病院で処方される胃薬、レバミピドとテプレノン。効能や副作用は?

公開日:2019-03-05 | 更新日:2020-12-11
68
病院で処方される胃薬、レバミピドとテプレノン。効能や副作用は?

急な体調不良には、頭痛や腹痛などがありますが、その中でも我慢するのが難しい「胃痛」。
皆さんは、どのように対処されていますか?
今回は、急な胃痛・胃炎に対応できるお薬、レバミピドとテプレノンをご紹介しながら、似ている点・違う点を解説していきます。


監修者


薬剤師

石上 和子先生

経歴

静岡薬科大学出身、現在、管理薬剤師として関東の薬局で活躍中。

レバミピドとテプレノンって?

レバミピド

レバミピドは、胃炎・胃潰瘍治療剤です。
胃の粘液の産生・分泌を促すことで、胃酸などから胃粘膜を守るはたらきがあります。
以下の場合に処方されます。
・胃潰瘍
・急性胃炎・慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(※)の改善
※びらん・出血・発赤・浮腫など

テプレノン

テプレノンも同様に、胃粘膜の血流を良くし、胃粘膜と粘液を正常に保つ物質を増やすことで、潰瘍の組織を修復するはたらきがあります。
主には、レバミピドと同じく、胃炎・胃潰瘍治療剤です。

「胃もたれ」には向いていない

レバミピドとテプレノンは、「胃もたれ」などの症状には、適応していないことになります。

さっそく2つのお薬を、くらべてみよう!

特徴は、それぞれ次のとおりです。

レバミピドの特徴

・効きめは穏やかである
・胃の防御因子(胃粘液など)を増やすはたらきがある
・胃の攻撃因子(酸・ペプシンなど)を減らすはたらきがある

テプレノンの特徴

・効きめは穏やか
・胃の防御因子(胃粘液やプロスタグランジン、重炭酸イオンなど)を増やし、胃を守るはたらきがある
・空腹時に飲むと働きが落ちてしまう

2つの薬は共に「防御因子増強型胃薬」(胃粘膜を守る薬)であり、働きは同じです。
しかし、特徴は、レバミピドは食事の影響を受けないのに対し、テプレノンは食事の影響を受けやすいことです。
テプレノンは、食後に服用するほうが、薬の有効成分が体内へと吸収されやすいのです。
したがって、ロキソニンなどの痛み止めを頓服で服用する場合は、食事の影響を受けないレバミピドのほうが良いといえます。

副作用をくらべてみると…

レバミピドの副作用

発疹・かゆみ・湿疹・蕁麻疹
まれに、めまい・呼吸困難・全身のかゆみがある発赤。発熱・あざ・全身倦怠感・食欲不振・皮膚や白目が黄色くなる(黄疸)

テプレノンの副作用

発疹・かゆみ・便秘・下痢・口が渇く・腹痛・腹部膨満感・頭痛
まれに、全身倦怠感・皮膚や白目が黄色くなる(黄疸)・食欲不振

レバミピドもテプレノンも、副作用が起きることは極めて少ないと報告されています。

お薬の働きや副作用については、不明点は医師、薬剤師に確認し、よく理解した上で服用するようにしましょう。

服用する際の注意点!

レバミピドの服用の注意点

いまのところ、レバミピドは、飲み合わせが禁止されている薬はないとされています。

テプレノンの服用の注意点

テプレノンも、飲み合わせが禁止されている薬はないとされています。
注意点は、テプレノンは、食後に服用することが基本、ということです。

これは、テプレノンが脂溶性(あぶらに溶ける性質)なので、胃の中に食べ物がある食後のほうが、吸収されやすいためです。
また、消化を助けるために胃の運動を活発にし、胃粘膜の分泌を活発にすることで不快感をとるため、食間や食前よりも食後のほうが良いとされています。

まとめ

胃薬には、様々な種類があります。
レバミピドとテプレノンのように、同じ作用がある薬でも、服用の方法が違うこともあります。
自身の症状に合った薬を、選択することが、大切です。
薬の作用や特徴、副作用、服用の方法を、医師や薬剤師に確認しておくようにしましょう。


次の記事もチェック!
ロキソニンとレバミピドの飲み合わせって?2つの薬を徹底解説!

【参考文献】
末尾参照①
ニプロES株式会社 胃炎・胃潰瘍治療薬レバミピド錠 添付文書
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00058022.pdf

末尾参照②
東和薬品株式会社 胃炎・胃潰瘍治療剤 日本薬局方テプレノンカプセル 添付文書
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00053817.pdf

▼あわせて読みたい

近くの処方箋薬局で、かんたんネット予約するには?【ウエルシア、スギ、ツルハなど】

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 68
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

キーワード