【キーン】耳鳴りが聞こえる8つの原因|ストレス?片耳だけ鳴るのは?

公開日:2020-01-29 | 更新日:2020-05-22
176
【キーン】耳鳴りが聞こえる8つの原因|ストレス?片耳だけ鳴るのは?

耳鳴りの原因を解説します。
突然始まってすぐに聞こえなくなる耳鳴りは、誰もが経験するものでしょう。
しかし、耳鳴りがずっと続いたり、いつもと違う聞こえ方がしたりすると、不安になりますよね。
そこでこの記事では、耳鳴りが起こる理由から、病気の可能性がある危険な耳鳴りの症状まで、医師に詳しく伺いました。

耳鼻いんこう科を探す


監修者

瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

耳鳴りの仕組み

耳

どうして耳鳴りが聞こえるの?

医師男性
耳鳴りとは、耳鳴(じめい)というもので、外から聞こえてくる音ではありません
耳の中から直接聞こえる雑音というイメージです。

この「耳の中の雑音」は、脳での音の認知誤作動によって音の知覚が生じたものである場合が多いです。
外耳炎や中耳炎で、中耳(中耳腔・鼓膜・耳小骨・耳管あたり)が傷ついていることもあります。

耳以外の不調のせいで聞こえる場合も

耳が直接の原因ではなく、メニエール病※や高血圧症などによって耳鳴りが聞こえる場合があります。
特に原因がなく、一時的に聞こえることもあります。

実際に聞こえていて、聴診器をあてると他者でも聞こえる他覚的耳鳴というものもあります。

※メニエール病…原因は明らかではありませんが、ストレスや疲労などによって起こる回転性めまいや耳鳴り、吐き気などを伴う疾病です。

片耳だけ聞こえる理由

耳鳴りの症状は、場合によっては両耳いっぺんに起きずに、片耳だけ発症することもあります。
このようなケースで、鼓膜に傷がついている、突発性難聴、良性脳腫瘍である聴神経腫瘍、といった理由が考えられます

耳鳴りの原因

ストレス

医師男性
疲労やストレスが原因で、ザーザーという血流の音や呼吸音が聞こえる場合があります。

ストレスによって自律神経が乱れ(音の選別が脳でしにくくなる 等)、耳鳴りが起こりやすくなります。

イヤホンなどによる「スマホ難聴」

ヘッドフォンやイヤホンを絶えずつけて、ずっとスマホをいじっている人が増えています。
大音量で音楽やゲームの音に長時間没頭しているとスマホ難聴を発症するかもしれません。

医師男性
スマホ難聴は、聴覚障害の一つで耳鳴りを感じるようになります。
その後、ヘッドフォンやイヤホンを外しても耳鳴りが止まなくなり、難聴の原因になります。

耳垢が溜まっている

耳垢が、耳の中で溜まると耳鳴りの原因になることもあります。
耳垢栓塞といい、耳の閉塞感や耳鳴を感じます。耳鼻科で取ると良くなります。

高血圧症

耳鳴以外にも、動悸や頭痛があると高血圧症が影響して耳鳴が起きている可能性があります。

加齢

加齢性難聴の症状の一つに耳鳴りがあります。この場合、高音域から聞こえづらくなります
この聞こえづらい音を聞き取ろうとして脳の活動は活発になり、耳鳴りを発症します。

気圧の変化

急激に気圧が変わると耳鳴を感じることがあります。飛行機や台風などの影響があります。

風邪による炎症

風邪を引くと、耳の中にまで風邪の菌が侵入して炎症を起こす場合があり、耳鳴の原因になる場合もあります。

職業や環境

工事現場や工場など、大きな音が出る場所で仕事をしていたり、そのような環境のそばで生活をして、長年騒音を聞き続けると、内耳に障害が起こって耳鳴りが生じる場合があります。
85デシベル以上の騒音下で5年以上働き、このような症状が出ると、職業性難聴(騒音性難聴)として労災の対象にもなります。

子どもの耳鳴りに多い原因

子どもの耳鳴りの原因には「風邪」「耳垢」「異物の侵入」「ストレス」などがあります。
耳に違和感を訴えてくる・耳を触る・音にストレスを感じているなどの症状があれば、一度病院を受診しましょう。

耳鼻いんこう科を探す

キーン・シャンシャン|聞こえ方が違う理由

気圧の変化や高音域を聞き取ろうとすると「キーン」と聞こえたり、血流の音や心臓音に沿って、「シャンシャン」と聞こえたりします。

危険な耳鳴りの見分け方

こんな症状は病院へ!

低音の一時的な耳鳴りは、特に問題ないのですが、高音のキーンとする耳鳴りが断続的に続く・頻繁に聞こえると意識があるようであれば、加齢性難聴やスマホ難聴、騒音性難聴、職業性難聴などを疑います
また、突然の激しい耳鳴りは、突発性難聴※、また、めまいを伴う場合は、メニエール病などが考えられます。

※特発性難聴…突然聞こえが悪くなって、耳鳴りやめまいなどを伴う病気です。過労やストレス、不眠などが原因と考えられています。

医師男性
何度も耳鳴りを感じたり激しい耳鳴りが聞こえる場合は、耳鼻咽喉科を受診してください。

まとめ

何度も続く耳鳴りは、放置すると難聴を発症する場合があります。
難聴は、早い治療が必要です。
耳鳴が多いと気が付いた時点で、早めに病院を受診しましょう。

耳鼻いんこう科を探す

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 176
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード