なぜ?大人の熱が一晩で下がる原因|ストレス?風邪?注意すべき症状も

公開日:2020-01-30 | 更新日:2020-08-27
285
なぜ?大人の熱が一晩で下がる原因|ストレス?風邪?注意すべき症状も

「熱が出た!」と思ったら朝にはすっかり下がっていた…。
このような経験をお持ちの方も多いと思います。
一般的に、小さな子どもは発熱しやすいものですが、大人にこういった症状が出る場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか
この記事では、一晩で下がる熱の理由、病院を受診したほうが良い症状について、詳しく解説します。

受付予約できる病院を探す


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

一晩で下がる熱、考えられる原因は?

心因性発熱

ストレスが原因で起こる発熱

医師男性
ストレスが原因で起こる心身症の内の1つです。
発熱のメカニズムはまだ明確になっていませんが、以下の可能性が高いと言われています。

ストレスを感じると、交感神経の働きが亢進します。交感神経の刺激により脂肪を分解して熱を発生する働きがある「褐色脂肪細胞」が、多くの熱を生産します。
それにより体温が上がると考えられています。
ストレスが改善されればすぐに症状が良くなるため、一晩で熱が下がったり、高熱を繰り返したりします。

微熱~38度以上の高熱が出る場合も

37度程度の人もいれば、38度以上の高熱になる人もいます。

熱以外の症状

頭痛、腹痛、躁鬱などの気分障害、パニック障害などの不安障害などが現れることもあります。

発症しやすい人

日常生活でストレスを感じやすい人、几帳面な人、頑張りすぎる人、神経質な人、心配性な人などが発症しやすいと言われています。

風邪

風邪による発熱のメカニズム

風邪とは、ウイルス感染などが原因で発症する上気道を中心とした急性の感染症の総称です。
体内に侵入してきたウイルスの繁殖を抑えたり、体の免疫機能を高めたりするために体温が上がります

なぜ一晩で熱が下がるの?

医師男性
その人の免疫機構の状態により発熱の程度や熱の下がり方も変わります。
高齢の人では熱が出にくい場合もあります。

発熱の原因であるウイルスや細菌が少なかったり、発熱した人の抵抗力がウイルスや細菌に対して強かったという可能性もあります。

熱以外の症状

くしゃみ、鼻づまり、喉の痛み、咳など一般的な風邪症状を発症することが多いです。

発症しやすい人

誰でも感染する可能性があります。
特に体力が低下していたり、免疫力の低下があれば感染しやすくなります

熱の出やすさにも個人差がある?

熱が出やすい人

大人に比べ、子どもの方がウイルスから身を守る反応が活発なため、高熱が出やすい傾向にあります。
また、子どもは生活環境の温度変化や服装の影響を受け、発熱しやすいと言えます。

熱を出しにくい人

医師男性
逆に、熱を出しにくい人は、次のような特徴が挙げられます。
  • 日常的に解熱鎮痛剤や市販の風邪薬を内服している。
  • 膠原病、リウマチなどで、日常的に抗炎症作用抗炎症作用のある薬やステロイド剤等を内服している。
  • ウイルスからの防御力が弱い基礎疾患がある
  • 筋肉量が少ない。
  • 何らかの原因で、体温調節システムが乱れている。

熱が下がった後に気をつけること

医師男性
熱が下がって体が楽になっても、すぐに油断せず、熱以外の症状も治まるまでは、下記のようなことに気を付けて下さい。
  • 安静にして体力を温存する。
  • 消化の良い物を食べ、弱った消化器官の負担を軽くする。
  • 辛味が強く刺激的な物や、油分の多い物を控え、消化器管の負担を軽くする。
  • ビタミン、ミネラルが豊富な物を食べ、免疫力を高めて感染などの再発を防ぐ。
  • アルコールを控え、肝臓を休ませる。
  • 喫煙を控え、気道への刺激を軽減する。
  • 高熱による発汗で失った分、水分と塩分を多めに摂り、脱水を防ぐ。
  • 良質なたんぱく質を摂り、消耗した体力を補う。

熱は一晩で下がったけれど…その他に危険な症状は?

こんな症状に気をつけて

熱が下がっても、注意が必要な症状をいくつか紹介します。

再び高熱が出たり下がったりを繰り返す

心因性発熱の場合、繰り返しストレスを感じたり、自律神経の働きが不安定になっていたりすると、熱が上がったり下がったりする可能性があります。
また、何らかの細菌に感染しているかもしれません。

水分・食事を受け付けない

脱水や体力消耗の危険があります。
食事が摂れない場合、病院で点滴などの加療を受けましょう。

胸が痛くなるほどの酷い咳が出る

結核、喘息、肺炎、急性気管支炎、胸膜炎などの恐れがあります。
早めに病院を受診しましょう

口の中の痛みが増し、喉の奥に腫れや水疱が生じる

ヘルパンギーナのなどの可能性があります。
患者の多くが小児ですが、大人が感染すると、脳炎、髄膜炎、心筋炎などを誘発する恐れがあります。

病院は何科を受診する?

病院

症状に合わせて下記の診療科目を受診してください。

心因性発熱のように心理的なものが原因の場合
心療内科が専門ですが、内科を受診し、医師の判断で心療内科を紹介してもらうのも良いでしょう。

内科を探す

喉の痛みや咳が続く場合
内科、呼吸器科、耳鼻咽喉科などを受診しましょう。

内科・呼吸器内科・耳鼻いんこう科を探す

  • 吐き気、食欲不振など
    内科を受診しましょう。

内科を探す

まとめ

体温は、健康な時でも朝は低め、夜は高めというように、1日の中で変化があります。
あまりにも高い熱が翌朝には平熱に下がっていたりすると不思議に思いますよね。
その場合は、他に目立った症状が現れなかったとしても、隠れた病気の前兆かもしれません。
少しでも気になるようなことがある時は、早めに医療機関を受診し、医師と相談するようにすることをお薦めします。

<参考>
テルモ株式会社→テルモ体温研究所 体温から健康に:体温と生活リズム 
ストレスと高体温 心因性発熱かもしれないと思ったら
https://www.terumo-taion.jp/health/stress/02.html
テルモ株式会社→テルモ体温研究所 体温から健康に:体温と生活リズム 
ストレスと高体温 心因性発熱と診察されたら
https://www.terumo-taion.jp/health/stress/03.html
沖縄県医師会→広報関係 ドクターのゆんたくひんたく:2018年掲載分 原因探り、根本解決を
http://www.okinawa.med.or.jp/html/kouho/yuntaku/2018/0425.html
株式会社メディプラス研究所→オフラボ:「熱が下がらない」風邪薬が効かない長引く熱、ストレスが原因かもしれません【ストレス性発熱の処方箋①】
一般社団法人小金井市医師会→お知らせ:風邪について
http://koganei-med.or.jp/info/info_memo/143.html


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 285
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード