指の骨にひびが入ったら|どんな症状?完治までの期間は?放置するとどうなる?

更新日:2021-11-01 | 公開日:2021-03-16
241
指の骨にひびが入ったら|どんな症状?完治までの期間は?放置するとどうなる?

指の骨にひびが入るとどんな症状があらわれるのか、お医者さんに聞きました。
正しい対処法も併せて解説します。

放置すると、正常に骨がくっつかなくなる可能性があるので、要注意です。

監修者
河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

指の骨にひびが入ったかも!どんな症状がある?

指の骨にひびが入った場合、次のような症状があらわれます。

  • 指が腫れる
  • 内出血する
  • 押すと痛い
  • 触らなくても痛い
  • 体を動かすと痛い

骨が完全に折れていないだけで、ひびの入っただけの状態も骨折と言います。軽く考えずに、応急処置をしましょう。

ひびが入っていたときの応急処置

医師男性
指の骨にひびが入った場合は、腫れを抑えるため、可能ならひびの入った指を心臓より上に挙げてください。

腫れが大きくなったり、ケガが悪化したりするのを防ぐため、安静した状態を保ちつつ、できるだけ早く病院へ行ってください。

指には、小さい骨などがあって、人によってはもろく、折れやすくなっています。思わぬことでひびが入ることもあります。
「そんな簡単に、骨にひびが入るわけがない」と決めつけずに、痛みや腫れがある場合は、一度病院を受診しましょう。

整形外科を探す

お風呂はNG!ぬるめのシャワーを

医師男性
腫れがひどいときは、お風呂に入るのを控えましょう。

体を温めると、かえって腫れがひどくなる可能性があります。ぬるめのシャワーを、患部以外に浴びる程度にしておいて下さい。

ひびの入った指を無理に動かす・運動するなども控えてください。また、飲酒や喫煙は、指のひびが治る妨げとなります。ケガをしているときは避けましょう。

必ず病院へ!ひびを放置すると…

医師男性
指の骨にひびが入ったまま放置すると、骨がくっつかないままになってしまうこともあります。

骨がくっつかないままだと、手の動きや神経に影響を与える可能性もあるので、指を強く打ち付けたり、転んだりして痛み・腫れ・内出血などがある場合は、放置せずに病院で診察を受けましょう。

病院は何科?

医師男性
指の骨にひびが入った疑いがあるときは、整形外科を受診しましょう。

病院での治療方法は?

指の骨にひびができたときは、患部の指にギブスや副木(そえぎ)を当て、固定します。また、骨のズレが大きいときは、手術が必要になる場合もあります。

治療を行う前に、医師が診察の上、レントゲンやCT撮影を行い、骨の状態を確認します。ひびが確認されると、治療を始めます。

完治までの期間は?

医師男性
指の骨であれば、一般的には1ヶ月程度が必要です。

※ひびの状態やその人の体質などによって個人差があります。

整形外科を探す

合わせて読みたい
指の骨折を放置するとどうなる?自然治癒は?痛くない場合は?医師監修
2021-05-12
「指の骨折をそのままにしておくと、どうなるの?」 骨折を放置するリスクを、お医者さんに聞きました。 「痛みが引いている場合も受診は必要?」という疑問にもお答えします。 指の骨折を放置すると、どうなるの? 骨折を放置すると、腫れや痛み、内出血などの症状がさらに悪化する恐れがあります。 また、変形した状態で骨折が治癒してしまうと、 指が曲がったまま戻らない 指を動かしにくくなる 関節の痛み などの後遺症が残ってしまう場合もあります。 こんな症状は骨折の可能性大! 触る、動かすと強く痛む 体重をかけると猛烈に痛む ひどい腫れ、内出血がある 冷やしても痛みがなくならない 骨折を疑う箇所が通常とは違う形に曲がっている 指を動かせない といった場合は、骨折の可能性が高くなります。 強い痛みを感じるときは、医師の診察と治療を受けましょう。 突き指と見分ける方法は? 「突き指」の場合、骨折に比べて痛みが引きやすい傾向があります。 「骨折」の場合は、数日程度では痛みはひきません。 ※ただし、たとえ突き指だとしても、正しい処置を行わなければ「指が動かしづらくなる」といった後遺症が残りやすくなります。 病院は何科? 骨折の疑いがある場合は、整形外科を受診しましょう。 整形外科では、レントゲン検査を受けることができ、骨折の状態を正しく把握できます。 症状に合わせ、ギブス固定や手術などの治療を受けることで、後遺症を防ぎやすくなります。 整形外科を探す 骨折は…自然治癒することはないの? 骨折は放置しても治ると聞いたのですが…。 軽度の骨折の場合、患部を固定していると、自然治癒して痛みは消えていきます。 ただし、正しい処置を行わなければ指が変形し、動きに不具合が残る恐れがあります。 痛みは引いたけど…病院を受診すべき? 痛みがすでになく、骨折が治癒していたとしても、腱や筋肉の異常が残っている可能性があります。 異常があると指の動きに影響するため、一度は医療機関でレントゲン検査を受けることをおすすめします。 また、指の動きが以前と違う、違和感があるという場合は、リハビリ治療が必要です。 リハビリ治療を受けると、狭まってしまった指の可動域を広げられます。 早期受診のメリット 早めに受診することで、骨折の後遺症を避けやすくなります。 骨のズレがひどい場合は、手術で正しい位置に接合する必要があります。 「骨が折れたかも…」と思ったら、必ず医療機関を受診しましょう。 整形外科を探す ※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。 ▼参考 公益社団法人日本整形外科学会 小児の骨折

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 241
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事