血便は病院行くべき?何科?心配いらない血便はない!「一回だけ」も要注意

更新日:2020-09-09 | 公開日:2020-05-18
653
血便は病院行くべき?何科?心配いらない血便はない!「一回だけ」も要注意

血便がでたら病院へ行くべき…?
この程度なら、大丈夫?

病院へ行くべき危険な血便をお医者さんが解説します。
「血便を放置するとどうなる?」「病院は何科に行けばいい?」といった疑問についてもお答えします。

消化器内科を探す

監修者
岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

この血便、大丈夫?

「こんな血便だったら大丈夫」というケースはありますか?
男性
医師男性
心配のいらない血便というのは、基本的にないと考えてよいでしょう。

仕事等の都合でどうしてもすぐに受診できない場合、一旦自宅で様子をみても問題ないと考えられる血便の特徴をご紹介します。

  • 軽症の食あたり
  • 軽症の痔でトイレットペーパーに少量の鮮血が付く
  • 摂取した食べ物が原因で、便自体が赤みを帯びている
  • 慢性的な便秘で便が硬くなり、排便時に肛門が切れてしまった
  • 治療で抗生物質を服用した後に下痢を起こした際、便が赤くなった

血便がでたら、すぐ病院へ行くべき!

病院

医師男性
血便が出る場合、身体に何らかの異変が起きている可能性があります。できるだけ早急に病院を受診することをおすすめします。

特に注意すべき症状は次の通りです。

  • 赤黒い血便
  • 粘血便(イチゴジャムのような便)
  • 便が細くなってきた
  • 突然の激しい腹痛を伴う
  • 血がコップ1杯以上排泄された
  • 排便時に血圧が低下し、意識が朦朧とする、冷や汗出る
  • 発熱・倦怠感・嘔吐・腹痛・便秘・下痢・残便感等の症状がある

診察時の「症状の伝え方」

医師男性
血便が出ても慌てて流さずに、スマートフォン等で写真を撮っておき、受診する際に持参してください。

また、次の2ポイントも伝えるのがよいでしょう。

  1. 血便の色・形状・量・臭い
  2. 血便以外の症状

病院は何科?

医師男性
血便がみられる場合には、消化器内科、胃腸内科、肛門外科の受診をおすすめします。

消化器内科を探す

こんな深刻な病気の可能性も

自分では痔だと思っていたら、実はガンだったというケースもあります。血便がでていたら、次のような病気の可能性があります。

潰瘍性大腸炎

大腸粘膜に潰瘍やただれが生じる炎症性疾患です。
主な症状は下痢に伴う粘血便(イチゴジャム状の便)ですが、悪化すると発熱や腹痛が起こります。緊急手術が必要になる場合もあるため要注意です。

大腸ポリープ

大腸粘膜が膨らみイボ状の塊が生じる疾患です。
ポリープが小さい場合は自覚症状がないケースが多いですが、大きくなると、腹痛と出血が起こる場合があります。良性の場合が多いですが、大腸ポリープはほぼ癌化します。

大腸がん

排便時に出血がみられるケースが多いため、痔と勘違いしがちですが、大腸がんを発症している可能性があります。
初期は自覚症状がほぼないため発見が遅れやすく、症状が進行すると、血便、腹部のしこり、便が細くなる、腹痛、便秘と下痢を繰り返す等の症状が出現する場合があります。

急性胃腸炎(感染性腸炎)

食中毒の種類によっては、血便、発熱、頭痛等を伴う場合があります。
特に腸管出血性大腸菌、カンピロバクター等は、重症化する恐れがあるため要注意です。

アメーバ赤痢

赤痢アメーバが大腸内に寄生して潰瘍が生じる状態です。
粘血便(イチゴジャム状の便)、下痢、腹痛、発熱、吐き気、嘔吐等の症状が出現します。

大腸憩室症

大腸内壁の一部分が外側に突出し袋状になった状態です。
袋状のものの血管が破裂すると突然大量に出血し、血便が出る場合があります。

虚血性大腸炎

大腸への血液循環が滞ると起こる状態です。
下行結腸、S状結腸等にきている動脈が詰まってしまい、虚血状態になり潰瘍が生じます。腹痛(激痛)後に血便を伴う下痢が生じるケースが多いです。

クローン病

口から肛門までの消化管に炎症が生じて、潰瘍等が発生する炎症性疾患です。
主な症状は、腹痛、下痢ですが、粘血便(イチゴジャム状の便)が出る場合や、発熱、体重減少、肛門の痛み等が起こる場合もあります。

医師男性
病院へ行かずに血便を放置すると、早期発見により完治が期待できる疾患も、改善が遅れることがあります。

病院ではどんな治療をするの?

医師男性
痔の場合は、座薬、軟膏等を用いた治療や、注射により内痔核を硬化させて止血する治療等が行われる場合が多いです。

潰瘍性大腸炎等で重症の場合には、手術や入院治療が行われる場合もあります。

①問診

血便の色、形状、量、痛みの有無、発生時の様子、血便以外に出現している症状、どのくらい前から発生しているか等詳細な身体状況についての問診が行われます。

②身体診察

腹部の触診、肛門鏡による診察等が行われる場合があります。痔の疑いがある場合には、直腸診が行われる場合があります。

③各種検査(身体状況に合わせて)

  • 胃内視鏡検査
    胃や十二指腸潰瘍等による出血が疑われる際に行われる検査です。
  • 大腸内視鏡検査
    直腸奥部分や大腸自体の疾患が疑われる際に行われる検査です。
  • 腹部超音波検査
    外側から腸管の浮腫みの程度等を確認する場合や、炎症や虚血の状態の確認時に有効な検査です。
  • 血液検査
    血便による貧血の有無、炎症の程度(腸炎等の疑いがある場合)等を確認するために行われる場合があります。
参考

武田コンシューマーヘルスケア株式会社 血便
https://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=ketsuben
社会医療法人社団高野会 大腸肛門病センター高野病院 医療相談
https://www.takano-hospital.jp/cms/topics/faq/56d92950e4b06af7e0bb1ad1
兵庫県保険医協会 急に起こる血便
http://www.hhk.jp/kenko-telservice/2009/0802-171455.php
SGホールディングスグループ健康保険組合 大腸がん症状
https://www.kenpo.gr.jp/sgh/contents/03hoken/cancer/daicyogan/02.html
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 出血 ~血便~ 気になるからだの危険信号
https://www.japa.org/tips/kkj_0202/
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 653
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事