子どものリンパ節炎|発熱やしこり。いつ治る?病院は何科?

子どものリンパ節炎|発熱やしこり。いつ治る?病院は何科?

公開日:2020-07-31

子どものリンパ節炎に、親はどう対処すべき?

子どものリンパ節炎の症状の特徴や、なってしまう原因を聞きました。
「いつ治る?」「病院は何科?」といった疑問にも答えます。


武井智昭 先生

監修者

高座渋谷つばさクリニック

院長
武井智昭 先生

経歴

公益社団法人 日本小児科学会 小児科専門医

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」の院長として勤務
2020年 「高座渋谷つばさクリニック」院長就任

リンパ節炎とは

先生(男性)
リンパ節炎とは、細菌・ウイルス・真菌などの感染によって、「リンパ節」に炎症が起こることです。

リンパ節は、体にとっての敵(菌・ウイルスなど)が侵入してこないよう・悪さをしないように見張っています。体に不要な細菌などが侵入してくるとリンパ節でそれらの敵をリンパ球などが攻撃して、リンパ節が炎症をおこすことがあります。

先生(男性)
子どもに多いリンパ節炎はウイルスや細菌、真菌感染が主で、発症する場所は、首まわり、太ももの付け根、腋の下などです。

リンパ節炎の原因

先生(男性)
リンパ節炎は、体の免疫力が下がっているときになりやすいです。

通常は、免疫力によってリンパ節で細菌やウイルスをやっつけることができます。
しかし、病気をしていて体が弱っている状態や、疲労が溜まっている、ストレスが多い、免疫を低下させる薬剤(ステロイドや免疫抑制剤)などで免疫力は低下します。

このような状態の時にウイルス・細菌が侵入すると、リンパ節やその周辺組織にも炎症が広がり圧迫痛や熱を持ちます。

リンパ節炎を伴う子どもの病気

  • 風疹
  • おたふく風邪
  • 溶連菌感染
  • ブドウ球菌感染
  • 肝炎
  • EBウイルス
  • サイトメガロウイルス感染
  • 結核
  • 川崎病 など

リンパ節炎の「症状の特徴」

先生(男性)
リンパ節の炎症だけでなく、リンパ節周辺の腫れや発熱や悪寒、食欲不振、頭痛などを伴うことが多いです。

初期症状

  • 腫れに沿っての圧迫感や熱感
  • リンパ節の腫れ(1センチ以上)

症状が進むと…

  • 触らなくても強い痛みを感じる
  • 発熱
  • 悪寒
  • 皮膚の発赤

さらに症状が悪化すると…

  • 重い倦怠感
  • 高熱

リンパ節炎の「しこりの特徴」

先生(男性)
リンパ節炎のしこりは、腫れていて、触ると痛みを感じます。腫れがひどいと触らなくてもズキズキと痛みます。

腫れは動かそうと思えば動きますが、痛みを伴います。腫れや痛みがあるときは、無理に触らないでください。

【注意!悪性リンパ腫のしこりかも】


リンパ節に痛みもないのにしこりがある・増えている・大きくなっているという場合は、悪性のリンパ腫の可能性もあります。気がついたら病院を受診しましょう。

リンパ節炎の対処法

先生(男性)
熱を持っている部分を、保冷剤や冷感シートなどで冷やしてあげると楽になります。また、解熱剤・鎮痛剤を使用すると、発熱や痛みが治まり、楽になります。

リンパ節炎は、通常は風邪のウイルスなどによるものなので、自然治癒することも多いです。ただし、腫れがひどい場合や高熱が出ている場合は、解熱鎮痛薬を使った方が生活に支障はなくなります。

リンパ節炎はいつ治る?

先生(男性)
個人差はありますが、発熱から数日でおさまれば問題ないでしょう。

・発熱や腫れが3日以上引かない
・症状が悪化している
という場合は、症状が進行していたり、体力が奪われていたりするので、早急に病院を受診しましょう。

病院は何科?

先生(男性)
小児科を受診しましょう。

小さな子どもは、体力もまだないので、熱が高くなる・腫れがひどくなる前に病院を受診して治療を受けましょう。腫れる回数が多い場合は、別の病気が隠れていることもあるので、小児科医に相談をしてみましょう。

小児科を探す

リンパ節炎の治療法

先生(男性)
細菌では抗菌薬を使用します。
ウイルスや他原因であれば、腫れや発熱に対しての治療が行われます。

腫れや発熱症状が低い時に受診をすれば、治療も早く受けられるので、症状も軽く済む場合が多くなります。腫れがピークになると、痛みもそれだけ強くなり、外科的な処置を要する場合もあり子どもの体にも負担がかかります。

リンパ節炎を繰り返すケース

リンパ節炎を繰り返します。
なぜでしょうか…?
ママ
先生(男性)
小さな子どもは、様々な細菌やウイルスに感染します。
年齢を重ね、体力・免疫ついてくると回数も減ってきます。
参考
MSDマニュアル リンパ節炎
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/17-皮膚の病気/皮膚細菌感染症/リンパ節炎
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連タグ

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 誕生日 子育て中 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 初産 妊娠中の過ごし方 発熱 産後の体調不良 マンガ 旦那のこと 出産 母乳育児 産後の過ごし方 ワーキングマザー 腹痛 3歳 妊娠の兆候 予防接種 下痢 インフルエンザ 兄弟姉妹 発疹や湿疹 寝かしつけ 便秘 頭痛 出産の兆候 経産婦 中耳炎 嘔吐 時短テクニック 手足口病 貯金 水疱瘡 おたふく風邪 とびひ 風邪 ロタウイルス 勉強 ヘアスタイル マイコプラズマ 赤ちゃん 出産の痛み ダイエット 鼻づまり 習い事 おしゃれママになろう 着床出血 RSウイルス 美容院 子連れのお出かけ 掃除 突発性発疹 ものもらい みそさんの「子育て漫画」 麦さんの「子育て絵日記」 ゴルシさおりさんの子育て漫画 めめさんの「育児絵日記」 ちとせ育児 星田さんの「6さい差兄弟日記」 結膜炎 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 乳児湿疹 陣痛 痰がらみ おなら 妊娠中期 イヤイヤ期 ママ友のこと コーディネート 帝王切開 産休・育休 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 出産入院 ようみん。さんの育児漫画 さとうゆきさんの「育児漫画」 髄膜炎 つわり ワンオペ育児 アデノウイルス あせも ヘルパンギーナ 専業主婦 洗濯 麻疹 耳垢 ホルモンバランス 赤ちゃんのイベント 反抗期