めまいに冷や汗、血の気が引く「迷走神経反射」とは。病院行くべき?

更新日:2021-11-29 | 公開日:2020-12-09
212
めまいに冷や汗、血の気が引く「迷走神経反射」とは。病院行くべき?

めまいがして、冷や汗も出てきた…。
血の気が引いて立っていられない…。

それは「迷走神経反射」かもしれません。
突然気を失いそうになるのはなぜなのか、お医者さんに詳しく聞きました。


監修者

永澤 守 先生

かつしかキュアクリニック
院長

永澤 守先生

経歴

平成14年福井医科大学(現福井大学医学部)卒業
岐阜大学高齢科神経内科入局後松波総合病院にて内科研修、
岐阜大学高次救命救急センター出向。
美濃市立美濃病院内科。
東京さくら病院及び同認知症疾患センター勤務の後
令和元年7月かつしかキュアクリニック開業。

まずはこう対処しよう

医師男性
めまいが起きたときは、まず安静にしてください。

しゃがむ、座る、横になるなどして、一旦様子を見ましょう。
刺激を避けられるよう、暗く静かな場所で休んでください。

なお、

  • 激しい頭痛がする
  • ろれつが回らない
  • 顔や手足にしびれ
  • 物が二重に見える

といった場合は、早急な受診が必要です。

内科を探す

血の気が引くめまいは「迷走神経反射」かも

医師男性
自律神経の乱れによるめまい・立ちくらみ・失神を、「迷走神経反射」と言います。

副交感神経が過剰反応することによって、脳に十分な血液が届かなくなっている状態です。

症状が治まるまでの時間は?

医師男性
迷走神経反射は、30秒~5分で治まるケースが多いです。

迷走神経反射が起こりやすいタイミング

  • 精神的ストレスを受けたとき
  • 強い痛みを感じたとき
  • せきこんだとき
  • 排便しているとき
  • 長時間立っているとき
  • 腹部の内臓疾患による刺激が加わったとき

迷走神経反射になりやすい人

  • 若い女性(特に生理中)
  • ストレスを感じやすい人
  • 疲労が溜まっている人
  • 立ち仕事を習慣にとしている人
  • 睡眠が足りていない人
  • 激しい運動を行う人
  • 下痢、嘔吐の症状がある人

こんな症状が出たら失神に注意

  • めまい、立ちくらみ
  • 冷や汗
  • 血の気が引く
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 視野がぼやける
  • ふわふわする感じになる
  • 手足のしびれ
  • 過呼吸
  • 眠くなる
医師男性
上記症状が出たときは、すみやかに安全な場所に移動してください。

道路などで失神が起こると、事故に遭う恐れがあります。

症状を繰り返さないために

風邪 鼻水 食事

医師男性
  1. バランスの良い食生活
  2. 十分な睡眠
  3. 適度な運動

で、迷走神経反射を防ぎましょう。

実際に「どのように対策をすればいいのか」を解説します。

①バランスの良い食生活

医師男性
自律神経を整えるには、栄養バランスの良い食事が大切です。

特に、血流改善の作用がある青魚ビタミンEを、積極的に摂ってください。

\おすすめ食材/

青魚  マグロ、サンマ、サバ
ビタミンE  かぼちゃ、アーモンド、アボカド

また、1日3食、毎日決まった時間での食事を心がけてください。
特に朝食は、自律神経を切り替えるスイッチとして役立ちます。

また、お酒を控えて、水分補給をしっかり行ってください。

②十分な睡眠をとろう

医師男性
しっかりと睡眠をとり、心身に溜まった疲れを回復させましょう。

夜に入浴すると、質の良い睡眠を摂りやすくなります。

③適度な運動をしよう

医師男性
脳の血流不足を防げるよう、運動で血行を促進させてください。

ストレッチやスクワット、ウォーキングなど無理なく継続できる運動がおすすめです。

また、立ち上がるときにめまいが起こる方は、起立調節訓練も行いましょう。

起立調節訓練のやり方(1日2回が目安)

  1. 立った状態で壁に背中をつける
  2. かかとだけを、壁から15cm程前に出す
  3. そのままの状態で30分間キープ


※気分が悪くなったら、すぐに中断してください。

注意!病気の可能性も

医師男性

迷走神経反射には、

  • 心臓の病気(不整脈、狭心症)
  • 消化器の病気(胃潰瘍、腹部大動脈瘤破裂)
  • 脳の病気(脳腫瘍、脳梗塞、てんかん)
  • 肺の病気(肺動脈血栓症)

などが隠れていることも考えられます。

めまいだけでなく、次のような症状もある場合は、早急な受診が必要です。

<特に注意する症状>

  • 胸の痛み
  • 激しい頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 麻痺や痺れ
  • 物が二重に見える
  • 息切れ、息苦しさ

受診するのは何科?

医師男性
内科、脳神経内科を受診しましょう。

内科を探す

不安な症状は早めに病院へ

めまい 冷や汗 血の気が引く

医師男性
めまいには、重い病気が隠れているケースもあります。

病気の進行を防ぐには、早期受診が重要です。
症状が心配な方は、一度病気で検査を受けてみましょう。

合わせて読みたい
2歳 食事
2019-11-01
貧血になると、吐き気を伴うことがあります。これはなぜなのでしょう? 女性の場合は、生理とも関係あることも…。 貧血に伴う「吐き気の原因」から「対処法」までを、医師に教えていただきました。
合わせて読みたい
2歳 食事
2020-12-15
「吐き気がするほど腹痛がひどい…」 「冷や汗も止まらない…」 この症状から考えられる原因と対処法を、お医者さんに聞きました。

監修者

永澤 守 先生

かつしかキュアクリニック
院長

永澤 守先生

経歴

平成14年福井医科大学(現福井大学医学部)卒業
岐阜大学高齢科神経内科入局後松波総合病院にて内科研修、
岐阜大学高次救命救急センター出向。
美濃市立美濃病院内科。
東京さくら病院及び同認知症疾患センター勤務の後
令和元年7月かつしかキュアクリニック開業。

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 212
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード