【椎間板ヘルニアでやってはいけないこと】予防法&おすすめの運動も

公開日:2019-03-19 | 更新日:2020-09-09
100
【椎間板ヘルニアでやってはいけないこと】予防法&おすすめの運動も

背骨は、頚椎・胸椎・腰椎に分かれており、その部位には椎間板があります。
その椎間板の中の組織が、突出することがあります。
頚椎で突出すると「頚椎椎間板ヘルニア」、胸椎で突出すると「胸椎椎間板ヘルニア」、腰椎で突出すると「腰椎椎間板ヘルニア」と言います。

整形外科を探す


監修者

河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

椎間板ヘルニアって?坐骨神経痛との違い!

椎間板ヘルニアとは、椎間板が変性し、突出することで、周辺の神経を圧迫して、いろいろな症状を起こす疾患です。
椎間板は、背骨の、骨と骨の間にあって、クッションのような役割をしています。
私たちは、椎間板のおかげで、背骨をスムーズに動かすことができます。
背骨の後ろ側にある、脊柱管の中には、脳と手足をつないでいる神経が、走っています。
この部分に椎間板が突出し、神経が圧迫されると、次のような症状が出ます。

・手足のしびれ・痛みを感じる
・手足の動作がしづらいなど

坐骨神経を圧迫する状態が坐骨神経痛で、椎間板ヘルニアによって、坐骨神経痛が起こることがあります。
特に、お尻から太もも裏側に、痛みが生じると、坐骨神経痛の場合もあり、腰椎椎間板ヘルニアの代表症状とされています。

頚椎椎間板ヘルニアは、手足のしびれなどの症状に加え、首筋・肩甲骨の辺りにも痛みやしびれの症状が出ます。
ヘルニアが発生する場所により、しびれ・痛みの場所も異なります。
首筋・肩甲骨周辺に、痛みを生じる場合もあります。
また腰椎椎間板ヘルニアの主な症状としては、足、お尻の痛みやしびれといった下半身が中心で、力が入りにくい、動かしにくい等が挙げられます。
腰椎椎間板ヘルニアでは、しびれ・痛みは、下肢のどの部分にも出現する恐れがあります。
非常に強く神経が強く圧迫されている場合は、頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニアどちらでも、排尿・排便障害が起こる可能性があります。

椎間板ヘルニアを疑う場合に「やってはいけないこと」

重い物を持ち上げる時は中腰になるのではなく、膝を使って持ち上げるようにするなど、なるべく椎間板に負荷をかけない生活行動に、細心の注意を払いましょう。
椎間板は、縦方向の力には強いですが、ねじることや曲げることには弱いと考えられている軟骨です。

椎間板ヘルニアは、必ずしも痛みが生じるわけではありません。
少しでも気になる症状・違和感などがある場合には、早めに医療機関の受診をおすすめします。

整形外科を探す

椎間板ヘルニアの「主な原因」

次のような原因で、椎間板ヘルニアが起こると考えられています。

  • 負荷を受けることによる椎間板の劣化
  • 生活習慣などの環境的要因
  • 外傷や遺伝的要因
  • 姿勢(反り腰・猫背)
  • 肥満による椎間板への負荷
  • 加齢による経年劣化
  • 喫煙(喫煙は、毛細血管の血流を悪化させる恐れがあります)

椎間板ヘルニアの「治療法」

椎間板ヘルニアの基本治療法は、保存療法(※)です。
※保存療法:病巣の摘出・手術などを行わない治療法
保存療法を行いながら、症状の改善を目指します。

① 安静にする(必要と判断された場合)

傷付いた神経に、不必要な負担を掛けないよう、脊椎可動域を制限し、無理のない姿勢で過ごします。

② 薬物療法、理学療法(必要と判断された場合)

薬物療法:筋弛緩薬・非ステロイド性消炎鎮痛薬などを使用して、痛みの症状を抑えます。
理学療法:安静・薬物療法により痛みが治まった後、ストレッチなどのリハビリテーションを行います。

③ 神経ブロック

神経ブロックとは、ステロイド薬・局所麻酔などを注射し、痛みを緩和する治療です。
椎間板ヘルニアでは、多くの場合、急激に症状が悪化してから、1週間ほどが経過した時期が、痛みのピークと考えられています。
そのため、安静・薬物療法・理学療法を行い、2週間ほど経過した後も症状に改善がみられず、日常の動きに支障が出る場合に、この方法が検討されます。

④ 手術

数ヶ月経過しても、椎間板ヘルニアの症状が改善しない場合や、症状により日常生活に大きな支障が出る場合には、手術も検討されます。

予防するために必要な3つのこと

  • 運動
  • 体重コントロール
  • 姿勢を正す

椎間板ヘルニアは、これらで予防が期待できます。
特に、食生活の見直し・改善は重要です。
体重コントロールでは、「食べないダイエット」はおすすめできません。
食べないと糖分が欠乏し、消費カロリーの多い筋肉に蓄えてある糖分(グリコーゲン)がとられてしまいます。
結果、筋肉量が減少し、代謝が低下して、逆に痩せにくくなる恐れがあります。

そのため、糖質制限も程々とし、栄養のバランスを考えた食事を心がけ、体重を標準体重に保つようにしましょう。
食生活面に加えて、適度な運動を継続して、筋肉を動かし、適した体重にコントロールすることも重要です。
筋肉がないと、体を動かす時に椎間板に負荷がかかり、ヘルニアを起こす可能性が高くなります。
姿勢の面では、パソコンやスマートフォンに向かう際、同じ姿勢を長時間続けるようなことは、意識して控えるようにします。

ウォーキング、ジョギングなどもおすすめ

椎間板ヘルニアの予防法は、適正体重を保ち、筋肉をつけることで椎間板への負荷を減らすことです。
それには、適度な運動を、無理のない範囲で、継続することが大切になります。
次のような運動がおすすめです。

・腕を大きく振りながらのウォーキング

  • ジョギング
  • スイミング
  • 水中ウォーキングなど

主治医の指導のもと、セルフケアとして、毎日ストレッチを行うのもおすすめです。

【参考文献】
椎間板ヘルニアについて →メディカルノート
https://medicalnote.jp/diseases/椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア → 一般社団法人日本脊髄外科学会
http://www.neurospine.jp/original24.html

頚椎椎間板ヘルニア→公益社団法人 日本整形外科学会
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/spinal_disc_herniation.html

椎間板ヘルニア→教えてドクター
https://www.iwai.com/seikei-qa/content/001-herunia.php


監修者

河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

最近、脂肪の代謝が気になる…
カロリミット(FANCL)

「なんだかぽっこりしてきた」
「甘いものも脂っこいものも大好き!」

シリーズ累計販売6700万個突破の「大人のカロリミット」が、通販限定・初回限定でお得にお試しできます。

継続的に使うのがおすすめ。
なるべく早くスタートして習慣化するのが吉です。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 100
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード