おしりから血が出るのはストレス?病気?病院は何科?

公開日:2020-08-21 | 更新日:2021-04-16
22
おしりから血が出るのはストレス?病気?病院は何科?

なぜ?おしりから血が出る…。
ストレスが原因なの?

おしりの出血とストレスの関係を、お医者さんに聞きました。病院に行くべき症状や、何科を受診すべきかについても解説します。


監修者

白畑 敦 先生

しらはた胃腸肛門クリニック横浜
院長

白畑 敦先生

経歴

平成14年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
平成16年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
平成18年6月  幕内会 山王台病院 外科
平成19年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
平成20年6月  関東労災病院 外科
平成21年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
平成24年10月  横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師
平成29年11月 しらはた胃腸肛門クリニック横浜を開業、院長に就任

ストレスでおしりから血が出ることがある?

医師男性
ストレスによって免疫力が低下したり自律神経が乱れたりすることで、腸の炎症や痔を発症し、おしりから血が出ることがあります。

ケース1.ストレスで「免疫力が低下」して…

免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなります。それにより直腸が感染症によって炎症を起こすと、おしりから出血することがあります。

ケース2.ストレスで「腸疾患」が…

ストレスによって、特発性の潰瘍が生じたり、炎症性腸疾患の症状が悪化したりすることもあります。

ケース3.ストレスが「排便」に影響して…

自律神経がストレスによって乱れ、スムーズに排便できず、痔になって出血することもあります。

合わせて読みたい
ストレスが限界に達した時に出る症状|心の限界サインをチェック。病院行くべき?
2020-12-28

ストレスが限界に達すると、どのような症状があらわれるのでしょうか。お医者さんの目線から、「心の症状」と「体の症状」、それぞれ解説してもらいました。

おしりから血、大丈夫なの…?

医師男性
病院の受診をおすすめします。

特に、おしりからの出血を繰り返す、ほかに気になる症状がある場合は、早めに病院にかかってください。

※出血が一時的なもので、ほかに症状が見られないときは、一旦様子を見ても大丈夫なことが多いです。

病院に行くべきケース

おしりから血が出る ストレス

  • おしりからの出血を繰り返す
  • 腹痛・肛門痛が続く
  • その他の症状がある
    (吐き気、下痢、腹部膨満、食欲不振、体重減少、粘液便など)
医師男性

これらの症状に当てはまる場合は、

  1. 直腸炎
  2. 痔(いぼ痔・切れ痔)

を発症している可能性があります。できる限り早く病院に行きましょう。

病気の例①「直腸炎」

医師男性
「直腸炎」とは、感染症や突発性炎症性腸疾患によって、直腸の粘膜が炎症を起こす病気です。

感染症の例

  • 性感染症(クラミジア・単純ヘルペスなど)
  • 一般的腸管感染症(赤痢・カンピロバクター・サルモネラ)

突発性炎症性腸疾患の例

  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病

どういうときに出血する?

医師男性
基本的には排便時に出血します。
出血量が多いと、下痢のように血便が出ます。

出血の特徴

鮮やかな赤色や暗赤色の血が混じった便や、粘液と血液の混じった便が出ます。

他の症状

便意があるのに便がでなかったり、出たとしても少量しか出なかったりします。また、排便時に痛みを感じることもあります。

性感染症のヘルペスに感染した場合は、肛門の周辺に水疱ができ、破れると潰瘍が多発します。

一般的腸管感染症では、下痢や腹痛、発熱などの症状がみられることもあります。

何科を受診する?

医師男性
消化器内科を受診しましょう。

消化器内科を探す

病気の例②「痔」

痔の中でも、痔核(いぼ痔)裂肛(切れ痔)は、おしりから血が出ることがあります。

どういうときに出血する?

痔核は、排便時に出血することが多いですが、運動しているときや歩いているときにも血が出ることもあります。

裂肛は、排便時に血が出て、その後も出血が続くことがあります。

出血の特徴

痔核は、鮮やかな赤色のことが多く、勢いよく飛び散るように出血することもあれば、トイレットペーパーや便に少し血が付く程度のこともあります。

裂肛は、鮮やかな赤色で、トイレットペーパーや便に少し血が付く程度のことが多いです。

他の症状

痔核は、痛みや不快感、脱出、かゆみなどの症状があります。
とくに痛みは、運動しているときや歩いているとき、しゃがんだときや重いものを持ったときに脱出が起こって、痛みを感じることが多いです。

裂肛は、排便時の強い痛みが特徴です。刃物やガラス片が通るような痛みと表現されます。慢性化すると常に痛むようになります。

何科を受診する?

医師男性
肛門外科を受診しましょう。

肛門外科を探す

早期受診のメリット

おしりから血が出る ストレス

医師男性
ストレスが原因でおしりから出血している場合は、早めの受診がおすすめです。

医師の診断と治療を受けることで、短期間での症状改善重症化予防を期待できます。

放っておくと不快な症状が続くだけでなく、入院治療が必要な合併症を引き起こしたり、がんなどの深刻な病気を見逃したりする可能性があります。

気になる症状がある場合には、早めに病院へ行きましょう。

参考
日本感染症学会 日性感染症会誌 Vol 19, No1 Suppl. 2008
http://jssti.umin.jp/pdf/guideline2008/01-3.pdf
日本大腸肛門病学会 大腸・肛門の病気について
https://www.coloproctology.gr.jp/aboutsickness/archives/22
日本大腸肛門病学会 肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛)診療ガイドライン 2014 年版
https://www.coloproctology.gr.jp/files/uploads/%E8%82%9B%E9%96%80%E7%96%BE%E6%82%A3%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B32014-2%E5%88%B7.pdf

監修者

白畑 敦 先生

しらはた胃腸肛門クリニック横浜
院長

白畑 敦先生

経歴

平成14年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
平成16年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
平成18年6月  幕内会 山王台病院 外科
平成19年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
平成20年6月  関東労災病院 外科
平成21年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
平成24年10月  横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師
平成29年11月 しらはた胃腸肛門クリニック横浜を開業、院長に就任

レンジでチンするだけ♪

「食事…そろそろ気をつけないとな」
「でも…食事制限は続かない!」

管理栄養士のレシピを一流シェフが調理した冷凍おかずをお届け♪

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 22
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード