妊娠中インフルエンザになった!対処法は?胎児への影響も|医師監修

妊娠中インフルエンザになった!対処法は?胎児への影響も|医師監修

公開日:2019-10-28 | 更新日:2020-02-06

妊婦生活でインフルエンザに感染!
お腹の赤ちゃんへの影響が心配。

インフルエンザになって場合、リスクを最小限にするために今できることをお医者さんに聞きました。


石野博嗣 先生

監修医

石野医院

副院長
石野博嗣 先生

経歴

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院(現 横須賀市立うわまち病院) 産婦人科
2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手
現在 石野医院の副院長

妊娠中のインフルエンザの「対処」

妊娠中にインフルエンザにかかった場合の過ごし方や注意点を解説します。

ステップ1「かかりつけ産婦人科に電話」

先生(男性)
妊娠中インフルエンザを疑われたら、まずかかりつけの産科医師に電話をして、受診する医療機関の紹介を受けましょう。

産科医師が、紹介先の医師にあなたの診療情報を提供することがあります。

ステップ2「症状が出た12時間以降に受診」

先生(男性)
発症から12時間経ってからお近くの内科を受診しましょう。

症状が重い方(呼吸困難、意識もうろうなど)は、なるべく早めに医療機関を受診しましょう。必要なら救急車を呼び、必ずインフルエンザの症状がある旨を伝えましょう。

ステップ3「医師に従い、早めに処置」

先生(男性)
高熱が続くと、妊婦の体に負担がかかり重症化しやすくなります。

早めに薬の服用で解熱することが大切です。薬には発症後48時間以内に服用しないと効果がないもの等がありますので、早めにお医者さんからの処置を受けましょう。

ステップ4.「とにかく安静にする」

先生(男性)
外出はもちろん禁止です。安静にして回復に努めましょう。

家事やその他は、他の人に頼りましょう。インフルエンザになったら旦那さん、お母さん、友達、親戚の人など誰でもよいので必ず助けてもらいましょう。

特に上のお子さんがいる場合はうつったら大変なので、できれば別室や親せきに預けるなどが好ましいです。

<子どもの隔離が難しい場合>

子どもが小さくてママと離れるのが厳しい場合は、マスクをして接する、必ず手洗い、うがいをこまめにすることを徹底しましょう。

妊娠中のインフルエンザの「胎児への影響」

妊婦
妊娠中にインフルエンザにかかったら胎児に影響がないか心配ですよね。

先生(男性)
結論を言うと、胎児への影響は「ほとんどない」と言われています。(自閉症や障害、奇形児なども含め)

現在の研究では、先天性異常などの胎児への影響はないとされています。胎児の奇形性発生率はインフルエンザに感染した、しないにかかわらず同程度起きるとされています。

それよりも、適切な処置をせず、病院へも行かず、高熱のまま放置し、妊婦が重症化した場合に奇形性が増えるという報告があります。インフルエンザが疑われたらすぐに適切な対処をしましょう。

ただし、妊婦がインフルエンザに感染すると、自然流産や早産、低出生体重児、胎児死亡が増加するという研究もあります。妊婦さんは予防接種をうける、うがい手洗いを徹底するなどインフルエンザの予防は必ずしましょう。

妊娠中のインフルエンザの「薬」

妊娠中に、インフルエンザの薬を飲んでもいいのでしょうか?
ママ(困り顔)
先生(男性)
タミフルやリレンザなどは妊娠中も摂取が可能です。

日本産婦人科学会のガイドラインは、妊婦、授乳婦への抗インフルエンザ薬投与を、「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合に行う」と定めています。

妊婦はインフルエンザの症状が重症化しやすいと言われていますので、「有益性が危険性を上回る」と判断するお医者さんがほとんどでしょう。

インフルエンザウイルスの増殖を抑え発熱などの症状が出る期間を短くするため、処方された場合は飲んだ方がよいでしょう。

病院は何科に行く?

妊娠中のインフルエンザの病院受診

先生(男性)
一般医療機関の「内科」へ行きましょう。

かかりつけの産婦人科にはインフルエンザにかかったことを電話で相談し、紹介されて内科へ行く方が望ましいでしょう。

先生(男性)
<注意>
インフルエンザにかかっているときに産婦人科へは、新生児や妊婦など他の人にうつさないためにも、行かないようにしましょう。

\待ち時間を最小限に/EPARKクリニック・病院 病院の検索・口コミサイト「EPARK」では、
全国の病院のネット予約ができます。

近くの病院を探す

病院を受診するタイミング

病院を受診するのに適切なタイミングやすぐに受診すべき症状を教えてください。
ママ

軽い鼻水、せきといった風邪が疑われる症状だけならしばらく様子をみてもよいでしょう。

先生(男性)
「インフルエンザかも」と少しでも疑うようなつらい症状があれば、なるべく早く受診しましょう。

<インフルエンザが疑われる症状>

  1. 急な発熱
  2. 頭痛
  3. 関節痛や筋肉痛
  4. 全身倦怠感など

予防接種について

先生(男性)
妊娠中の予防接種によるリスクより、インフルエンザにかかり重症化するリスクのほうがはるかに高いため、予防接種をおすすめします。

インフルエンザのワクチンは、妊娠中いつでも接種可能です。

妊娠初期はつわりなどの影響で免疫力が低下し、中期以降は循環血液量の増加や、各臓器が圧迫されることにより心肺機能に負担がかかっているため、普段よりもインフルエンザにかかりやすい状態です。

しかも体の抵抗力が弱っているため妊婦は重症化しやすいと言われています。

▼妊娠中のインフルエンザ予防接種についての詳細はこちら
妊婦のインフルエンザ予防接種、胎児への影響は?いつから?【医師監修】

参考文献・URL
妊娠大全科 premo特別編集 主婦の友生活シリーズ
岡山医学会雑誌 第121巻 April 2009, pp. 47-48 妊婦・授乳婦とインフルエンザ
産婦人科診療ガイドライン-産科編2017


石野博嗣 先生

監修医

石野医院

副院長
石野博嗣 先生

経歴

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院(現 横須賀市立うわまち病院) 産婦人科
2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手
現在 石野医院の副院長

子どもが喜ぶご飯を、よりお得に!
EPARKテイクアウト100万人キャンペーン300円オフクーポン

「毎日のご飯作りが大変」
「でも節約はしたい…」
そんなママ・パパに朗報です!

EPARKテイクアウトが…今だけ300円引き!

・子どもが喜ぶから揚げ
・人気店のオムライス

などが、クーポン番号を入れるだけでお得にゲットできちゃいます!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ