生理が終わったと思ったらまたきた…これ大丈夫?病院に行くべき?

更新日:2022-08-17 | 公開日:2020-07-10
362
生理が終わったと思ったらまたきた…これ大丈夫?病院に行くべき?

「生理が終わったと思ったらまたきた…これって大丈夫なの?」

頻発する生理の原因をお医者さんに聞きました。
どんな病気の可能性があるの?受診する目安は?
生理後の不正出血で不安な方は、ぜひ参考にしてください。

監修者
石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

なぜ?生理が終わったと思ったらまたきた…

医師男性
生理が終わったはずなのに、また出血している場合、ホルモンバランスの乱れによる機能性出血(①排卵期出血、②中間期出血)が原因のケースが多いです。

<①排卵期出血>
卵子が卵巣表面を破り出てくる現象によって起こる出血が、子宮や卵管を通って体外に流出します。

<②中間期出血>
生理前に一時的に女性ホルモンの分泌量が低下することで、本来の生理よりも早い時期に子宮内膜が剥がれ落ちて、出血してしまうことがあります。

病気のサイン?病院に行く目安

生理が終わったと思ったらまたきた

医師男性
・何度も起こる
・出血量が多い
・一週間以上出血が続く
・腹痛など他の症状を伴う
といった場合は、婦人科を受診してください。

生理が終わった後の出血が一回のみで繰り返さない場合は、一旦様子を見てもいいでしょう。

婦人科を探す

出血の原因は?

医師男性
原因として、
  1. 子宮内膜症
  2. 子宮頸管ポリープ
  3. 子宮がん
  4. 更年期
  5. 子宮膣部びらん
などが考えられます。

それぞれ、詳しく解説していきます。

※ここで解説するのは、「病気の一般的な症状」であり、症状の出方には個人差があります。

原因1.子宮内膜症

医師男性
本来、子宮の内側にできる子宮内膜が、それ以外の場所にできてしまう病気です。

主な症状としては、
不正出血、生理痛、性交痛、腰痛、貧血、便秘等が挙げられます。

<出血の特徴>

  • 生理のような出血が月に2、3回ある
  • 大量の経血量
  • 茶色の不正出血

原因2.子宮頸管ポリープ

医師男性
子宮の入り口周辺に発生する良性のポリープで、ほんの少しの刺激で出血する場合があります。

主な症状として、
不正出血、月経過多、貧血、下腹部の痛み等が出現します。

<出血の特徴>

  • 経血量が多い
  • 茶色の不正出血
  • 性交後の出血

原因3.子宮がん

医師男性
子宮がんの初期は、自覚症状があまり現れない場合が多いです。

<出血の特徴>

  • 茶色の不正出血(鮮血の場合もある)
  • おりものに血が混ざる
  • ツンと鼻をつくような、強い悪臭を伴う

原因4.更年期

医師男性
女性ホルモンの分泌量が低下することで、膣粘内の分泌物が減少して乾燥した状態になり、少しの刺激で出血を起こしやすくなります。

主な症状としては、
不正出血、生理不順、動悸、冷え、性交痛等、肌がカサカサする等が挙げられます。

<出血の特徴>

  • 少量の出血が続く
  • ドバっと大量に出血する
  • 茶色っぽい色の出血

原因5.子宮膣部びらん

医師男性
子宮や膣の入り口周辺がただれてしまい、出血を起こしやすい状態になっています。

主な症状としては、
痛み、かゆみ、炎症等を伴う場合があります。

<出血の特徴>

  • 鮮血や茶色の不正出血
  • 頻繁に出血する
  • 性交後の出血(鮮血)

頻発する生理を放置すると…

医師男性
月2回以上生理がくる症状をそのままにしておくと、悪性腫瘍等の重篤な疾患を見逃したり、他の疾患を併発してしまう可能性があります。

不妊症に繋がるケースもあります。

生理が頻発している方は、必ず病院に行くようにしましょう。

この症状は要注意!

特に、次のような場合は、早めに病院に行ってください。

  • 生理中と同じくらい、またはそれ以上出血している
  • ナプキンから漏れてしまうくらいの出血量
  • 7~10日以上出血が続く
  • 血液の塊が大量に出てくる
  • めまいやふらつき等、貧血が疑われる症状が出現している
  • 耐え難い月経痛が生じている

婦人科を探す

婦人科で受ける検査の流れ

医師男性
まずは問診で、
・月経周期や初潮の年齢
・病歴
・性交経験
・妊娠・出産経験の有無
等確認します。

その後、次のような検査を行います。

<触診>
押すと痛い部分があるかどうかや、しこり等の有無を確認します。

<内診>
手袋をした状態で膣内に指を入れて、子宮や卵巣の状態や、圧迫等による痛みの有無を確認します。

<超音波検査>
検査器具を膣内に入れて、子宮や卵巣の状態を確認します。

<細胞診>
子宮頸部細胞を採取して、がん等の異常細胞の有無を確認します。

上記に加えて、血液検査、尿検査、CT検査、MRI検査等が行われる場合があります。

婦人科を受診する際気をつけること

生理が終わったと思ったらまたきた

服装は?

医師男性
内診等の検査が行われるケースが多いため、着脱しやすい服装がおすすめです。

下半身は何も付けずに検査をするため、心配な場合は、スカートやロングソックスを着用していくと、少し落ち着くかもしれません。

生理中は避けるべき?

医師男性
受診する医療機関によりますが、生理中には行うことができない検査があるため、できるだけ生理前後の受診をおすすめします。

しかし、「出血しているときに来院してください」という案内があるケースもあるので、受診前に電話等で確認するといいでしょう。

合わせて読みたい
「鮮血の不正出血と下腹部痛」は放置NG!病気サイン可能性も。性行時の出血・激痛は要注意。
2021-08-23
「鮮血の不正出血と下腹部痛がある…これはなぜ?」 子宮の病気など、考えられる原因を解説します。 心当たりのある症状がないか、チェックしてみましょう。 子宮頸がんが隠れているケースもあるため、放置はキケンです。 不正出血(鮮血)と下腹部痛…これ大丈夫? 鮮血の不正出血と下腹部痛の症状には、 排卵出血 膣や子宮の炎症による出血 のいずれかが考えられます。 「排卵出血」とは、卵胞が破れたとき起こる出血です。 下腹部痛を伴いますが、病気ではないため心配いりません。 一方「膣や子宮の炎症」が原因の場合は、なんらかの病気が考えられます。 子宮頸がんなど、重い病気が隠れているケースもあるため、注意が必要です。 病院に行く目安 鮮血の不正出血と下腹部痛の症状があるときは、必ず婦人科・産婦人科を受診してください。 病気が隠れていないか、検査で調べる必要があります。 特に猛烈な下腹部の痛みがあるときは、早急な受診が必要です。 治療が遅れると出血多量で、命を落とす恐れもあります。 お医者さんに症状を伝えるポイント いつ頃から症状があるか 症状は発症するたびに重くなっているか 不正出血の起こる時期と量(少量〜大量で貧血を伴うなど) 下腹部痛のある部分 併発している症状(吐き気、頭痛、腰痛など) 妊娠を望んでいるか 過去の病歴 家族に婦人科系疾患を患った人がいるか 上記の点を医師に伝えましょう。 可能な限り詳しく伝えることで、診察がスムーズになります。 婦人科を探す 考えられる3つの病気 不正出血(鮮血)と下腹部痛の症状が出る場合、 子宮頸がん 宮内膜症 子宮筋腫 などの病気の可能性があります。 病気① 子宮頸がん  正常な細胞だったものががん化して、周辺細胞を悪性に変えてしまう病気です。 がんが進行し、末期になると下腹部痛や、尿や便に血が混じる症状が出ます。 主な症状 性交痛、性交時に出血する オリモノに血や膿が混じる 粘度の濃いオリモノが出る 水のようなオリモノが出る 下腹部痛、腰痛 尿や便に血液が混じる 子宮頸がんの原因 ヒトパピローマウイルスに感染することで発症します。 性行為で感染しますが、通常は免疫が働き排除されます。 しかし、免疫が低下している場合、排除されず、がん化して発症します。 喫煙習慣がある人は、発症リスクが上昇すると考えられています。 どんな治療を受けるの? 手術・放射線治療・薬物治療などがあります。 発見された際の進行状況に応じて治療方針を決めていきます。 婦人科を探す 病気② 子宮内膜症 本来、子宮の中に作られる内膜が、子宮以外の部分に作られてしまう病気です。 異常に増殖した子宮内膜が腹部を圧迫することで、下腹部痛が起きます。 生理のたびに病気が進行するのが特徴です。 子宮内膜以外の部分にできた内膜によって、通常以上に大量出血を起こすケースもあります。 主な症状 腹痛、腰痛 重い生理痛のような痛みが生じる 生理の出血量が多い 不正出血 性交痛 不妊 次第に出血量が多くなる傾向があり、ナプキンの交換が何度も必要になるケースもあります。 子宮内膜症の原因 原因不明の場合が多いです。 20〜30代の女性や、親が子宮内膜症を患っている人に発症しやすい傾向があります。 どんな治療を受けるの? 薬物治療・手術療法などがあります。 診療では、年齢や妊娠の希望などを含め、総合的に判断して最適な治療法を選択していきます。 婦人科を探す 病気③ 子宮筋腫 子宮に発生する良性腫瘍です。 子宮筋腫が周囲の臓器を圧迫すると、下腹部痛を感じるようになります。 月経量の増加や月経痛で受診したときに、発見されやすい病気です。 不妊、流産、早産を引き起こすため、妊娠を希望する場合は治療が必要です。 主な症状 月経痛 生理の出血量が増える 貧血症状 下腹部痛 子宮筋腫の原因 子宮筋腫の原因は解明されていません。 30歳以上の女性に多く見られる傾向があります。 どんな治療を受けるの? 月経を止める治療(偽閉経療法)や摘出手術などで改善を図ります。 ただし、症状によっては、経過観察で様子を見る場合もあります。 婦人科を探す ※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。 ▼参考 国立がん研究センターがん情報サービス 子宮頸がん
合わせて読みたい
「オリモノに血が混じる」時は少量でも要注意!生理じゃない不正出血は放置せず婦人科へ
2020-06-12
「おりものに少し血が混じる…。」 「病院に行った方がいい…?」 おりものに血が混じる原因をお医者さんに聞きました。 出血を放置するリスクや、病院へ行ったほうがいいケースについても解説します。 おりものに混ざる血…大丈夫? 生理直後は、経血が残っており、おりものに血が混じることもあります。この場合は、あまり心配する必要はありません。 下着やおりものシートはこまめに替えて、清潔に保ちましょう。 どれくらい血がでたら、病院に行くべき? 生理直後でもないのに、おりものに血が混じっていたり、出血があったりするならば、少量であっても病院を受診しましょう。何か病気が隠れている可能性があります。 おりものに血が混じるのを放置すると… 妊娠しにくくなったり、婦人科系疾患を見逃すといったリスクがあります。 痛みや不快感が続くのはもちろんですが、日常生活に支障をきたすようになったり、最悪の場合、ガンが他の臓器に転移することも考えられます。 病院に行くのが怖い!どんな検査をするの? まずは問診を行い、その後内診で出血している場所や状況を確認します。 超音波検査で子宮や卵巣の状況の確認や血液検査、細胞診を行うこともあります。 痛みを伴う検査はありますか? 特に大きな痛みを伴う検査はありません。 しかし、内診のとき緊張して力が入っていると、痛いと感じる人もいます。力を抜いてリラックスするようにしましょう。 また、細胞診で細胞をつまんだときに痛みを感じることもありますが、個人差があります。 検査はどれくらいの時間で終わりますか? どの検査をするのかにもよりますが、1時間以内に終わることがほとんどです。 婦人科を探す 重い病気の可能性 検査自体や結果を知るのが怖いという方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、おりものに血が混ざる症状には、重い病気が隠れている可能性もあります。 代表的な病気には 膣がん 子宮体がん 子宮頚がん が考えられます。 原因1.膣がん 膣癌は、膣の内側を覆う細胞ががん化する病気です。 膣の粘膜がただれることで出血しやすくなり、おりものに血が混ざることがあります。 主な症状 生理以外の時期、性交中や性交後の不正出血 閉経後の出血 感染症起こしやすくなる 性交中や排尿時に痛み 尿の回数が増える 便秘 等 治療方法 治療方法は、手術、放射線治療、化学療法です。がんのステージや症状などによって、治療法は異なります。 原因2.子宮体がん 子宮内膜から生じるがんで、おりものに血が混じることもあります。 主な症状 不正出血 閉経後の出血 尿を出しづらい 性交中や排尿時に痛み お腹の張り 等 治療方法 基本的には、子宮・卵巣・卵管を取り出す手術を行います。条件を満たせば、子宮を残すことも可能です。放射線治療や薬物療法も行われます。 原因3.子宮頸がん 子宮の入り口である子宮頸部にヒトパピローマウイルス(HPV)が感染し、異形成(※)ができて、そこから悪性腫瘍となる病気です。 異形成のころは出血はほとんどありません。 進行すると、膣がんや子宮体がんと比べて出血量が多いです。 ※異形成…がんの前段階となる病変したもの 主な症状 細胞ががん化していない時期には症状はない 生理以外の時期、性交中や性交後の不正出血(出血量が多く、繰り返す) 膿のようなおりものが増える 水っぽいおりものになる 血便や血尿 下腹部や腰の痛み 治療方法 ステージに合わせて、手術療法、放射線療法、化学療法などで治療をしていきます。 早期の受診がおすすめ おりものに血が混じる原因が重い病気であった場合、早い段階で治療を始めることが重要です。 また、病気の初期段階で治療開始する方が、治療法の選択肢も多くなります。 勇気を出して病院に行ってみてくださいね。 婦人科を探す
▼参考
一般社団法人日本家族計画協会 不正出血について
http://www.jfpa.info/wh/questions/docter/index.php?aid=113
ユニ・チャーム 不正出血が鮮血のときには何が原因?
https://www.sofy.jp/ja/advice/womens-diseases/16.html
花王株式会社 更年期の不調について
https://www.kao.co.jp/laurier/health/005/
徳島県医師会 不正出血
https://www.tokushima.med.or.jp/kenmin/doctorcolumn/hc/451-536
公益社団法人 日本産科婦人科学会 不正出血
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=7
一般社団法人桑名医師会 婦人の出血と下腹部痛
https://www.kuwana-med.com/kakaritsuke/aim/page23.html

オンラインのピル処方はこちら

初診OK!
当日診療OK!

「PMSがひどい」
「肌荒れしてしまう」
医師と相談しながら、あなたに合うピルを見つけましょう。

診察の予約はこちら
CLINIC FORのオンラインピル処方

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 362
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事