痛が出やすい人

医師男性
過剰なストレスを抱えていたり、不規則な生活によってホルモンバランスが乱れている方に多いです。

この不調…どう対処する?

医師男性
  • 腹部を温める
  • 体を締め付けるような下着の着用を控える
  • 生活のリズムを整える
  • 腹式呼吸をする

などによって、改善できるケースがあります。

また、痛みが強い場合には、鎮痛剤を使用することで改善が期待できます。

しかし、薬は一時的に痛みを抑えるだけで、根本的な解決にはなりません。できる限り婦人科を受診して、状態に合った治療、薬の処方を受けることをおすすめします。

注意!病気の可能性も

医師男性

不正出血と腰痛が続いたり、他にも気になる症状がある場合は

  1. 子宮内膜症・子宮腺筋症
  2. 子宮筋腫
  3. 子宮がん・子宮頸がん
  4. 子宮頸管炎

などの病気の可能性があります。

これらの病気は病院で治療を受ける必要があるので、症状に当てはまる場合は婦人科に行きましょう。

病気① 子宮内膜症・子宮腺筋症

<子宮内膜症>

医師男性
通常、子宮の内側のみに存在するはずの子宮内膜やそれに似た組織が、卵管、腹膣内、直腸表面等の臓器に発生してしまう状態です。
生理の度に症状が進行しますが、閉経すると治まるケースが多いです。

症状が悪化して、子宮内膜と臓器に癒着が生じると、腰痛を起こす場合があります。
また、子宮内膜症によって卵巣に古い血液が溜まると、腰痛を起こす場合があります。(チョコレート嚢胞)

<子宮腺筋症>

医師男性
子宮内膜に似た組織が子宮筋層内に生じる状態です。
子宮腺筋症の組織は、子宮筋層内で増殖と剥離を繰り返します。

症状が進行して子宮筋層が厚みを増すと、子宮が増大して、不正出血等の症状が生じる場合があります。

発症しやすい人

<子宮内膜症>

  • 20~40歳代
  • 家族に子宮内膜症を患っている人がいる(遺伝)
  • 子宮に構造異常がある

<子宮腺筋症>

  • 30~50歳代
  • 出産経験がある人

主な症状

  • 月経痛(強い痛みを伴うケースが多い)
  • 不正出血
  • 下腹部痛
  • 腰痛
  • 性交痛
  • 排便痛
  • 肛門奥の痛み
  • 吐き気・嘔吐
  • 不妊症
  • 過多月経
  • 貧血
  • 骨盤痛

自分でできる対処法は?

鎮痛剤等を使用することで、痛みの軽減が期待できます。
しかし、できるだけ婦人科等の医療機関を受診して、症状に合った治療を受けるようにしてください。

婦人科を探す

病気② 子宮筋腫

医師男性
子宮に発生する良性の腫瘍です。

子宮筋腫自体は命に関わるようなものではないですが、治療を行わずに放置すると、驚くほど大きくなってしまう場合があります。

子宮筋腫は女性ホルモンの影響で大きくなり、閉経後は小さくなるケースが多いです。
初期段階では自覚症状がほぼないため、病気に気付かないケースがあります。

子宮筋腫が増大することで、生理痛が強くなり、不正出血が起こります。また、周りの臓器にも悪影響を及ぼすため、腰痛を引き起こす場合があります。

悪化すると、流産のリスクを高めたり、不妊症の原因になる恐れもあります。

発症しやすい人

  • 30~40歳代
  • 出産経験がない、または少ない人

主な症状

  • 貧血
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 経血量の増加
  • 不正出血
  • 月経期間の長期化
  • 下腹部痛
  • 腰痛
  • 頻尿
  • 下腹部が前に出てくる
  • 排便痛

自分でできる対処法は?

この病気の症状に対して自分で対処するのは難しいため、婦人科等の医療機関の受診をおすすめします。

婦人科を探す

病気③ 子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)

<子宮頸がん>

医師男性
子宮入り口に発生するがんです。ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発症します。

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性行為により感染するケースが多く、性行為を経験した女性なら誰もが持つ可能性があります。

初期段階ではほぼ自覚症状がなく、徐々にがんが進行していきます。

<子宮体がん>

医師男性
子宮内膜細胞が悪性腫瘍に変わりがん化した状態です。初期段階から約90%の人に不正出血が起こります。

子宮で生じる炎症や腫瘍が原因で不正出血が起こる場合があります。
また、がんが骨盤内の組織にまで進行すると、腰痛等の痛みが生じる場合があります。

発症しやすい人

<子宮頸がん>

  • 20~30歳代
  • 喫煙者

<子宮体がん>

  • 50歳代以上
  • 出産経験がない、または少ない人
  • エストロゲンを補充する薬物を単独使用している人
  • 肥満傾向
  • 糖尿病、高血圧症の人

主な症状

<子宮頸がん>

  • おりものの増加
  • おりものの変化(茶色っぽい色になる、においが強くなる、膿のような形状になる)
  • 月経期間の長期化
  • 腰痛
  • 腹痛
  • 不正出血
  • 性交時の出血
  • 排尿障害


<子宮体がん>

  • 不正出血
  • おりものの変化(茶褐色になる)
  • 腰痛
  • 過多月経
  • おりものの量が増加する

自分でできる対処法は?

子宮がんを疑う場合は、早急に婦人科を受診しましょう。

また、予防のためにも、定期的に婦人科検診を受けることをおすすめします。
特に子宮頸がんは、初期段階での自覚症状がない場合が多いため、気が付かないうちに症状が進行してしまう恐れがあります。

婦人科を探す

病気④ 子宮頸管炎

医師男性
大腸菌、クラミジア、ブドウ球菌等の感染により、子宮頸管に炎症が起こる状態です。

婦人科での処置による刺激や、避妊具が膣内に長期間入っていること、避妊クリームや膣洗浄に含まれる化学物質、ラテックス製のコンドームによるアレルギーなどが原因となるケースもあります。

炎症が悪化・拡大した場合、腰痛、不正出血、微熱、下腹部痛等を伴う場合があります。

治療せず放置すると、炎症が骨盤や子宮にも拡がって、骨盤腹膜炎や子宮内膜炎を起こすこともあります。

発症しやすい人

  • 不特定多数と性行為をする人
  • 長時間タンポンを入れたままにしている人

主な症状

  • おりものの変化(臭いが強い、黄色、黄緑色のおりもの、膿のような形状)
  • 不正出血
  • 発熱(高熱)
  • 吐き気・嘔吐

自分でできる対処法は?

感染症のため、早急に婦人科等の医療機関を受診して、症状に合った薬を処方してもらいましょう。

婦人科を探す

すぐに婦人科に行くべき症状

医師男性
  • 耐え難いほどの腰痛
  • 大量の出血
  • 不正出血が1週間以上続く
  • 高熱

などの症状がある場合は、早急に婦人科に行きましょう。

婦人科を探す

婦人科受診で気をつけること

婦人科を受診する際、どのような服装がよいでしょうか?
女性
医師男性
内診が行われるケースが多いため、脱ぎ着しやすい服装で受診するのがおすすめです。スカートの場合、着替えることなくそのまま検査可能な場合もあります。
タイツやガードルを着用していくのは控えましょう。
出血しているときに受診した方がいいですか?それとも出血が落ち着いてから受診すべきですか?
女性
医師男性
出血していると受けられない検査をすることもあるため、事前に受診予定の医療機関に連絡して確認することをおすすめします。
参考
一般社団法人 日本家族計画協会 腰痛~あなたの知らない原因がこんなに~
http://www.jfpa.info/wh/body_information/detail/index.php?aid=71
一般社団法人 日本女性心身医学会 排卵時期の腰痛・性器出血
http://www.jspog.com/general/details_11.html
公益社団法人 日本産科婦人科学会 子宮頸がん
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=10
国立がん研究センター がん情報サービス 子宮頸がん
https://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/index.html
日本医師会 子宮頸がんとは?
https://www.med.or.jp/forest/gankenshin/type/cervix/what/

監修者

石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 3
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード