妊娠中期「出血なしの下腹部痛」大丈夫?“鈍痛”や“ツーンとした痛み”など

妊娠中期「出血なしの下腹部痛」大丈夫?“鈍痛”や“ツーンとした痛み”など

公開日:2021-04-06

妊娠中期の下腹部痛。
出血がないなら…大丈夫?

お医者さんに、「妊娠中期の腹痛の原因」を聞きました。心配のない腹痛のケースもあるんで、参考にしてみてくださいね。


石野博嗣 先生

監修者

石野医院

副院長
石野博嗣 先生

経歴

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院(現 横須賀市立うわまち病院) 産婦人科
2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手
現在 石野医院の副院長

痛いけど…「出血がなければ大丈夫?」

今、妊娠中期です。
「出血がなければ、まずは安心」というのは…本当でしょうか?
ママ(困り顔)
先生(男性)
出血がなければ、妊娠に影響していることは少ないです。
ただし、「出血がなくとも腹痛がどんどん強くなっている、動けないほどの痛み」といった場合は、注意が必要です。

楽な姿勢をとって、安静にしていればおさまる程度の下腹部痛であれば、基本的に問題ないでしょう。疲れやストレスでも、腹痛は起こります。妊娠中は、様々な面で無理しないようにしてください。

こんな腹痛は「出血がなくても要注意」!

先生(男性)

出血がなくても

  • 痛みが強くて動けない
  • 冷や汗が出ている
  • 下痢や嘔吐を伴う
  • お腹の張りが強くなって、下腹部が硬くなっている

という場合は、すぐに病院へ連絡をしましょう。

出血がなくても、「切迫早産」「切迫流産」が進むことがあります。早急に対処が必要なので、一度かかりつけの先生に診てもらいましょう。

また、下痢や嘔吐を伴う場合は、「食中毒」「細菌感染」なども考えられます。胎児に影響が出る場合もあります。痛みが強い、複数の症状を伴う場合は病院受診をしましょう。

妊娠中期でも「出産が始まる」ケースも

「生理痛のような痛みがある」場合や、「一度おさまってもまた腹痛が起こる」場合は、出産が始まっていることもあります。これは早産となるので早急に病院受診が必要です。

妊娠中期の下腹部痛の「よくある原因」

先生(男性)

よくあるのは

  • 子宮が大きくなることによる腹痛
  • ホルモンバランスの影響による腹痛

です。

妊娠中期になると赤ちゃんも徐々に大きくなります。その影響で子宮が大きくなり伸ばされます。これに伴い靭帯も伸びて腹痛を感じます。

子宮が伸びることに伴う下腹部痛・張り感・腰痛などは、ほとんどの人が長期間感じます。後期になっても引き続き痛みや違和感として感じることもあります。

また他にも子宮が大きくなる頃になると下痢や便秘などを繰り返し、腹痛を発症することもあります。これは、妊娠によるホルモンバランスの変化が影響して起こります。

ただこれらの痛みは、1日中ずっと続くというよりは、「気がついたら痛む」「意識すると痛む」という感じでしょう。

【体験談】妊娠中期の下腹部痛

ママ
私の場合は下腹部がキューっと締め付けられるような感覚でした。痛みが出た時は横になったり和らぐまで座ったりして休むようにしていました。
(6か月の女の子のママ)
ママ
お腹が張るのとは別で、ちくちくと針が刺さるような痛さがありました。痛さがある時は座ったり横になったりと休んでいました。
(0歳の女の子のママ)
ママ
下腹部あたりがズキズキ痛む感覚があった。腹痛があるときにはなるべく身体を動かさず安静に過ごしていた。
(0歳の女の子のママ)
ママ
仕事で忙しくて動きすぎると、お腹全体がピーンと張って痛くなるようなことがあった。
(9か月の女の子のママ)

下腹部痛を和らげるには?

妊婦 ホッカイロ

先生(男性)
無理せずに安静にしましょう。
腹帯をつけたり、体を動かせるようであればお風呂にゆっくりはいるなどして、体を温めましょう。

また、下痢の腹痛は、体を冷やさないようにして経口補水液などで給水し、脱水を防ぎましょう。

便秘に伴う腹痛は、適度な運動と水分補給、食物繊維の多い食事をとりましょう。しかし、妊娠中の便秘はなかなかよくならないこともあります。つらい時はかかりつけ医師に相談してください。妊婦さんでも飲める薬を処方してもらえます。

こんな方法はNG!

先生(男性)
体を冷やす行動はやめましょう。
冷えると下腹部痛や腰痛などが強くなります。

妊娠中は、体を冷やさないようにしましょう。
また、自己判断で薬を服用するのはやめましょう。


石野博嗣 先生

監修者

石野医院

副院長
石野博嗣 先生

経歴

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院(現 横須賀市立うわまち病院) 産婦人科
2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手
現在 石野医院の副院長

お腹が大きくなる前に始めよう!

ナチュラルマーククリーム

一度できたらまず消えない「妊娠線」。
妊娠初期からケアを始めることが大切です。

ママ&キッズの「ナチュラルマーククリーム」は、公式通販で買うとお得な特典が盛りだくさん!

お得な公式通販をみる

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

New
新着