低音の耳鳴り「ボー・ブーン」の原因と治し方。病気サイン?片耳・夜だけの場合も。

更新日:2021-08-18 | 公開日:2020-12-16
142
低音の耳鳴り「ボー・ブーン」の原因と治し方。病気サイン?片耳・夜だけの場合も。

ボー・ブーン”という低音の耳鳴りがする…。
これって大丈夫…?

低音の耳鳴りが起こる原因と対処法をお医者さんに聞きました。

「放置するとどうなるの?」
「病院へ行った方がいい症状は?」

放置すると聴覚を失うケースもあるので、要注意です。

監修者
瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

低音の耳鳴りはなぜ起こる?

医師男性
耳の奥にある「内耳」という部分に、リンパ液が滞ると耳鳴りや難聴が起こります。
血流が悪い場合も、同様の症状を引き起こします。

耳鳴りの多くは、一時的なものであまり心配はいりません。
ストレス・加齢・風邪が原因で、一時的に耳鳴りや難聴を引き起こすこともあります。

耳鳴りの止め方は?

リラックス

医師男性
体の疲れを取るために、ゆっくり休んでください。

ただし、休みを取っても、耳鳴りが1週間以上続く場合は、念のため病院を受診してください。耳鳴りのほかにも症状がある場合は、それよりも早く受診しましょう。

病院に行く目安

耳鳴り 低音

医師男性
耳鳴りが1週間以上続く場合は、耳鼻いんこう科など病院を受診してください。

耳鼻いんこう科を探す

特に注意すべき症状

耳鳴りに加え

  • 呂律が回らない
  • 手足・口がしびれる
  • 激しい頭痛

などの症状が現れる場合は、脳卒中など脳の病気の可能性があります。

早急に脳神経外科や脳神経内科など病院へ行きましょう。
早期に病院で検査を受け、耳鳴りの原因を調べれば、必要な治療を早く受けられます。耳鳴りを伴う病気は、早期治療によって快方へ向かうケースもあります。

脳神経外科を探す

どんな「病気サイン」の可能性があるの?

医師男性

低音の耳鳴りが続く場合、

  1. メニエール病
  2. 突発性難聴

など病気の可能性があります。

それぞれを詳しく解説します。

病気① メニエール病

医師男性
メニエール病になると内耳のリンパ液が増加し、“むくみ”が生じます。そのむくみが原因となり、耳鳴り・難聴・めまいを引き起こします。

根本的な原因はストレス・疲労・睡眠不足と言われていますが、まだ解明されていない部分が多い病気です。

更年期(閉経後40~50代)前後の女性が発症しやすいと言われています。

耳鳴りの特徴

ブーン、ブーというような低い低音の耳鳴りが起きます。

その他の症状

  • 閉塞感
  • 難聴
  • めまい など

どう対処すべき?

医師男性
メニエール病は、病院での治療が必要な病気です。

耳鼻いんこう科へ行きましょう。
ご自身では、ストレスや疲れを溜めずに、ゆったり過ごすことを意識してください。

耳鼻いんこう科を探す

病気② 突発性難聴

医師男性
音を感じて脳に伝える役割がある“有毛細胞”が、何らかの原因で傷ついたり、ウイルス感染したりすることで、耳鳴り・難聴・めまいを引き起こします。

誰でも起こり得る病気です。
突発性難聴の原因は解明されていません。しかし、ストレスや加齢などが関係していると考えられています。

耳鳴りの特徴

ブーン、ブー、ボーなどといった低音の耳鳴りが特徴です。

その他の症状

  • 片耳が聞こえづらい
  • 両耳が聞こえづらい
  • めまい
  • 閉塞感
  • 吐き気 など

どう対処すべき?

医師男性
突発性難聴は、病院での治療が必要な病気です。

1週間以内(できれば48時間以内に)、耳鼻いんこう科など病院へ行きましょう。
すぐに病院で治療を受ければ、改善すること人も多くいます。しかし、放置すると完治しないケースもあります。

耳鼻いんこう科を探す

合わせて読みたい
耳にエコーがかかったように、ハモって聞こえる!突発性難聴かも?病院の受診目安も
2020-06-11
「耳が、エコーがかかったように聞こえる…」 「ハモって聞こえる…」 もしかして“突発性難聴”の症状かもしれません。 突発性何強の場合、一刻も早い病院受診が必要です。 突然エコーがかかったように聞こえる「突発性難聴」 突発性難聴ってどんな病気? 突発性難聴とは、ある日突然、どちらかの耳が聞こえにくくなる病気です。 男女差は特にみられず、誰でも起こり得る病気といえます。 音を感じて脳に伝える役割がある“有毛細胞”が、何らかの原因で傷ついたり、ウイルスの感染や、血流の障害が原因として考えられます。 しかしながら、未だはっきりとした原因は分かっていません。 <突発性難聴の症状> 音やエコーがかかったように聞こえる 急に音が聞こえづらくなる、まったく聞こえなくなる 音がハモったように重なって聞こえる 耳がつまったように感じる 耳に水がはいったように感じる 耳鳴りがする めまい 吐き気 発症しやすい人 40~60代(特に50代)※若い方でも発症します 睡眠不足の方 過労の方 ストレスを感じている方 糖尿病の方 放置するとどうなる? 症状を放置すると、耳鳴りや難聴が残るリスクが上がります。 放置する期間が長いほど聴力が完全に戻らなくなる可能性が高くなるので、耳の聞こえを改善できるよう、早めに病院を受診して治療を受けましょう。 7日以内に病院へ! 発症してから7日以内(できれば48時間以内)に病院を受診してください。 2週間以上経つと、治療が長引いたり、完全に聴力を取り戻すのは難しいといわれています。さらに、1ヶ月も経てば、聴力は固定されてしまいます。 症状に早く気が付き、一刻も早く治療を開始することが非常に重要です。 耳鼻いんこう科を探す 突発性難聴の治療法 副腎皮質ステロイドを使った治療を行います。 内服または点滴でステロイドを投与します。 血管を広げる薬やビタミンB12製剤などを組み合わせる場合もあります。 また、患者はストレスや疲労を感じていることが多いです。安静に過ごし、ストレスを減らすことも重要な治療法です。安静にするだけでも、耳の血液の流れが良くなることがあります。 難聴が重度の患者やめまいを伴う場合は、入院して治療しなければならないことがあります。 治療期間はどれくらい? 治療を開始して1週間ほどで、症状が良くなる患者が多いといわれています。 早ければ2~3日で、症状が良くなる傾向が現れてきます。 2週間経っても症状が良くならない場合、それ以降の治療には期待ができないでしょう。 突発性難聴は完治する? 発症して1週間以内に治療を開始した場合、3~4割の患者は完治します。 一方で、3割の患者は、症状が良くなっても難聴が残ります。 残りの3割の患者は、治らないといわれています。 コレはNG!やってはいけないこと 突発性難聴が疑われる場合、以下のことに注意してください。 大きな音を聴く 睡眠不足、過労 不規則な生活激しい運動 体を冷やす 「このくらいなら大丈夫」と自己判断するのは危険です。 急に耳の聞こえが悪くなったと感じたら、ためらわずに病院を受診しましょう。 耳鼻いんこう科を探す 参考 厚生労働省:突発性難聴について 大阪府医師会:突発性難聴 徳島県医師会:突発性難聴 一般社団法人兵庫県医師会:突然耳が聞こえない 耳鼻咽喉科学会広島県地方部会:やさしい耳鼻咽喉科講座 MSDマニュアル家庭版:突発性難聴

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 142
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事