背中のブツブツがかゆい!これはニキビ…?どうケアする?病院に行く目安も

公開日:2020-08-18 | 更新日:2021-05-25
19
背中のブツブツがかゆい!これはニキビ…?どうケアする?病院に行く目安も

背中のブツブツがかゆい…。
これはニキビ?どうしたら治るのかを教えて!

背中にできたブツブツの正体をお医者さんに聞きました。
正しいケア方法や病院に行く目安も解説します。


監修者

長谷川 佳子 先生

LECINQ clinic
院長

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務
令和3年1月よりLECINQ clinic 院長に就任

背中のブツブツがかゆい…これは何?

医師女性
背中できたかゆいブツブツは
①ニキビ
②カビ
の可能性があります。

ブツブツ原因1.ニキビ

医師女性
ニキビの原因であるアクネ菌が増えて、炎症を起こすこと、ブツブツができます。

皮脂の分泌が多く、毛穴の先がつまると、毛穴の中に皮脂がたまりやすくなり、アクネ菌が増えてしまいます。

背中ニキビができやすい人

医師女性
不規則な生活、睡眠不足、ストレス、生理周期などにより、ホルモンバランスが乱れると、ニキビはできやすくなります。

汗や皮脂が出やすい夏乾燥しやすい冬にもできます。

ブツブツの特徴

数は少なく、大きいものもあれば小さいものもあります。

最初は、毛穴がつまり白っぽく盛り上がった白ニキビができます。その後、赤いブツブツができ、進行すると膿がたまります。

正しいケア方法

洗う時は、石鹸をしっかりと泡立て、優しく洗いましょう。しっかり泡立てられれば、手でもタオルでも構いません。こずらず「泡」で洗うことが大切です。
洗ったあとは、すすぎ残しがないように洗い流してください。乾燥が気になれば、保湿剤を使用すると良いでしょう。

\注意/
タオルなどでゴシゴシとこするのはNGです!また、ナイロンタオルは刺激になりやすいので避けましょう。

市販薬はどう選ぶ?

殺菌成分の入っている薬がおすすめです。スプレータイプのものは背中に届きやすいです。

ブツブツ原因2.カビ(マラセチア菌)

医師女性
マラセチア菌という真菌(カビ)が、皮膚の毛根を包む組織(毛包)に感染することで炎症を起こします。

この菌は常在菌なので、多くの人の背中にみられ、通常では特に悪影響はありません。
汗をかいてそのままにしたり、不衛生にしていたりすると、増殖してぶつぶつを引き起こします。

カビ菌によるブツブツができやすい人

医師女性
皮脂が出やすい思春期から20代前後の人や、汗っかきの人にできやすいです。

厚着をして洋服の中が蒸れる場合や、免疫力が低下している場合も、マラセチア菌が増殖しやすいです。季節的には、高温多湿の梅雨から夏にかけて増えやすいです。

ブツブツの特徴

通常のニキビよりも小さい、大きさは均一の赤いブツブツです。
ひとつだけできることもあれば、多数できることもあります。

正しいケア方法

汗をかいたらこまめに拭く、着替えるなどし、背中を清潔に保ちましょう。
そのために、蒸れやすい下着や服装は避けることも大切です。

また、免疫力が下がらないように

  • バランスのよい食事
  • 適度な運動
  • 良質な睡眠
  • ストレスをためない

といったことを心がけ、規則正しい生活をするようにしましょう。

市販薬はどう選ぶ?

医師女性
抗生物質や抗真菌成分の入った薬がおすすめです。

スプレータイプのものは背中に届きやすいです。

背中のブツブツにこれはNG!

背中 ブツブツ かゆい1

背中にブツブツができているときに、

  • 触る
  • 潰す
  • かきむしる
  • ごしごしこすって洗う
  • 原因がよくわからないのにむやみに市販薬を使う
  • 汗をかいて、そのままにする

といった行動はやめましょう。
背中のブツブツが治らない原因に繋がります。

疑問「ブツブツがあっても日焼け止めは塗るべき?」

ブツブツができていても、背中の開いた服を着る時には、がん予防の観点から日焼け止めを塗りましょう。
そして、夜はしっかり日焼け止めを落としてください。

病院に行く目安

背中 ブツブツ かゆい2

医師女性
しっかりとしたセルフケアや、市販薬の使用を続けても、1週間以上治らない場合には病院を受診しましょう。

原因と合っていないケア方法によって、炎症がひどくなっている可能性が考えられます。病院を受診し、適切な治療を受けることをおすすめします。

受診するのは何科?

医師女性
まずは、皮膚科を受診しましょう。

皮膚科を探す

※背中のブツブツ以外に、月経不順や毛深くなっている部分があるといった場合は、婦人科内分泌内科をすすめるケースもあります。

皮膚科での治療法

症状に合った適切な薬の処方の他、次のような治療を行うケースもあります。

<脱毛>
毛の色味に反応させて、熱が毛を伝って毛根にある毛母細胞を破壊します。その途中にある皮脂腺にも熱が伝わるので、殺菌効果が生まれます。

<ケミカルピーリング>
古い角質を除去することで一緒にアクネ菌やマラセチア菌も除菌することが可能です。

※治療方法は、医師の判断や病院の設備により異なります。

参考
公益社団法人 日本皮膚科学会 にきび
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa3/q01.html
第一三共ヘルスケア くすりと健康の情報局 背中ニキビ(身体ニキビ)の対策
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/50_senakanikibi/index2.html
Medical Mycology Journal 第53巻 第1号 平成24年 マラセチア感染症
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mmj/53/1/53_1_7/_pdf

監修者

長谷川 佳子 先生

LECINQ clinic
院長

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務
令和3年1月よりLECINQ clinic 院長に就任

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 19
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード