努力してるのに太ってしまう…それって肥満遺伝子のせい?

公開日:2019-02-18 | 更新日:2021-01-15
4
努力してるのに太ってしまう…それって肥満遺伝子のせい?

「ダイエットで食事量を減らしているのに痩せない」、「運動しているのに体重が減らない」ということを、よく耳にします。 皆さんも、ハッキリとは分からないけれど、痩せやすい体質・太りやすい体質は「ありそうだな」と感じたことは、今までにあるのではないでしょうか?


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

太りやすい体質って、やっぱりあるの?

結論から言うと、“YESかも”しれません。 食生活を見直しているのに、成果が出ていない気がするのだとしたら、それは体質が原因かもしれない、ということです。 ただ、ここではあくまでも、“可能性がある”とまでしか、言えません。 本当に太りやすい体質なのかどうかは、検査をしないとはっきりは分からないからです。

食べた量より、運動量が少ないと…

体重の増減に影響する体のメカニズムは、とても単純です。 それは、摂取エネルギーと消費エネルギーの差になります。 食べ物から摂取した総エネルギーに対して、基礎代謝(※)や運動などによる消費エネルギーが少なければ、太ります。 基礎代謝:体温を維持したり心臓を動かしたりするのに必要なエネルギー 逆に、食べる量が少なければ痩せます。 ただ、これだけです。 したがって、太りやすい原因を探るには、食生活を客観的に見直してみるのが、最初の一歩となります。

「肥満」遺伝子を受け継ぐと、太るの?

それでも太りやすいのであれば、その原因は、体質によるものかもしれません。 具体的には、「肥満遺伝子」という、エネルギー代謝に関係している遺伝子の影響が、考えられます。 肥満遺伝子には、いくつか種類がありますが、いずれも基礎代謝が低くなるのが特徴です。 体重を減らしたいのであれば、体質的に不利な条件が、前提にあるということになります。 しかし、この肥満遺伝子をもっている人は、他の人よりも基礎代謝が100~200kcalくらい低いだけです。 ご自分の遺伝子の種類に応じて、基礎代謝が低い分だけの食事量にする(あるいは運動量を増やす)を調整すれば、体重コントロールは可能です。

日本では、BMIが25以上だと肥満

ここでは、世界で共通している体格の計算式、「BMI」(※)をご紹介します。 BMI (Body Mass Index) :肥満指数 BMI= 体重kg ÷ (身長m)2 肥満の基準は各国で異なりますが、日本では、日本肥満学会が定めている「25以上」を太っている(=肥満)状態としています。

大食なのに、太らない人にも遺伝子が…

食べているのに、太らない人もいますよね。 これも、食生活が影響している可能性は大きいですが、太りやすい人と同様に、肥満遺伝子が関連している可能性も考えられます。 この場合、太りやすい体質とは逆で、基礎代謝が高いのが特徴です。

油断するとすぐ太る人が気をつけることは?

基礎代謝が低いタイプの肥満遺伝子をもっているかどうかは、検査を受けなければ分かりません。 しかし、遺伝子の有無に関わらず、体重が簡単に増えてしまうようならば、日常生活の中で、それなりの対策を講じておくのが得策と言えるでしょう。 【例】 ・飲み過ぎ・食べ過ぎはないか。 ・食事の時間・量が不規則だったり、ムラがあったりしないか。 ・基礎代謝を妨げる冷え・慢性的な便秘はないか。 ・運動不足はないか。 上記の項目について確認し、ご自分の食生活を、客観的に見直してみるところから始めるといいでしょう。

まとめ

世の中には、ダイエットに関するさまざまな情報があふれています。 体重コントロールがうまくいかない時は、いろいろな方法を試してみる前に、基本に立ち返ってみてください。 体重の増減は、エネルギー収支の結果、また食生活そのものが反映されていることが多いです。 人によっては、肥満遺伝子の影響があるかもしれませんが、それが全てを決定するわけではないことを、ぜひ心にとめておいてください。

【参考文献】 株式会社タニタ タニタの健康応援ネット からだカルテ https://www.karadakarute.jp/tanita/diet/diet055.jsp
花王株式会社HP 食と健康ナビ 健康生活のコツ https://health-food-bev.kao.com/visceralfat/1615/
厚生労働省HP e‒ヘルスネット 肥満遺伝子 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-056.html
厚生労働省HP e‒ヘルスネット BMI https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-002.html


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

最近、脂肪の代謝が気になる…
カロリミット(FANCL)

「なんだかぽっこりしてきた」
「甘いものも脂っこいものも大好き!」

シリーズ累計販売6700万個突破の「大人のカロリミット」が、通販限定・初回限定でお得にお試しできます。

継続的に使うのがおすすめ。
なるべく早くスタートして習慣化するのが吉です。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 4
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード