「婦人科で内診したくない」受けなくていい?怖い・痛みを克服する方法は?

更新日:2022-08-30 | 公開日:2020-11-19
55
「婦人科で内診したくない」受けなくていい?怖い・痛みを克服する方法は?

婦人科で内診をしたくない…。
なんだか痛そうで、怖い…。

内診は必ず受ける必要があるのか、お医者さんに聞きました。
リラックスして検査を受けるための方法も解説します。

監修者
石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

内診って、どんなときに必要なの?

医師男性
成長・加齢によって変化する女性の体に、不調がないかを確認するときに必要となります。

内診では、子宮や卵巣の大きさ・固さ、まわりとの癒着の有無を診ます。
特に、「下腹部の圧痛」は内診以外には診断することはできません。

婦人科で内診が怖い…

婦人科で内診を受けるのが不安です…。
女性
医師男性
内診が嫌な方は、内診ではなく超音波検査等で対応可能な場合があります。問診の際、医師に相談してみましょう。

患者さんの不安を取り除くために、設備の説明もしてくれます。女性医師が診察をしている病院も多いので、希望があれば事前に伝えましょう。

内診は痛いの?

内診が痛そうで…不安です。
女性
医師男性
痛みの感じ方は人それぞれです。機器は体内を傷つけないようにできているので、痛みを感じることはほぼありません。

しかし、体に力が入ると痛みを感じることがあるので、できるだけリラックスして受診してください。

場所に慣れるために、初めは問診、その後超音波検査など何回かに分けて受診することも可能です。

医師男性
希望があれば、医師や看護師、受付スタッフに伝えましょう。

怖くない!内診の心得

内診への恐怖や緊張感を和らげるために、自分でできる対処法はありますか?
女性
医師男性
下半身の露出を少なくすると、落ち着くケースがあります。長めの靴下を履くと安心感を得られると思います。

また、ひざ掛けやタオルを借りて、下腹部にかけておく方法もおすすめです。

受診するとき、こんなことに気をつけよう

婦人科 内診したくない

服装は?

医師男性
脱ぎやすい服(下着や靴を含む)で行くのがよいでしょう。
ゆったりとしたスカートなどがおすすめです。

ズボンだとベッドや内診用の椅子に乗る時に下半身が見えるので、落ち着かないかもしれません。
スカートであれば、タイツや下着を脱いでも下半身が見えないため安心です。

生理中は避けたほうがいい?

医師男性
定期検診など緊急を要していない時は、予約日の変更をおすすめします。

生理中は、出血の量によっては内部が通常より見にくくなります。
どこかで出血炎症があってもわかりにくいので、生理日は避けるようにしましょう。

洗ってから行くべき?

婦人科へ行く直前に、お風呂やシャワーで陰部を洗った方がいいですか?
女性
医師男性
そのままの受診で問題ありません。清潔な状態で受診した方が、ご自身が落ち着く場合は、ビデで簡単に洗う程度にしましょう。

シャワーや石鹸などでしっかり洗うと、膣内の異常がわからなくなってしまう場合があるので注意しましょう。

婦人科を探す

合わせて読みたい
なぜ?原因がわからずとにかく体調が悪い…解消法は?病院は何科?
2020-12-04
なぜだかわからないけど、とにかく体調が悪い…。 どうすればいいのか教えて! 原因不明の体調不良をどう解消すればいいのか、お医者さんに聞きました。 もしかするとその症状は、隠れた病気のサインかもしれないので、不調が続く方は注意しましょう。 なぜ?原因がわからずとにかく体調が悪い 内科を受診しても悪いところが見つからず、体調不良が続いている場合は、「自律神経失調症」の可能性が高いです。 自律神経失調症のメカニズム 「体の熱が上がる」「心拍数が上がる」「眠る」といった自律神経の機能が正常に働かなくなり、バランスが崩れることによって、自律神経失調症となります。 自律神経失調症の主な症状 動悸がする ほてりがある  疲労感、だるさがある  気分の落ち込みがある  めまい、耳鳴りなどがある 自律神経失調症の2つの原因 原因① ストレス・疲労過多 ストレスや疲労によって、体の機能が正常に働かなくなります。 疲労状態が長いと、自律神経にも影響がおよび、自律神経失調症を引き起こします。 原因② 更年期障害 更年期障害は、女性ホルモンの急激な減少を招き、脳にも影響を及ぼします。 女性ホルモンが急激になくなると脳をコントロールする部分が乱れ、自律神経失調症を発症させます。 改善するにはどうすればいい? 自律神経失調症は生活習慣を整えることで、改善に向かうケースが多いです。 次の3ポイントの改善を意識してみてください。 1.十分な睡眠をとる 毎日決まった時間に就寝・起床するようにしましょう。 食後は3時間ぐらい空けてから就寝してください。また、朝は朝日を浴びて目を覚まし、体内リズムを整えるようにしましょう。 2.食生活の見直す 毎日3食、栄養バランスのとれた食事をとりましょう。 朝食を食べ、朝から行動的に過ごすようにしてください。朝食を抜くと1日の生活リズムが崩れてしまいます。 ★摂取したい栄養素★ 玄米やトマトに多く含まれている「GABA」を摂取するようにしましょう。 脳の機能を助けてくれます。 ※食品なので、食後すぐに症状が改善するわけではありません。 3.適度に運動をする 毎日、適度に運動すると、心地よい疲労感が生まれ、睡眠もしっかり摂れるようになります。 軽めのウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を30分程度行うのがおすすめです。 市販薬でも改善できる? 自律神経失調症を直接よくする市販薬はありません。 質のよい睡眠を誘導するものや、「GABA」のサプリメントなどがありますので、薬剤師に相談の上、使用するようにしてください。 特に「既に薬を飲んでいる」方は注意! 普段から常用しているお薬がある方は、市販薬を使用しないでください。 主治医に相談の上、処方薬やサプリメントを使用するようにしてください。 それでも改善されない場合は… 生活習慣を整えても症状が中々改善されない場合は、病院で治療を受けることをおすすめします。 何かを変えなければ治らない可能性が高いため、治療を受けましょう。 疲労感・頭痛・微熱などの「全身症状」がでている方 ⇒内科をおすすめします。 内科を探す イライラ、焦り、憂鬱など「ストレス症状」が強い方 ⇒心療内科をおすすめします。 心療内科を探す 「病気のサイン」のケースも 「とにかく体調が悪い」という症状が続く場合  慢性疲労症候群 甲状腺機能低下、機能亢進症  がん など、病気のサインの可能性があります。 それぞれの症状を解説します。 病気① 慢性疲労症候群 継続的な微熱 関節痛 倦怠感 朝起きられない といった症状があります。 このような症状が現れた場合、内科の受診をおすすめします。 内科を探す 病気② がん 体調不良 倦怠感 疲労感 食欲不振 痩せる 微熱 といった症状があります。 このような症状が現れた場合は、内科の受診をおすすめします。 内科を探す 病気③ 甲状腺機能低下、機能亢進症 体調不良 倦怠感 むくみ 脈が速くなる 痩せる イライラする 息があらくなる といった症状があります。 このような症状が現れた場合、内科の受診をおすすめします。 内科を探す この症状は早く病院へ 急に元気が出なくなり、倦怠感や疲労が取れない、体の一部が腫れてきているなどがある場合は、要注意です。 病院で治療を受けるメリット 自律神経失調症が原因の場合 短期間での症状改善が期待できます。また症状によって治療法が用意されているので、必ず病院を受診しましょう。 他の病気が原因の場合 早期に発見して治療を開始することで、悪化を防止できる可能性が高くなります。 ▼参考 厚生労働省e-ヘルスネット 自律神経失調症
合わせて読みたい
ストレスのせい?「背中の痛み」息苦しい、右側・左側だけ痛い…何科を受診?
2019-12-27
ストレスが原因で背中痛が生じるケースがあります。 ときには「息苦しい」「胃が痛い」といった症状がでることも…。 対処法を、お医者さんに聞きました! 「背中が痛い!」原因はストレスのケースも 自律神経の影響で、ストレスが原因で背中痛が出る人もいます。 ストレスは、体のあらゆる器官の働きを調節している「自律神経」の働きにも影響を及ぼします。 痛みに加え「息苦しい」ことも ストレスが多くなり、うまく自律神経の調節ができなくなると、 体や手足が冷たくなり血流が悪化する 動悸・息が苦しくなる という症状が現れる人もいます。 痛みに加え「胃痛」がある場合は… 「胃痛」や「胃酸の上昇」などを伴って背中の痛みがある場合、逆流性食道炎等の可能性もあります。 逆流性食道炎は、胃液が何度も食道側に逆流して食道に炎症をきたす病気です。背中痛を同時に訴える患者さんも多くいます。 ストレスによる背中の痛みにはマッサージも 背中のマッサージは、体全体の血流を良くしてくれます。 体の血流が良くなるとストレスや痛みの緩和にも有効です。 市販薬は「使ってもいいが…長期はNG」 市販の鎮痛剤で一時的に背中の痛みがおさまる場合もあります。 ただし、長期的な使用は控えましょう。 1週間ほど痛みが続く場合は、痛みの原因を確認する必要があるので病院を受診しましょう。 原因不明のまま、痛み止めだけで対処していると、何か大きな病気を見過ごしてしまう可能性もあります。 また、痛み止めを連用していると、胃潰瘍や腎障害、肝障害などの副作用を引き起こすケースもあります。 「病気」の可能性も 「背中を使う運動をしたりしたわけではないのに背中が痛い、違和感がある」場合や、「安静にしているのに痛みがある」という場合は、何か病気が隠れているかもしれません。 特に、痛みが強くなったり、他の頭痛、腹痛、胸痛などの症状が併せてあるようなら、早めに病院を受診してください。 背中の「右側が痛い」病気 「背中の右上方が痛い」場合は、肺炎、胸膜炎、肺結核、気胸など肺の病気、「背中の右下部が痛い」は、膵炎、肝炎、十二指腸潰瘍、腎盂炎、腎結石などの可能性があります。  痛みの特徴の違い 肝炎:体全体の倦怠感と背中の痛み 十二指腸潰瘍:差し込んでくるような痛み 腎臓に異常がある:発熱と背中痛 背中の「左側が痛い」病気 「背中の左上方が痛い」場合は、狭心症や心筋梗塞、解離性大動脈瘤といった心臓に関わる病気、「背中の左下方が痛い」場合は、膵炎、膵臓がんなどの可能性があります。  痛みの特徴の違い 狭心症:押さえつけられるような圧迫感 解離性動脈瘤:体が引き裂かれるような強い痛み 膵臓の異常:少しの痛みから徐々に痛みが増し、今まで感じたことのないような激痛に変化する 何科を受診すればいい? 体を動かすときに痛みがある場合や体をひねると痛みがある場合等は、筋肉や骨などに異常がある場合が多いです。 整形外科を受診して血流の状態や筋肉の張りやコリを診察してもらいましょう。 整形外科を探す ※その他は内科や循環器科、呼吸器科などに相談してみてください。 内科を探す
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 55
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事