生理みたい!着床出血量が多いと危ないの?注意すべき出血と受診目安|医師監修

更新日:2022-05-12 | 公開日:2022-04-01
10
生理みたい!着床出血量が多いと危ないの?注意すべき出血と受診目安|医師監修

「着床出血の量が多い!」
「ずっと出血が続いている…」

これは大丈夫なの?
生理なのか、妊娠しているのか知りたい。

お医者さんが、着床出血について解説します。

監修者
石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

着床出血が多いことってあるの?

医師男性
出血があったとしても、少量であることが一般的です。

例えるなら、「トイレの際にティッシュに少し血がついた」程度、まれにいる出血が多い方でも「生理が始まったかなと思ったらそのまま出血が終わった」ようなイメージです。

着床出血の体験談

女性
普通用のナプキンに、こげ茶色の出血がほんの少しありました。
生理にしてはだいぶ少ないなと思っていました。
(2歳の女の子のママ)
女性
ナプキン1枚に収まる程度の量でした。
(現在妊娠中のプレママ)

着床出血の量が多いとキケンなの?

出血が1週間以上続いています…。
大丈夫なのでしょうか?
女性
医師男性
出血量が多いと、体に異常が出ている可能性が高いです。

着床出血とは、通常は量が少ないものです。出血がない人もいます。
この時期に出血が多い場合や出血の期間が長い場合は、女性の「体の異変」や「生理」が原因であると考えられます。

「出血が多いけど、いつもの生理とも違う感じだな」と思った場合は、できるだけ早く病院を受診しましょう。病院で出血場所の確認をし、医師の指示を仰いでください。

産婦人科を探す

「生理」と「着床出血」の見分け方

女性の体温グラフ

通常の生理の場合は、出血がみられたと同時期に基礎体温が下がります。しかし…

医師男性
着床出血の場合は、妊娠しているため基礎体温は高いまま、下がりません。

自己判断よりも、早期受診を

基本的には、「着床出血の場合、出血量は少ない」と考えましょう。

医師男性
・生理以外の出血だと感じた
・出血量が多い
・出血が続いている
・強い腹痛を伴う急な出血が出た
といった場合は、病院受診をお勧めします。

上記の場合、様々な婦人科疾患の可能性が高くなります。自己判断はリスクを伴うため、病院を受診しましょう。

産婦人科を探す

先輩ママがおすすめする妊活サプリNo.1※

8大妊活応援成分を配合!
妊活専門の管理栄養士が計算しつくした成分を配合した、妊活に取り組む夫婦のためのサプリです。

makana公式サイトはこちら

※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ社
調査方法:インターネット調査
調査機関:2021年2月19日~22日
調査対象:全国の20代後半~40代の女性1015名
調査概要:妊娠サプリ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 10
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

おすすめ記事
関連記事