腕のしびれ|病院は何科?両腕・片手だけの原因は?脳梗塞のリスクも

公開日:2021-02-17 | 更新日:2021-10-15
9
腕のしびれ|病院は何科?両腕・片手だけの原因は?脳梗塞のリスクも

「腕のしびれで病院に行く場合、何科に行けばいいの?」

“しびれの原因“をお医者さんが解説します。
突然のしびれは、脳梗塞の可能性もあるので要注意です。


監修者

永澤 守 先生

かつしかキュアクリニック
院長

永澤 守先生

経歴

平成14年福井医科大学(現福井大学医学部)卒業
岐阜大学高齢科神経内科入局後松波総合病院にて内科研修、
岐阜大学高次救命救急センター出向。
美濃市立美濃病院内科。
東京さくら病院及び同認知症疾患センター勤務の後
令和元年7月かつしかキュアクリニック開業。

腕のしびれは何科を受診すればいい?

医師男性
腕のしびれでお困りの場合は、まず整形外科を受診しましょう。

ただし、「体の片側のしびれが強い」という場合は、救急車を呼んでください。脳梗塞の可能性が高いです。

整形外科を探す

考えられる2つの病気

医師男性

「腕がしびれる」よくある原因として、

  1. 胸郭出口症候群
  2. 頚椎椎間板ヘルニア

などが考えられます。

以下の項目で、それぞれ詳しく解説していきます。

原因① 胸郭出口症候群

医師男性
腕や手につながる神経や、鎖骨の下のある動脈が圧迫されている状態です。

神経障害や血流障害によって、腕にしびれ痛みが起こります。
女性に多くみられます。35~55歳で発症するケースが多いです。

<しびれ方の特徴>

  • 腕を上げるときに、しびれが起こりやすい
  • ビリビリとした感覚

肩や肩甲骨部分、肘から手の小指側に症状が出る場合もあります。
負担のかかっている片腕に起こりやすいのですが、両腕に起こることもあります。

こんな症状がでていたら要注意!

  • うずくような痛み
  • 刺すような痛み
  • 握力の低下
  • 細かい動作がしにくい
  • 手の甲の骨の間がへこむ
  • 手のひらの小指側のもりあがり(小指球筋)が痩せる
  • 腕の皮膚の色が白っぽくなる
  • 手や腕が青紫色になる

病院は何科?

医師男性
胸郭出口症候群は、整形外科で相談しましょう。

病院に行かずに放置した場合、悪化し、症状が重くなり、治癒に時間がかかります。

整形外科を探す

原因② 頚椎椎間板ヘルニア

医師男性
椎間板の一部が飛び出して神経に当たるため、しびれが起きます。

30~50歳代に多く、スポーツや仕事などで無理な姿勢を常にしていることで、負担がかかり起こりやすくなります。
また、喫煙・加齢も要因の一つです。
最近はスマートフォンやパソコンの使用なども引き金になっていると考えられています。

<しびれ方の特徴>

  • 動かしにくい
  • 力がはいりにくい
  • 頚椎を刺激した格好(腰をそる・ひねる)のときに、痛みが強くなる

痛みの強さは軽いものから、強いものまであります。
片腕におこるケースも、両腕におこるケースも両方とも可能性はあります。

こんな症状がでていたら要注意!

  • 首や肩の痛み
  • 手足の感覚がにぶる
  • 歩行しずらい

病院は何科?

医師男性
整形外科を受診しましょう。

数日から数週間の経過で急速に症状が進行しやすいものもあり、日常生活に支障をきたし、治療に時間がかかることがあります。

整形外科を探す

こんなしびれは要注意!「脳梗塞」かも

腕のしびれ

脳梗塞による腕がしびれには、どんな特徴があるのでしょうか…?
女性
医師男性
脳梗塞の場合、片腕だけに突然しびれが起きます。

こんな症状がでていたら要注意!

  • 手足の力が抜ける
  • 片方の足のしびれ
  • 体の片側がうまく動かない
  • ふらふらして、まっすぐ歩けない
  • めまい、吐き気
  • 片方の眼が見えづらい
  • ものが二重に見える
  • 言葉が出てこない、言葉を理解できない
  • ろれつが回らない
  • 意識の低下

※症状は突然現れるケースが多いです。
上記の一つだけが現れる場合や、同時にいくつかの症状が組み合わさることもあります。

脳梗塞かも…どうすればいい?

医師男性
脳梗塞を疑う場合は、早めに脳神経内科、脳神経外科を受診しましょう。

早期に治療を開始することが大切なので、軽症だとしてもすぐに受診してください。

また、体の片側のしびれが強い場合は、早急に脳神経内科、脳神経外科を受診しましょう。

脳神経内科・脳神経外科を探す

合わせて読みたい
片方の腕がしびれる
2021-02-17
「片方の腕がしびれる…」しびれの原因をお医者さんが解説します。脳梗塞の可能性がある“要注意な症状”も確認しましょう。

腕のしびれは早期受診をおすすめします

医師男性
腕のしびれは、脳や神経に関係する重い病気のサインとなっているケースもあります。

腕のしびれに気づいた場合は、早めに病院へ行くことをおすすめします。
放置すると、腕のしびれだけでなく、歩行困難になるなど日常生活に支障をきすケースもあります。

また、治療にも時間がかかってしまうため、早期治療を行いましょう。
病院で検査を受け、原因に合わせた治療をしていきましょう。

整形外科を探す

合わせて読みたい
腕が痛い
2021-07-13
「腕が痛くて、だるい…」頚肩腕症候群、胸郭出口症候群など考えられる原因を解説します。

監修者

永澤 守 先生

かつしかキュアクリニック
院長

永澤 守先生

経歴

平成14年福井医科大学(現福井大学医学部)卒業
岐阜大学高齢科神経内科入局後松波総合病院にて内科研修、
岐阜大学高次救命救急センター出向。
美濃市立美濃病院内科。
東京さくら病院及び同認知症疾患センター勤務の後
令和元年7月かつしかキュアクリニック開業。

病院探し&受付予約ができる
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 9
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

キーワード