女の子のオスグッド病「膝が痛い」小中学生の女子は要注意!

更新日:2022-01-12 | 公開日:2022-01-12
124
女の子のオスグッド病「膝が痛い」小中学生の女子は要注意!

一般的に、小中学生の男の子に多いと言われている「オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)」

「女の子でも発症するの?」という疑問に、お医者さんが答えます。

監修者
河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

女の子でもオスグッド病になるの?

オスグッド病は男の子に多いと聞きましたが…女の子でも発症することがあるのでしょうか?
女性
医師男性
オスグッド病は、男子に多い病気ですが、女子にも発症します。

ジャンプが多い競技やボールを蹴るような競技をしている子どもや、活発な子どもに多く発症します。しかし、スポーツをしていない子どもにも発症することもあり、一括りにはできません。

オスグッド病になりやすいスポーツ

ジャンプしたり、ボールを蹴るという動作が多いと発症しやすいといわれています。

  • バスケットボール
  • バレー
  • テニス
  • サッカー
  •  陸上競技

など

オスグッド病の症状の特徴

オスグッド病

医師男性
炎症を発症してしまうと、何もしていなくても常に痛いです。ズキズキとした痛みです。

動かすと痛みが増すので、痛みが強いと歩くのもつらくなります。

痛む場所は膝下(膝下の少し盛り上がった骨の部分)です。
膝下の骨の部分が炎症を起こしているので、目視できるほど腫れがある場合は、膝の少し下のあたりがぽっこり膨らみます。

これは…「オスグッド病?成長痛?」


成長痛の痛みは、検査をしても悪い部分が見つかりません。気持ちや不安感、疲れなども入り混じって発症するとされています。発症は、小さな子どもや上手に話せない幼稚園児くらいの子どもに多いとされています。

 

また、成長痛は、夕方や夜に痛みが強くなる子どもが多いです。一日の疲れや、不安が現れるとされています。保護者の方が、痛がる部分をさすったり、撫でたりすると楽になります。一方、放置しておくと痛みが強くなる子どももいます。

 

一方、オスグッド病は、レントゲン検査ですぐにわかります。骨の炎症痛(腱付着部炎)と診断されます。

早く復帰したい!治すには?

医師男性
まずは安静にしましょう。
痛みが強い時期に無理に動かすと負荷がかかり、治るまで時間がかかってしまいます。

オスグッド病になっても一定期間安静にしておけば、痛みや炎症は治まります。

ただし、治療期間は女の子の方が比較的長くかかることがあります。状態によっては、数週間〜1ヶ月程度の安静が必要です。しっかり炎症が治まってから、スポーツを再開しましょう。

こんなときは、病院で治療しよう!

  • 歩くと痛い
  • スポーツに支障が出ている
  • 痛みに加えて、膝下部分の盛り上がりがある

痛みがひいてスポーツを始めても、激しく動かすと痛みが戻ってきます。この状態は、平均3ヶ月〜6ヶ月程度は続くことがあります。
その際は急に運動を行わずに、ストレッチ、補助ベルトの装着などしてください。医師の指示に沿って、運動を始めるようにしましょう。

整形外科を探す

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 124
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

おすすめ記事
関連記事