足の「親指だけ」しびれる…2つの原因と対処法【重い病気のリスクも】

更新日:2022-08-30 | 公開日:2021-02-24
170
足の「親指だけ」しびれる…2つの原因と対処法【重い病気のリスクも】

「足の親指だけしびれる…」
「足の親指の感覚がおかしい…」
これって大丈夫?

足の親指がしびれる原因と対処法について、お医者さんに聞きました。
キケンな病気の可能性もあるので、心当たりのある方は要チェックです。

監修者
河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

足の親指だけがしびれる…これはなぜ?

医師男性
神経が圧迫されているなどの原因で、足の親指の神経に障害が起こっている可能性があります。

病気以外に考えられる原因としては

  1. 靴が合っていない
  2. 外反母趾

などが考えられます。

原因① 靴が合っていない

医師男性
合っていない靴を履くと足に負担がかかり、神経を圧迫してしまい、しびれが起こります。

「サイズが小さすぎる」「歩いていると足が痛い」場合は、靴が合っていません。
長期的に合っていない靴を履いているとしびれも長期化します。

<対処法>
圧迫しない靴、足に合う靴を履きましょう。
足のサイズ・足幅・親指の角度などを計測してくれる靴店での購入をおすすめします。

原因② 外反母趾

医師男性
外反母趾によって足の指が変形すると、足の親指の神経が圧迫され、しびれが起こることがあります。
<対処法>
かかとが高い靴、先端が細い靴を控えてください。
親指と人差し指の間にタオル等を詰めて、間を広げましょう。

外反母趾の症状がひどい場合には、整形外科での治療をおすすめします。

整形外科に行く目安

医師男性
  • 靴を替えても足の親指のしびれが続く
  • 外反母趾の症状がつらい

という場合は、整形外科の受診をおすすめします。

しびれが消えない時は、一人で抱え込まずに病院で相談しましょう。

また、足の親指のしびれは、靴などの外的要因以外にも、病気の可能性もあります。
早めの受診は病気の早期発見につながります。

まずは、整形外科に相談してみましょう。

整形外科を探す

「糖尿病かも」ピリピリ・ジンジンとしたしびれは要注意!

医師男性
足先のピリピリ、ジンジンしたしびれは、「糖尿病性神経障害」の初期症状の一つの可能性があります。血糖値が高い方は、糖尿病性神経障害に注意しましょう。

「糖尿病性神経障害」とは、糖尿病によって神経が痛めつけられている状態です。
足や手などの末端神経からしびれや痛みなどの症状が発生します。

「糖尿病性神経障害」の症状

  • 足先のしびれ(両足に起こることが多い)
  • 手のしびれ
  • 足先の冷え
  • 足の裏に何かが張り付いているような感覚 など

どう対処する?

医師男性
糖尿病性神経障害が疑われる時は、速やかに内科や糖尿病内科を受診し、診察と検査を受けましょう。

病院に行かずに放置した場合、足に血液が届かなくなり、壊死して、切断となることがあります。

糖尿病内科を探す

「脳の病気かも」片側のしびれは要注意!

医師男性
「脳出血」や「脳梗塞」など脳の病気が原因でしびれを感じることもあります。
体の片側に違和感があることが多いです。

「脳の病気」の初期症状
急に以下のような症状がでてきたときは、脳の病気の可能性が高いです。

  • 手足に違和感がある
  • 体の片側にしびれがある
  • 言葉が出にくくなった
  • 呂律が回らない
  • うまく歩けない
  • めまい
  • 頭痛 など
医師男性
脳の病気の可能性がある場合は、脳神経内科や脳神経外科を受診しましょう。

脳神経外科を探す

「自分では原因がわからない…」何科に行くべき?

医師男性
まずは整形外科にいきましょう。

特に「しびれが時間とともに強くなる」「足のしびれ以外の症状もでてきた」という場合は、早めに受診しましょう。

整形外科を探す

合わせて読みたい
何これ?足の指の感覚がおかしい…病院は何科?糖尿病やヘルニアかも
2021-06-18
「足の指の感覚がおかしい…」 「これってもしかして糖尿病?」 「足の指の感覚がおかしい」と感じる症状について、お医者さんに聞きました。 考えられる原因や、放置すると危険な病気の可能性についても解説します。 足の指の感覚がおかしい…これ大丈夫? きつい靴を無理して履いた・足先が冷えているなどが原因で、一時的に血流が悪くなり、感覚がおかしくなることがあります。この場合はあまり心配しなくて大丈夫です。 このような原因の場合は、血流が良くなれば感覚も戻るでしょう。 ただし、 症状が3~4日以上続いている 触っても感覚が戻らない しびれているように感じる 痛みを感じる といった場合は、病気を疑う必要があります。 上記に当てはまる症状がある方は、早めに医療機関を受診しましょう。 病院は何科? 足の指の感覚がおかしい場合は、整形外科を受診しましょう。 整形外科を探す 考えられる2つの病気 足の親指の感覚がおかしい場合、 糖尿病性神経障害 腰椎椎間板ヘルニア が原因となっているケースが多いです。 それぞれ詳しく解説していきます。 病気① 糖尿病性神経障害 糖尿病は、高血糖が続くことで血管や神経などに障害が出る病気で、多くの合併症を発症します。神経に異常が出る合併症を「糖尿病性神経障害」と言います。 親指の感覚がおかしくなるというのも「糖尿病性神経障害」の症状の1つです。 他にも、「糖尿病性神経障害」の症状には、 しびれ 痛み 何かがくっついているように感じる 刺されているように感じる などがあります。 このような症状は特に、足先・足裏から発症します。 他にも、こんな症状はありませんか? 次のような症状がある場合は、糖尿病の可能性があります。 「足の指の感覚がおかしい」と感じる以外に、当てはまるものはないかチェックしてみましょう。 排尿障害 疼痛 立ちくらみ 不整脈 皮膚の潰瘍 便秘、下痢 ED 顔面神経麻痺 など 糖尿病の原因 暴飲暴食、甘い物の食べ過ぎなどで“高血糖状態”が長く続き、血糖をコントロールできなくなるのが原因です。 食後に血糖値を下げるインスリンの働きが鈍くなり、高血糖状態が続くと発症します。 どんな人が発症しやすい? 糖尿病は、 甘いものが好きな人 食事のリズムが不規則な人 肥満傾向の人 ストレスが多い人 喫煙者 過度の飲酒をする人 などが発症しやすいです。 どう対処すればいい? 糖尿病を発症している場合は、専門医の治療、サポートを受けましょう。 放置すれば、足の感覚異常だけでなく、全身に症状が及ぶ危険性があります。 病院は何科? 糖尿病性神経障害の疑いがある場合は、内科を受診しましょう。 内科を探す 病気② 腰椎椎間板ヘルニア 椎間板が本来あるところから飛び出してしまい、神経を圧迫することで、その神経の末端である足の親指などに症状が出ることがあります。 腰椎椎間板ヘルニアになると、しびれ、感覚異常、痛みを感じます。 腰椎の間にあるべき、椎間板が飛び出してしまうのが原因です。 他にも、こんな症状はありませんか? 腰椎椎間板ヘルニアになると、他にもこんな症状が現れます。 足のふくらはぎの外側から足の親指にかけての痛み、しびれ 膝の後ろ側から足の裏側にかけての痛み、しびれ お尻の痛み、しびれ 足の痛み、しびれ 腰椎椎間板ヘルニアの原因 中腰作業が多い人や、長時間の座り仕事、運転など腰に負担のかかる生活は腰椎椎間板ヘルニアの原因です。 どんな人が発症しやすい? 腰椎椎間板ヘルニアは、 赤ちゃんのお世話をしている人 デスクワークの長い人 長時間運転をする人 などに発症しやすいです。 どう対処すればいい? 背筋を伸ばして、腰に負担のかからない姿勢をとるようにしましょう。姿勢を意識しても良くならない場合は、一度医療機関を受診しましょう。 病院は何科? 腰椎椎間板ヘルニアを疑う場合、整形外科を受診しましょう。 整形外科を探す 放置はNG!全身に広がる前に病院へ! 足が痺れるようなことをしていないのに、いつまでも感覚がおかしい場合は、神経系統の異常が考えられます。 「糖尿病」や「ヘルニア」は見過ごしていると、全身に症状が及ぶ危険性があります。早めに医療機関を受診しましょう。 「糖尿病」は、症状が進むと足が壊疽(えそ)を起し、切断しなければいけないこともあります。 「腰椎椎間板ヘルニア」は、神経障害が広範囲に及ぶ場合もあります。 病院は何科? 「糖尿病」が疑える場合には、内科を受診しましょう。 「腰椎椎間板ヘルニア」が疑える場合には、整形外科を受診しましょう。 内科を探す 整形外科を探す ▼参考 公益社団法人日本整形外科学会 腰椎椎間板ヘルニア 日本臨床内科医会 糖尿病性神経障害
合わせて読みたい
立ち仕事で足の親指の感覚がない!解消法は?病気が原因のケースも|医師監修
2021-06-18
「立ち仕事で足の親指の感覚がない…」 「解消法は?病院に行くべき?」 立ち仕事によって足の親指の感覚がなくなる症状について、お医者さんに聞きました。 日ごろから気を付けるべき習慣や解消法、病気の可能性についても解説します。 立ち仕事で「足の親指の感覚がない」どうする? 立ち仕事をするうえで、親指を圧迫する姿勢や、靴による神経への圧迫によって、一時的に足がしびれを起こし、感覚がなくなっている場合が多いです。 その場合は、 血流をよくする 圧迫を解除する ことが効果的です。 STEP1.血流をよくしよう! ゆっくり入浴をしてお湯で温めましょう。 血流が良くなり、しびれもよくなるでしょう。足湯も同じ働きがあります。 STEP2.圧迫を解除する きつい靴や靴下などは脱ぎ、圧迫されている状態を解除しましょう。 また、足の指をグー・パーというように良く動かすのも良いでしょう。 足の負担を軽減!普段からから心がける2つのこと 足の親指の麻痺を予防するために、普段から 足をマッサージする 温かい服装を心がける(特に下半身) の2つを心がけましょう。 その① マッサージをしよう! 普段からマッサージを行い、足の血流を良くしておくとしびれにくくなります。 足のマッサージの方法 親指で、足の土踏まずを足指側に押し上げる(何度も繰り返すと、足がポカポカしてきます) 足の指でグー(ぎゅっと閉める形にする)パー(全部の指を広げる)を繰り返す その② 温かい服装を心がける 厚着をして、体・足を冷やさないことも、血流を保つために大切と考えます。 厚手の靴下やタイツを履く、スニーカー、ブーツなど足を冷やさない靴を選ぶなど、下半身を特に厚着するなどして足を冷やさないようにしましょう。 注意!「病気」が潜んでいることも… 足の感覚の違和感は、 外科疾患(ケガや骨などの異常) 内科疾患(内臓や血液の異常) のサインであるケースもあります。 「外科疾患」のケース 足根管症候群・腰椎椎間板ヘルニアなどが考えられます。 \こんな症状でていませんか?/ 足根管症候群・腰椎椎間板ヘルニアなどの外科疾患の場合、足の親指の感覚がなくなる症状に加え、 痛み 腰痛 下肢のしびれ  などの症状がみられることもあります。 外科疾患を放置すると… 痛みやしびれが、足だけでなく下肢全体に広がると歩行が難しくなります。 麻痺(筋力低下)を生じることもあります。 「内科疾患」のケース 糖尿病・閉塞性動脈硬化症なども考えられます。 \こんな症状でていませんか?/ 糖尿病・閉塞性動脈硬化症などの内科疾患の場合、足の親指の感覚がなくなる症状に加え、 頻尿 傷が治りにくい、膿みやすい 親指だけでなく足の指や足全体の感覚異常 排尿障害 痛み なども生じることがあります。 内科疾患を放置すると… 感覚異常の悪化や、感染症にかかりやすくなったり、手にもしびれが広がったり、痛みを感じたりするようになります。 病院は何科? 足の親指の感覚がないときは、まずは整形外科を受診しましょう。 ※糖尿病などの内科疾患に心当たりがある場合は、内科・糖尿病内科を受診しましょう。 足の親指の麻痺は、意外なところに原因があることがあります。 例えば糖尿病や閉塞性動脈硬化症は、日常生活に支障が出る様々な症状を呼び寄せます。 長期間症状を放置するのは、原因となっている“危険な病気”の放置にもつながります。 早期受診によって病気の進行などのリスク軽減に繋がります。 整形外科を探す

※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 170
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事