早く解消したい「ガス溜まり腹痛」背中痛や下痢も。食後や空腹時の膨満感に

公開日:2020-02-03 | 更新日:2020-05-21
147
早く解消したい「ガス溜まり腹痛」背中痛や下痢も。食後や空腹時の膨満感に

ガス溜まりでお腹が痛い時の対処法をご紹介。
「お腹にガスが溜まって痛い…」
「ごろごろと音が鳴って恥ずかしい!」
こんな経験はありませんか?
一刻も早くガス溜まりを解消するにはどうしたらいいのでしょう。
お腹にガスが溜まる原因から病気の可能性まで、詳しく解説します。

内科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

ガス溜まりによる腹痛ってどんな症状?

医師男性
ガスが溜まって起こる腹痛の症状には、お腹が重い・張るなどの腹部膨満感、背中の痛み、下痢などがあります。

また、お腹がポッコリと出てしまっている場合が多いです。
腹痛が起こる場所は一定ではなく、全体や下腹部など場所が変わる場合もあります。

お腹にガスが溜まる原因

医師男性
腸内に、不要な老廃物である便がスムーズに排出されずに停滞しているとガスが発生します。
こうして腸内がガスでいっぱいになると、圧迫感や痛みを感じることがあります。

また、腸で悪玉菌が優勢になるとガスが溜まりやすくなります

食後や空腹時にガスが溜まって腹痛を感じる理由

医師男性
食事を急いで食べる人は、一緒に空気を飲み込んでしまうことで腸にガスが溜まり、腹痛の原因になることもあります。

また、空腹時に便秘や悪玉菌によってガスが溜まっている状態の胃腸が動くと、腸内のガスが押され、腹痛の原因になる場合もあります。

朝・寝起きや夕方に症状が出る場合

夜寝ているポーズがずっと同じだったり、長時間座り姿勢の仕事をされている方は、腸が圧迫されたままの姿勢が原因で腸の働きを弱めてしまいます。
そのままガスが出ずに、ガスが溜まって痛みを訴えるようになります。

妊娠中や生理中はガスが溜まりやすい

妊娠中や生理中は、ホルモンの影響 で便秘になりやすく、ガスが溜まりやすい人もいます。

腸の一部分にだけガスが溜まっている感じがする…

一定の場所が張るような感覚は、ガスが溜まっている時は圧迫感や痛みを感じやすいものです。
ガスが動くことで右や左と痛む場所が動く場合もあります。

ガスが溜まりやすい食べ物や生活習慣

腸内環境

高タンパク、高脂肪の肉類の多い食事などに偏っていると、便通が悪くなり、悪玉菌も増えて、ガスが溜まりによる腹痛が起きやすくなります
また、冷えや寝不足によって体にストレスがかかると、腸のぜん動運動を停滞させてしまうため、腹痛の原因になります。
胃から腸にかけて、お腹周り全体が冷えないように注意しましょう。

ガス溜まりの腹痛解消法|薬やマッサージ

次の方法でガス溜まりによる腹痛を解消しましょう。

整腸剤や便秘薬を服用する

ビオフェルミンやガスピタンなどの整腸剤や便秘薬は、腸内のぜん動運動を活発化させ、便通、腸内のガス抜きに働きかけます。

マッサージで改善

このマッサージは、腸内運動を活性化させます

まず、お腹にの中心に手のひらを当てて、下腹部に降ろします。
手は、ひらがなの「の」の字を描くようにくるくる回しましょう 。
お腹が心地良いと感じる程度の力加減で行うと良いです。

ガス溜まりを解消する食べ物

消化されにくく、腸内に停滞しやすい食物繊維の多い食べ物(さつまいも、ごぼう 等)や炭酸飲料はガスが発生しやすいです。
腸内環境を整えるヨーグルトや味噌などの発酵食品は善玉菌を増やすのでお勧めです。

病院での治療法

腸の動きを促すように整腸剤が処方されます。 便秘で日常生活に支障がある場合は下剤が処方されることもあります。
また、食生活やトイレ習慣のつけ方 ※などが指導されます

※決まった時間に行く、トイレで長時間いきまない など

受診するのは何科?

ガス溜まりの症状で病院に行く場合は、内科を受診してください。

内科を探す

注意すべき症状

便に血が付いていたら要注意|がんの可能性

ガスが溜まりやすい、便秘、腹痛や下痢を繰り返しているに加え、便に血が付いている場合は要注意です。
自己判断で痔だろうと思い込んでいる方もいますが、「がん」の症状である可能性があります。

ガス溜まり・腹痛・下痢や便秘を繰り返す|過敏性腸症候群

ガス溜まり、腹痛、下痢、または便秘を繰り返す「腸過敏性症候群」という病気もあります。
腸過敏性症候群は、原因となる病気がないにもかかわらず、生活に支障が出るような腹痛下痢や便秘を繰り返す症候群です。
薬以外に、生活習慣の見直しが重要となります。

医師男性
上記の症状がある場合には、早めに病院に行くことをおすすめします。
ガスや便秘、下痢で生活に支障をきたす場合は、一度病院に相談しましょう。

まとめ

ガスが溜まっておならが増えると困るという方もいるかもしれませんが、腹痛を防ぐためにも、できるだけ我慢しないようすると良いでしょう。
また、ガスが溜まらないように食事や生活を見直し、予防に努めましょう

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 147
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード