「水を2リットル飲む」美肌やダイエットにいいって本当?いつから効果がわかる?

公開日:2021-09-15
0
「水を2リットル飲む」美肌やダイエットにいいって本当?いつから効果がわかる?

「水を2リットル飲むとどんな効果が出る?」
「うれしい効果はいつから?」

水をたくさん飲むと、美肌やダイエットの効果があると言われています。
飲むタイミング逆効果になってしまう飲み方を栄養士に伺いました。


監修者

神原 李奈 先生

株式会社Luce
栄養士・食育栄養インストラクター

神原 李奈先生

経歴

株式会社Luce・健康検定協会 所属
CA(客室乗務員)の仕事をきっかけに、健康と食の強い結びつきを実感し、食の世界に興味を持つ。大手料理教室の講師の経験を経て、栄養士を目指すことに。栄養士免許を取得後の現在は、現役CAとして世界中を飛び回りながら、栄養士として健康や食に関する情報を発信している。

「水を2リットル飲む」と、どんな効果があるの?

元気な女性

専門家女性

たくさん水を飲むと

  1. 肌がきれいになる
  2. ダイエットをサポートする
  3. むくみが解消する
  4. 便秘が解消する

などの効果があると言われています。

その① 肌がきれいになる

専門家女性
水を飲むことで、肌細胞の乾燥を防ぐことができ、肌の潤いにつながります。

その② ダイエットをサポートする

専門家女性
水を飲むことで「間食を予防する」「食事の量を減らす」ことができると言われています。

間食を予防する

水分補給するとお腹が多少満たされるため、間食を予防し、ダイエットサポートになります。
空腹感があったら、まずは水分補給をしてみましょう。
体内の水分が不足する脱水症状を、空腹感と勘違いしている場合もあります。

食事の量を減らす

1日3回の食事の30分前に1杯の水を飲むことで、食事の量を減らすことができるという報告があります。

水を飲むタイミングとしては、食べる直前ではなく、30分前というのがポイントです。
食事の直前に水を飲むと、消化液が薄められてしまい、食べ物の消化や吸収が妨げられてしまう可能性があります。

その③ むくみが解消する

専門家女性
体の中に水分が不足すると、体が逆に水分を溜め込もうとして、むくんでしまいます。
しっかり水分を補給することで、むくみの解消につながります。

その④ 便秘が解消する

専門家女性
朝起きたときにコップ一杯の水を飲むことで、腸の運動を促し、お通じが出やすくなります。

水分不足は便を硬くし、便秘の原因になります。
水分を適切に摂取することで、便が柔らかくなり、お通じにつながります。

効果はいつから出る?

専門家女性
水を2リットル飲むことの効果に関しては、個人差があります
一概に「いつから効果がでる」とは言えません。

例えば、健康な成人女性を対象とした研究では、1日1,300mLの水または麦茶を5日間摂取した結果、便秘の自覚がある人は排便回数が増加したという結果が出ています。

※水は通常1.2リットル程度でよいとされており、無理して2L飲む必要はありません。

どんな水がおすすめ?

硬水

専門家女性
骨の健康維持に必要な「カルシウム」や代謝に関わる「マグネシウム」を補給したい場合は、硬水がおすすめです。

水分補給という意味では、軟水でも硬水でもかまいません
ただし、マグネシウムはとりすぎると、軟便や下痢を起こすことがありますので、注意しましょう。

飲むのは水道水でもいいの?

専門家女性
通常の水道水であれば問題ありません
食中毒が心配な場合は、一回沸騰させてから飲みましょう。

お茶やコーヒーはだめなの?

専門家女性
カフェインが入っているお茶コーヒーはあまりおすすめできません。
糖質を多く含むジュースも控えましょう

お茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるため、尿の量を増やし、かえって体内の水分を外に出してしまいます
糖質を多く含むジュースは、飲み過ぎると糖質の過剰摂取につながり、血糖値の急上昇を招くのでおすすめできません。

どんな風に飲めばいいの?

専門家女性
水は喉が渇いてから飲むのではなく、渇く前からこまめに飲むようにしましょう。
一度にたくさん飲むのではなく、コップ一杯を目安に、数回に分けて飲みましょう

特に運動の前後や途中、入浴の前後、就寝の前後、飲酒中や飲酒後は水分が不足しやすくなるため、意識して水分を摂りましょう

また、キンキンに冷えた水ではなく常温の水を飲むようにすると、体の冷やしすぎを防げます。

水は1日1.2リットル程度が目安

飲水は1.2リットル程度で良いとされています。
たくさん汗をかいた日には、1.2リットル以上飲んでください。

1日あたりの水分排泄量は尿・便から1.6リットル、汗や呼吸から0.9リットルです。
それを補うために、栄養素の代謝で0.3リットル、食事から1リットル、残りを飲み水からとりましょう。

こんな飲み方はNG!逆効果です

専門家女性
  1. 一度に大量に飲む
  2. キンキンに冷えた水を飲む
  3. 硬水をたくさん飲む

という飲み方は控えましょう。

NG① 一度に大量に飲む

一度にたくさん飲んでも、吸収されなかった分は、体の外に出されます。
コップ一杯を目安にして、1日に数回に分けて飲むようにしましょう。

NG② キンキンに冷えた水を飲む

キンキンに冷えた水を飲むと体が冷え、血行が悪くなり、むくみにつながります。
また、胃腸が冷えて、下痢を起こすことがあります。

NG③ 硬水をたくさん飲む

マグネシウムを多く含む硬水を飲みすぎると、軟便や下痢を起こすことがあります。
飲み過ぎには注意しましょう。


監修者

神原 李奈 先生

株式会社Luce
栄養士・食育栄養インストラクター

神原 李奈先生

経歴

株式会社Luce・健康検定協会 所属
CA(客室乗務員)の仕事をきっかけに、健康と食の強い結びつきを実感し、食の世界に興味を持つ。大手料理教室の講師の経験を経て、栄養士を目指すことに。栄養士免許を取得後の現在は、現役CAとして世界中を飛び回りながら、栄養士として健康や食に関する情報を発信している。

本気なら…ライザップ!

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 0
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード