【咳のしすぎであばらが痛い】肋骨骨折や肋間神経痛かも!何科に行く?

公開日:2020-08-21 | 更新日:2020-09-15
21
【咳のしすぎであばらが痛い】肋骨骨折や肋間神経痛かも!何科に行く?

咳のしすぎであばらが痛い…。

その症状は肋骨骨折かもしれません。

「これは放っておけば治るの?」「病院へ行った方がいい?」
あばらの痛みから考えられる原因と対処法を、お医者さんに聞きました。


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

咳であばらが痛い…それはもしかして…

医師男性
咳のしすぎであばらが痛い原因には、①肋骨骨折②肋間神経痛③胸膜炎などが考えられます。

痛みが軽度の場合、咳が止まってきて症状が改善傾向にある、呼吸に異常が起こっていない場合は、少し様子を見てもいいでしょう。

病院に行くべき?

次のような症状が出ているときは、我慢せずに病院へ行きましょう。

  • 痛みが強い
  • 痛みがどんどんひどくなっている
  • 息苦しく感じる
  • 痛みで動きに支障がある
  • 高熱(38度以上)が出ている
  • 咳が止まらない
  • 意識が朦朧としている
  • 冷や汗が出ている
  • 痛みが何日も続く

病院は何科?

咳のしすぎであばらが痛い

医師男性
内科、整形外科、呼吸器内科、呼吸器外科の受診をおすすめします。

内科・整形外科・呼吸器内科・呼吸器外科を探す

※病気の状態によって、違う診療科目を紹介される場合があります。心配な場合は、電話等で事前に確認してみましょう。

1.「肋骨骨折」のケース

医師男性
激しい咳が続くことで、肋軟骨接合部分や呼吸・咳で繰り返し動いている部分がダメージを受けて、折れてしまうことがあります(疲労骨折)。

肋骨骨折は、ひどい咳が長引いているとき(喘息・肺炎・風邪が悪化しているときなど)になりやすいです。

痛みの特徴

  • 肋骨周辺に強い痛みがある(圧痛)
  • 骨折した部分を押したり叩いたりすると痛む
  • 骨折から少し時間が経過した後に痛むことがある

対処法

  • 鎮痛剤、咳止め、湿布を使用する
  • 胸帯(バストバンド)を使用して固定する

骨折が小さい、痛みが軽度という場合は、自然治癒することがあります。ただし、肋骨の骨折によって、気胸や血胸などが起こったり、肺や心臓等の臓器や血管が損傷したりする可能性があります。

早めに病院を受診して原因を調べてください。

2.「肋間神経痛」のケース

医師男性
咳をしすぎた衝撃により、肋骨骨膜や肋間の筋肉や神経を傷めてしまい、肋間神経痛を起こすことがあります。

肋間神経痛は、原因特定が困難なケースが多いですが、ストレス過多睡眠不足疲労過多等との関係が指摘されています。

痛みの特徴

アバラのあたりに

  • 刺すような鋭い痛み
  • ピリピリするような痛み
  • チクチクするような痛み
  • ズキズキするような痛み

対処法

肋間神経痛が疑われる痛みがあるときは、次の対処法を試してください。

  • 消炎鎮痛剤、咳止め、湿布を使用する
  • 神経の炎症を抑えるビタミンB12を使用する

消炎鎮痛剤や咳止め、湿布、ビタミンB12は、自己判断でなく、医師や薬剤師に相談のうえ、処方してもらい、服用しましょう。

3.「胸膜炎」のケース

医師男性
胸膜炎は、肺の表面を覆う薄い膜が炎症を起こしている状態です。呼吸困難や胸痛が特徴的な症状です。

細菌性胸膜炎、肺炎随伴性胸水、結核などの感染症や、肺がん、悪性リンパ腫、乳がんなどによる転移性腫瘍などの悪性腫瘍、その他、膠原病、血管炎、肺塞栓症、薬剤などによって、胸膜炎になることがあります。
糖尿病に罹患している、お酒をたくさん飲む、タバコを吸うことも危険因子となります。

痛みの特徴

症状によって痛み方は異なります。

  • 少し違和感がある
  • ピリピリする
  • 針が突き刺さるような痛み

対処法

原因に対する治療を行います。

  • 感染症の場合は、抗菌薬、抗ウイルス薬を投与
  • 悪性腫瘍の場合は抗がん剤を投与
  • 胸水が溜まっている場合は、胸腔ドレナージで胸水を抜く

そのほかに

  • 禁煙をする

が挙げられます。

放置することで生じるリスク

咳のしすぎであばらが痛い

医師男性
そのうち改善するだろうと自己判断で放置してしまうと、気胸、血胸、胸腔内損傷、臓器損傷、血管損傷等の、思わぬ状態に陥ってしまう可能性があります。

また、がんや結核、喘息、肺炎、胸膜炎などの咳の出るほかの病気を見逃す恐れがあります。できるだけ早めに病院を受診することをおすすめします。

▼参考
東京都済生会向島病院 看護日誌 咳からの肋骨骨折を経験して感じたこと
https://www.saiseikai-mkj.jp/news/2018/07/26/2150
一般社団法人 日本骨折治療学会 肋骨骨折
https://www.jsfr.jp/ippan/condition/ip09.html
日本医師会 胸のあたりを痛がっている場合
https://www.med.or.jp/clinic/sick_itami_mune.html
東京内科医会 急に胸が痛くなったら
http://www.topa.jp/tokyo/2007-4.html

監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 21
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード