【お腹が張って気持ち悪い】それは過敏性腸症候群かも。下痢・吐き気も。病院は何科?

公開日:2020-09-24 | 更新日:2020-12-18
8
【お腹が張って気持ち悪い】それは過敏性腸症候群かも。下痢・吐き気も。病院は何科?

お腹が張って気持ち悪い…どう対処すればいいか教えて!

不快な膨満感と気持ち悪さの対処法を、お医者さんに聞きました。
ひょっとすると「過敏性腸症候群」を発症しているかもしれないので、要注意です。


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お腹が張って気持ち悪いのは大丈夫…?

医師男性
お酒を大量に飲んだ翌日や脂っこいものをたくさん食べた後に、一時的にお腹の張りと気持ち悪さが生じている場合は、一旦安静にして様子を見ましょう。

これといった原因が思い当たらないのに膨満感や吐き気があったり、症状を繰り返していたりする場合には、注意が必要です。

膨満感と気持ち悪さの「対処法」

お腹の張りと気持ち悪さでお困りの方は、次の方法を試してみましょう。

ツボ押し

医師男性
お腹の張りは、「胃腸点」というツボを押すと緩和されることがあります。

胃腸点は、中指を曲げたときに指先が触る部分と手首の真ん中あたりにあるツボです。

マッサージ

医師男性
腸内に溜まったガスを押し流すイメージで、お腹を時計回りに優しくマッサージしましょう。

ストレッチ

医師男性
お腹を刺激して張りを解消するストレッチをご紹介します。
  1. 仰向けに寝そべり、膝を抱える
  2. 息を吐きながら、太ももをお腹にくっつけるよう膝を引き寄せ、5回呼吸をする。
  3. 1と2を繰り返し行う。

気持ちが悪いときは、衣類の締め付けをゆるめてください。
また、吐き気がある時には、無理して水分や食事をとらず、落ち着いてからに飲食してください。

市販薬

医師男性
ビオフェルミンやガスピタンなどの整腸剤がおすすめです。

ただし、感染性胃腸炎の可能性がある場合は、使用を控えた方がいいでしょう。ウイルスや細菌を体の外に排出しようとする働きを止めてしまうからです。
使用する場合は、医師や薬剤師に相談してからにしましょう。

これはNG!症状を悪化させる行動

オートミールやきくらげ、おからなどの不溶性食物繊維の過剰摂取は避けましょう。摂りすぎると、余計にお腹がはることがあります。

早く治すために「自分でできること」

医師男性
基本的に、バランスのよい食事を心がけましょう。脂質の多い食事、コーヒーやアルコール、香辛料などの刺激物は控えてください。

特定の食品を摂った後に症状があらわれる場合は、その食品を摂るのは控えるようにしましょう。

無理なく続けられる軽い運動を取り入れることもおすすめです。30分程度のウォーキングやジョギングを習慣化してみましょう。

また、毎日決まった時間に就寝・起床するようにし、規則正しい生活を心がけてください。質の良い睡眠、ストレス発散も大切です。

これはNG!お腹の不快感を招く習慣

食後すぐに横になる行為は、胃酸が逆流して症状の悪化に繋がります。やめましょう。

よくある2つの症状

医師男性

お腹が張って気持ち悪い場合、

  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 月経前症候群(PMS)

が原因となっている場合が多いです。

原因① 過敏性腸症候群(IBS)

医師男性
大腸に腫瘍や炎症などの病気がないにもかかわらず、お腹に不調が生じます。

3ヵ月間の内、月に3日以上にわたりお腹の痛みや不快感を繰り返し、排便により症状が緩和されたり、症状とともに排便回数や便の状態が変化したりすると、この病気と診断されます。

原因ははっきりとわかっていませんが、腸の働きが過剰になることで症状があらわれます。

ストレスや不安を感じたときに症状が出やすく20~30歳代の女性に好発します。

主な症状

  • お腹の痛み
  • お腹の不快感
  • 下痢
  • 便秘
  • 吐き気・嘔吐

自分でできる対処法

医師男性
症状を一時的に抑えるために、過敏性腸症候群の再発症状改善薬を使用するのもいいでしょう。
しかし症状が続く場合には治療が必要になりますので、病院に行ってください。

消化器内科・胃腸内科を探す

原因② 月経前症候群(PMS)

医師男性
月経の3~10日前から精神的・身体的症状があらわれる病気です。

月経がはじまると症状が軽くなったり無くなったりします。

ホルモンバランスの変化から自律神経のバランスが乱れ、症状が起こります。

生活習慣が乱れていたり、ストレスや疲労がたまっている人は、症状がでやすいと考えられます。

主な症状

  • 情緒不安定
  • 集中力の低下
  • 食欲不振
  • 過食
  • 眠気
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • めまい
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 胸の張り
  • むくみ

自分でできる対処法

医師男性
市販の漢方薬や月経前症候群の治療薬で、一時的に症状が抑えられるケースもあります。
続く場合には、病院で相談してみましょう。

婦人科を探す

病院に行く目安

医師男性
過敏性腸症候群や月経前症候群の症状に当てはまり、日常生活に支障をきたしている場合は、病院に行きましょう。

特に注意すべき症状

下痢や嘔吐の症状がひどくて、脱水症状を起こしている場合は、すぐに受診してください。

何科を受診する?

過敏性腸症候群が疑われる場合は、消化器内科や胃腸内科を受診しましょう。

消化器内科・胃腸内科を探す

月経前症候群が疑われる場合は、婦人科を受診しましょう。

婦人科を探す

参考
日本消化器病学会ガイドライン 過敏性腸症候群(IBS)
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs.html
一般社団法人 日本臨床内科医会 わかりやすい病気のはなしシリーズ12 過敏性腸症候群
https://www.japha.jp/doc/byoki/012.pdf
公益社団法人 日本産科婦人科学会 月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13
クラシエ薬品 漢・方・優・美 月経前症候群(PMS)の漢方治療
https://www.kampoyubi.jp/learn/practice/19.html
大幸薬品 基本のガス抜きのポーズ
https://www.seirogan.co.jp/bf/yoga/basic.html
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 8
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード