もう嫌!顔の湿疹が治らない!早く治すには?皮膚科に行くべき?医師監修

公開日:2020-06-05 | 更新日:2020-12-18
15
もう嫌!顔の湿疹が治らない!早く治すには?皮膚科に行くべき?医師監修

「顔の湿疹が治らない!」

湿疹の原因と対処法をお医者さんに聞きました。
早く治す方法をはじめ、やってはいけない対処法も解説します。
病院へ行った方がいい症状もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


監修者

長谷川 佳子 先生

小田原銀座クリニック
形成外科医

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

なぜ?顔の湿疹が、なかなか治らない!

医師女性
顔の湿疹がなかなか治らない場合、アレルギー反応の可能性があります。
また、肌状態は健康状態にも左右されます。ストレス疲れ食生活の乱れなどでも湿疹が治らないがあります。

<アレルギーの原因の例>

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • 乾燥
  • メイク
  • シャンプー
  • ボディソープ
  • 金属

ずっと治らないと…どうなっちゃうの?

湿疹が慢性化すると、皮膚が硬くなり、黒ずみ跡が残ることがあります。

先生教えて!早く治す方法は?

「スキンケアのコツは?」「市販薬を何を選べばよいの?」
自宅でできる顔湿疹のセルフケア方法をご紹介します。

洗顔方法

医師女性
皮脂の表面についた汚れをしっかりと洗い流すことが大切です。

<スキンケアの4ポイント>

  1. 低刺激の石けんを使う
  2. 優しく洗う(こすりすぎない)
  3. 石けんは少量を泡立てて使う
  4. 石けんが残らないように、しっかりすすぐ

スキンケアの方法

医師女性
しっかり石鹸を洗い流した後は、乾燥を防ぐため保湿をします。

乾燥がひどくないときはローションタイプ、乾燥がひどい時はクリームタイプがおすすめです。まずは手を清潔にして行いましょう。こすらずに、力を入れず塗ります。傷口がある場所は避けましょう。

<ローションの場合>
適量を手のひらにとり、その後、手のひらで皮膚に馴染ませるようにやさしく伸ばします。

<クリームの場合>
人差し指でクリームをとって、肌に点在させ、その後、手のひらで皮膚に馴染ませるようにやさしく伸ばします。

皮膚の乾燥は湿疹や痒みの悪化につながります。保湿剤は刺激の少ないものを選び、優しく全体に伸ばすように塗りましょう。

市販薬の選び方

皮膚の炎症を抑えるもの:ステロイド外薬
痒みを伴うもの:抗ヒスタミン薬

原因にもよりますが、基本はステロイド外薬を使用します。
しかし、自己判断はせずに病院を受診することをおすすめします。

皮膚科を探す

やってはいけない“絶対NG”ケア

お医者さん

皮膚を清潔するために、強い力で顔を洗うと皮膚を傷つけてしまい、逆効果になります。
また、1日のうちに何度も洗顔を行うと、皮膚が乾燥してバリア機能が低下してしまうため、注意しましょう。洗顔は、1日2回~3回ほどでよいでしょう。

セルフケアでは治りにくいことも!

医師女性
セルフケアでは湿疹の原因がわかりません。
そのため、皮膚科を受診して、原因にあった薬を処方してもらうことをおすすめします。

肌荒れで、皮膚科に行ってもいいの?

医師女性
肌荒れで皮膚科を受診しても大丈夫です。

肌荒れの原因は、人によって様々です。
そのため、原因を突き止めて正しい治療をすることが、早く治すためには必要になります。

また、合わない市販薬を使い続けるより、症状に合った薬を使う方が、金銭的にも安く済みます。

皮膚科を探す

湿疹が出る病気の場合も…

湿疹がでる「病気」のケースもあります。

病気1. 光線過敏症

医師女性
日光アレルギーとも呼ばれます。
日光に皮膚が過敏に反応して、炎症が生じることをいいます。

<湿疹の特徴>

  • 日光にあたると、赤くなり炎症を起こす
  • 皮膚が腫れる
  • 水ぶくれができる
  • かゆみを伴う

病気2. 帯状疱疹

医師女性
水疱瘡のウイルスによって発症する感染症です。水疱瘡にかかったことのある人なら、誰でもなる可能性があります。

体の片方だけ(右半身だけ、左半身だけ)に症状が出ている場合は、帯状疱疹の可能性が高くなります。

水疱瘡は、治癒してもウイルスが体内に残っています。
ストレス疲れ加齢などが原因で免疫力が低下した際に、潜伏していたウイルスが活性化し、皮膚に発疹が起こります。

<湿疹の特徴>

  • 数日間、神経痛のような痛みがある
  • 水ぶくれのような赤い発疹が現れる
  • 強い痛みが起こる

病気3.アトピー性皮膚炎

医師女性
肌のバリア機能が低下し、皮膚が炎症を起こし、かゆみや湿疹を繰り返す病気です。

<湿疹の特徴>

  • かゆみがある
  • 赤みやささくれだって皮が剥ける
  • 良くなったり、悪くなったりを繰り返す

病気4.全身性エリテマトーデス

医師女性
原因が不明な難病です。

自分の体を自分の免疫が攻撃をし、自己免疫反応により自分の体に様々な炎症が起こる病気です。

38度以上の発熱全身倦怠感、関節痛などの症状が現れます。

<湿疹の特徴>

  • 顔や耳、首の周りなどに蝶の羽のような紅斑がでる
  • 痛みやかゆみはない

こんな症状なら皮膚科へ

病院

医師女性
基本的に、湿疹が出たら早めに皮膚科を受診しましょう。

跡が残ってしまったり、早く治すのを予防するためにも、早期受診が大切です。

特に、

  • 湿疹が増える
  • 湿疹に痛みがある
  • 発熱
  • 疲労感
  • 全身倦怠感
  • 食欲不振

という症状を伴う場合は、悪化していたり、深刻な病気の可能性もあるのですぐに受診するようにしましょう。

病院での治療法

塗り薬や飲み薬で治療を行います。

皮膚科を探す

参考
公益財団法人 日本皮膚科学科会
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa7/s2_q05.html
第一三共ヘルスケア ひふ研
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_hifuken/symptom/shisshin/
かゆみナビ
https://www.kyowakirin.co.jp/kayumi/
東京医科大学病院 お薬のしおり
https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/yakuzai/data/138.pdf
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 15
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード