浮動性めまいが治らない原因|病院は何科?「メニエール病」の可能性も

公開日:2020-09-15
1
浮動性めまいが治らない原因|病院は何科?「メニエール病」の可能性も

「浮動性めまいが治らないのはなぜ?」

いつまでも症状が治らない場合は、メニエール病などの病気が原因になっているかもしれません。

改善方法病院を受診する目安などをお医者さんにうかがいました。


監修者

瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

なぜ?浮動性めまいが続く「原因」

医師男性

毎日のように浮動性めまいが続いている場合

  • 貧血
  • 低血圧
  • 自律神経の不調

が原因となっている可能性があります。また、様々な病気が原因となっているケースもあるので、注意が必要です。

治らないめまいの「改善方法」

まずは、生活習慣を整えましょう。

  • 1日3食、偏らずバランスのよい食事を摂る
  • 適度な運動を習慣化する(ジョギング、ヨガ、ストレッチ等の有酸素運動)
  • 十分な睡眠時間、休息時間を確保する

などを心がけてください。ストレスを溜めこまないようにすることも大切です。

医師男性
原因に合った治療を受けることで快方に向かうケースが多いです。

・何日も続くめまい
・季節や体調によって発症するめまい
にお悩みの場合は、病院を受診しましょう。

どんな「病気」の可能性があるの?

医師男性

生活習慣を改善しても治らない場合や、他にも症状が出ている場合、

  1. メニエール病
  2. 突発性難聴
  3. 良性発作性頭位めまい症
  4. 内耳炎
  5. うつ病

の可能性があります。

原因①:メニエール病

医師男性
ストレス、不眠、疲労などが耳の機能に影響し、平均機能障害、聴覚障害が起こる病気です。

几帳面で、周りに迷惑をかけたくないと考え込む人に多い病気とされていますが、一概には言えません。

症状の特徴

めまい、難聴、吐き気、嘔吐、耳の詰まり感などを度々繰り返します。

原因②:突発性難聴

医師男性
原因は明らかにされていませんが、ストレス過多、過労、睡眠不足、糖尿病を患っている方に起こりやすい病気です。

幅広い年代で発症しますが、40〜60代の働き盛りの人に多いとされています(ただし、若い方でも発症することがあります)。

症状の特徴

片耳、もしくは両耳の聞こえが突然悪くなります耳鳴りめまいを伴います。

原因③:良性発作性頭位めまい症

医師男性
通常、耳の内耳にある耳石がそこからはがれ、三半規管に入った時に発症します。その後、頭の位置が変わると三半規管が刺激され、めまいを感じるようになります。

加齢によって発症しやすくなる病気ですが、耳の手術・ケガ・病気が原因で発症することもあります。

症状の特徴

起き上がる、かがみ込むなど、頭を動かすときにめまいを感じます。めまい症状は何度も発症しますが、数秒〜数分でおさまることがほとんどです。
浮動性のめまいだけでなく、回転性のめまいを感じることが多い病気です。
吐き気や嘔吐を伴うこともありますが、難聴や耳鳴りは通常ありません。

原因④:内耳炎

医師男性
細菌感染、慢性中耳炎の悪化、髄膜炎などが原因で、聴感と平均感覚を司っている耳の内耳に炎症が起きる病気です。

免疫の低下している人や高齢者に多い病気です。

症状の特徴

めまいの他に、難聴耳鳴りなどが生じます。
一度この病気で聴力が悪くなると、取り戻すのは難しいと考えられています。

耳鼻いんこう科を探す

原因⑤:うつ病

医師男性
うつ病になると、精神面での症状が現れる前に体に影響が出て、めまいの症状があらわれることがあります。

うつ病とめまいの関係は、まだよくわかっていないこともありますが、不眠と密に関わっていると考えられています。
真面目で責任感が強い人はうつ病を発症しやすいとされていますが、一概には言い切れません。

症状の特徴

ふわふわとしためまい頭重感があらわれることが多いです。

すぐに病院を受診したほうがよいケース

浮動性めまい 治らない

めまい以外に、

  • 強い吐き気
  • 耳鳴り
  • 手や腕のしびれ

などの症状があらわれている場合は、念のため、病院を受診しましょう。

要注意な症状

めまいに合わせて…

  • 手足のしびれや麻痺
  • 言語視力障害
  • 強い頭痛

などの症状があらわれている場合は、脳梗塞や脳出血を起こしている可能性があるので、救急で受診してください。

浮動性めまいは何科に行く?

基本的には、耳鼻いんこう科を受診しましょう。

耳鼻いんこう科を探す

めまい以外に手足の痺れがある場合は、脳出血・脳梗塞の恐れがあるので、早急に脳神経内科脳神経外科、または救急で受診しましょう。

脳神経内科・脳神経外科を探す

他の思い当たる原因がなく、うつ病の可能性がある場合は、心療内科を受診しましょう。

心療内科を探す

※病気の状態や各医療機関の設備によって、違う診療科目を紹介される場合があります。心配な場合は、電話等で事前に確認してみましょう。

お医者さんに症状を伝えるポイント

診察では、次のことを伝えられるようにしておくといいでしょう。

  1. めまいがあらわれるようになった時期
  2. めまいを感じやすいタイミング(横になっている時、大きな音を聞いた時、首を回したときや上を向いた時 等)
  3. めまいの感じ方(ぐるぐるする、フラフラする 等)
  4. めまいを感じる時間はどのくらいか
  5. めまい以外の症状(吐き気、痺れ、脱力感など)
参考
国立循環器病研究センター循環器病情報サービス めまいと循環器秒
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/general/pamph30.html
MSDマニュアル 良性発作性頭位めまい病
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/19-耳、鼻、のどの病気/内耳の病気/良性発作性頭位めまい症

監修者

瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 1
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

キーワード