生理が止まらない。大量出血する。大丈夫?病気?受診目安も

公開日:2020-06-12 | 更新日:2020-07-10
49
生理が止まらない。大量出血する。大丈夫?病気?受診目安も

「生理が止まらない…。」
「大量に出血する…。」

生理が止まらず、大量出血する原因をお医者さんに聞きました。

放置するリスク病院を受診した方がいい症状も解説します。

婦人科の初診の流れもご紹介するので、「受診するのが不安…」という方はぜひ参考にしてくださいね。

婦人科を探す


監修者

石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

なぜ?大量出血の原因

婦人科

月経期間が8日以上続く状態を「過長月経」、出血量が増える、月経血にレバー状のかたまりが混じる、月経痛が酷いなどの症状が見られる「過多月経」と言います。

医師男性

生理が止まらず大量の出血がある場合、

  1. ホルモンバランスの乱れ(一時的)
  2. 子宮筋腫
  3. 子宮腺筋症
  4. 子宮内膜ポリープ
  5. 子宮内膜増殖症

などの原因が考えられます。

ストレスなどによるホルモンバランスの乱れで一時的に症状が出て、その後繰り返さなければ問題ないケースもありますが、「治療すべき病気」が隠れていることもあります。

受診目安

医師男性
大量出血が止まらない場合は、原因を特定するためにも、一度婦人科を受診することをおすすめします。

特に、次の症状がある方は、早めに病院で相談しましょう。

  • 生理以外にも出血がある
  • 生理周期に乱れが生じている
  • 腹痛(下腹部痛)を伴う
  • 排尿障害が生じた
  • お腹にしこりのようなものがある
  • 貧血がみられる

婦人科を探す

原因1.ホルモンバランスの乱れ

*タイトルのホルモンバランスが乱れやすい人を記載しましたが、過多月経、過長月経に直ちには結びつきません。

医師男性
ホルモンバランスが崩れによって、一時的に出血量の増加につながることがあります。

ストレスや体調不良により、女性ホルモン分泌量が低下することで生じます。

また、40歳以上になると排卵されにくくなり、子宮内膜を厚くするホルモン(エストロゲン)が多く分泌されて、出血量が多くなることがあります。

<症状が出やすい人>

  • 思春期の女性
  • 更年期の女性
  • ストレスを感じやすい方

<症状の特徴>

  • 貧血(めまい)
  • 頭痛
  • 息切れ
  • 動悸
  • 顔色が悪い

原因2.子宮筋腫

医師男性
子宮の筋肉に良性の腫瘍ができる病気です。

30歳以上の女性の中では、3人に1人が発症しているといわれています。

原因については不明な点も多いですが、筋腫ができることで子宮の表面積が大きくなり、月経時に剥がれ落ちる子宮内膜の量が増えるため、過多月経を起こすと言われています。

<症状が出やすい人>

  • 30歳代前半~閉経前の女性
  • 初潮が早かった方
  • 妊娠、出産の経験がない方

<症状の特徴>

  • レバーのような血液の塊
  • 月経が長引く
  • 月経痛
  • 腰痛
  • 貧血
  • 下腹部がぽこっと出てくる
  • 排尿異常

原因3.子宮腺筋症

医師男性
子宮内膜が何らかの原因で子宮の奥(筋層部)まで入り込み、子宮の機能障害が起る病気です。

子宮内膜が変形、拡張することで、出血が止まらなくなったり、出血量が増えたりします。また、子宮の収縮のバランスが崩れることも、出血量に影響すると考えられます。
子宮内膜症、子宮筋腫を合併する可能性があります。

<症状が出やすい人>

  • 30歳後半~50歳代の女性(40歳代に一番多い)
  • 妊娠・出産経験がある方
  • 流産経験がある方
  • 月経痛がひどい方
  • 子宮内膜に関わる手術を経験した方(帝王切開を含む)

<症状の特徴>

  • レバーのような血液の塊
  • 貧血
  • 下腹部痛
  • 不正出血
  • 排便痛

原因4.子宮内膜ポリープ

医師男性
子宮内膜の細胞が何らかの原因で異常増殖してポリープが形成される病気です。

ポリープによって子宮内の表面積が大きくなるため、出血が止まらなくなったり、量が増えたりします。

<症状が出やすい人>

  • 40歳~50歳代の女性
  • 不妊症と診断されている方

<症状の特徴>

  • 生理期間が長い
  • 生理以外の出血
  • 下腹部痛
  • 貧血
  • 閉経後の性器出血

原因5.子宮内膜増殖症

医師男性
子宮内膜が異常に分厚く増殖してしまう病気です。

月経時に剥がれ落ちる子宮内膜の量が多いため、大量出血が止まらなくなる可能性があります。

<症状が出やすい人>

  • 40歳代の女性
  • 妊娠、出産の経験がない方(少ない方)
  • 肥満傾向の方
  • 初潮が早かった方

<症状の特徴>

  • 経血量が多い
  • 月経期間が長い
  • 月経時以外の出血
  • 貧血

婦人科受診のタイミング

医師男性
婦人科を受診するタイミングは、出血しているときでも、出血が止まった後でも、どちらでも問題ありません。

お医者さんに伝えるポイント

  1. 生理出血が増えた時期
  2. 生理出血の状態(レバーのような塊が出る等)
  3. 生理周期と期間(直近半年分程度)
  4. 他症状があるかどうか

※基礎体温を記録している場合は、持参してください。

婦人科を受診するときの服装

医師男性
着脱しやすい服装(下着・靴を含む)で受診することをおすすめします。

スカートの場合、服を脱がずにそのままの状態で検査を受けられる医療機関もあります。

婦人科を探す

初診ではどんな検査をするの?

病院

初診の流れ

  1. 問診
    月経周期・日数、最終月経日、初潮の年齢、妊娠・出産歴、既往歴、アレルギーの有無等の確認が行われます。
  2. 内診
    子宮、卵巣の状態、圧迫による痛みの有無等を確認します。
  3. 検査
    必要に応じて超音波検査や細胞診を行います。

検査の例

<超音波検査>
経腟プローブ(棒状の器具)を膣内に挿入して、子宮や卵巣の状態を確認する検査

<細胞診>
子宮頸部細胞をヘラ、ブラシ、綿棒等で採取して、異常細胞の有無を確認する検査

※上記以外にも、症状に合わせて、尿検査、血液検査、培養検査、CT検査、MRI検査等が行われる場合もあります。

長引く生理を放置すると…

医師男性
過長月経や過多月経を治療しないままでいると、不妊につながったり、深刻な疾患を見逃すことがあります。

 

若年性更年期障害早期閉経につながったり、子宮体がんを発症することもあります。

婦人科を探す

参考
一般社団法人 日本女性心身医学会 女性の病気について
http://www.jspog.com/general/details_10.html
公益社団法人 日本産科婦人科学会 子宮内膜症
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=9
花王株式会社 ロリエ からだの情報 月経について
https://www.kao.co.jp/laurier/health/031/
徳島県医師会 子宮筋腫
https://www.tokushima.med.or.jp/kenmin/doctorcolumn/hc/458-529
エリエール 生理の経血が多い…これって異常?
https://www.elleair.jp/elis/elis_clinic/trouble/trouble2_2.php
公益社団法人 日本産婦人科医会 過多月経への対応
https://www.jaog.or.jp/note/%EF%BC%882%EF%BC%89%E9%81%8E%E5%A4%9A%E6%9C%88%E7%B5%8C%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C/
慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト 月経異常・排卵障害に関連する代表的な病気
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000094.html
日本産婦人科医会 産婦人科診療ガイドライン
http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2017.pdf
一般社団法人 大阪府医師会 月経不順
https://www.osaka.med.or.jp/citizen/tv32.html

監修者

石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

「いつの間にキレイになったの?」って言われたい
POLA

「久しぶりに会った友人に褒められた」
という口コミも!

「美容はやっぱり内側から」という方には、POLAの「ホワイトショット
インナーロック タブレット IXS」がおすすめです。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 49
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード