おたふく風邪はどううつる?感染経路や期間、予防法も|医師監修

更新日:2022-02-18 | 公開日:2022-02-18
7
おたふく風邪はどううつる?感染経路や期間、予防法も|医師監修

おたふく風邪は、冬から初夏ごろまでが感染が多い時期です。

大人にうつると重症化しやすい傾向があります。

「どういう感染ルートからうつるのか」「いつからいつまで感染するのか」をお医者さんに聞いてみました!


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

おたふく風邪の「感染経路・期間」

医師男性

おたふく風邪の感染ルートは「飛沫感染」と「接触感染」の2つです。

  • 飛沫感染の例…ウイルスが入った咳を吸い込む
  • 接触感染の例…ウイルスが付着した手が体に触れる

人にうつしてしまう期間は、耳下腺の腫れがでる数日前~腫れが引くまでです。

おたふく風邪の病原体はムンプスウイルス(mumps virus)です。このウイルスの潜伏期間は2~3週間。「おたふく風邪だ」と気がつく前から、ウイルスを排出しています。

▼おたふく風邪の経過(目安)

 

症状

日数目安

潜伏期間

なし

2~3週間程度

発症

耳の周り・あごの下・舌の周りなどに腫れ、高熱

女性:下腹部痛、吐き気、不正出血

男性:急激な精巣の痛み・腫れ・発熱・倦怠感

1~2週間程度

(発熱は2〜3日程度、痛みのピークは腫れが出てから数日間)

回復

上記症状が少しずつ改善される

おたふく風邪の「予防方法は?」

医師男性

おたふく風邪の原因のムンプスウイルスは感染力がとても高いです。免疫がない人は容易に感染します。そのためおたふく風邪から子どもを守れるのは、現在予防接種だけです。

また、おたふく風邪が流行る時期はマスクの着用・手洗い・うがいを行わせましょう。

家族が感染したら…どうすれば?

医師男性
もし家族のうちの誰かが感染してしまったら、他の人はマスクの着用・手洗い・うがいを徹底して予防に努めてください。
ただし、上述の通り、ムンプスウイルスの感染力は非常に強く、完璧に予防することは困難です。

これまで、おたふく風邪にかかっていないのであれば、予防接種を受けることが最善といわれる予防策です。過去に一度おたふく風邪にかかっている場合は、免疫ができているので、基本的には再びかかることはありません。

もし感染してしまった場合は、消化に良いものを食べ、自宅で安静に過ごしましょう。

予防接種が大切です

基本的には、子どもが1歳を過ぎたら、予防接種を受けさせましょう。予防接種を受ければ、万が一発症しても軽い症状で済みます。

1回の予防接種では免疫がつかない場合があるので、2回接種を行ってください。日本では任意予防接種ですが、1歳以上であれば予防接種を受けられます。費用目安は5000円前後であることが多いです。(医療機関や為替の変動によっても異なります。)

おたふく風邪の予防接種はなぜ任意なの?

ワクチン接種後の無菌性髄膜炎等の問題があり、1993年に定期接種は中止されました。

ワクチンの副反応はあるものの、重篤な副反応の頻度は0.1%未満ですので、安全性は高いと考えて良いでしょう。

「子ども」は軽症で済むことが多いけど…

医師男性
おたふく風邪は、3~6歳の子どもに多いです。
予後は良好で対症療法で快方に向かうことが多いです。

しかし、症状があきらかな患者のうち10%程度が髄膜炎を発症すると推定されているため、油断は禁物です。その他にも脳炎・難聴などの合併症も一定数あります。

「大人」が感染すると、重症化しやすい

医師男性
おたふく風邪は、大人にもうつります。
成人が感染すると症状が重くなる傾向があります。

女性の場合は卵巣炎・男性の場合は精巣炎を合併することもあります。すぐに回復した場合は問題ないこともありますが、悪化すると不妊につながることがあるので、注意が必要です。

▼卵巣炎の症状

下腹部痛・吐き気・不正出血など
→すぐに婦人科を受診してください。

 

▼精巣炎の症状

精巣の痛みや腫れ・発熱・倦怠感など

→すぐに泌尿器科を受診してください。

特に、妊婦さんは要注意!

また、妊娠早期で感染すると流産することもありますから、大人になってからの感染は注意が必要です。

ただし「基本的に2度はかからない」

医師男性
何度もおたふく風邪にかかるといった人がいますが、おたふく風邪は1度かかると免疫ができるので、通常は2度はかかりません

※稀に、免疫ができないと、再びかかる人もいます。
おたふく風邪の免疫ができているかどうかは、検査すればわかります。

おたふく風邪の免疫があるかどうか自分ではわからないという方は、医療機関で血液検査をして、抗体があるかを検査しましょう。

2度かかったと思ったら「反復性耳下腺炎」かも

おたふく風邪と間違いやすい症状が出る病気に「反復性耳下線炎」があります。おたふく風邪にかかったことがある/予防接種をしたのにおたふく風邪のような症状が出ている場合、この病気であることが多いです。

▼「反復性耳下腺炎」の症状の特徴

  • 片側だけが腫れやすい
  • 熱はでない場合が多い
  • 痛みは軽く、数日で完治するが、何度も繰り返しかかる

※反復性耳下腺炎は、人から人にはうつりません。

おたふく風邪がうつってしまったときの対処法

医師男性

自宅で安静に過ごしてください。お食事は消化の良いものを食べましょう。口を開けるのがつらい期間は、流動食がおすすめです。

スープ、プリン、ゼリー、お粥、うどんなどが良いでしょう。ただし、酸っぱい食べものは、唾液腺を刺激して痛みが出るので、避けてください。

学校・仕事にいってもいいのはいつから?

医師男性
登園・登校・出社できるのは、腫れが出た後5日を経過し、かつ全身状態が良好になってからとなっています。

このころには、熱も下がり、食欲も出ているはずです。それまでは安静に過ごしましょう。

おたふく風邪の「特に注意すべき症状」

医師男性

危険な合併症を引き起こしている可能性がある症状として

  • 頭痛が強い
  • 嘔吐する、嘔吐を繰り返す
  • 意識障害
  • 高熱が3〜4日以上続く
  • 耳下腺の腫れが1週間以上治らない、赤く腫れている

などが挙げられます。

合併症として難聴・内耳炎・髄膜炎・睾丸炎・乳腺炎などを引き起こしている場合があります。特に難聴は治らない場合もあります。

これらの症状がある場合は、夜間でも救急で受診しましょう。

小児科を探す

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 7
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

キーワード