なぜ?瞬きすると目の下の骨が痛い…ものもらいや副鼻腔炎かも。病院は何科?

更新日:2022-08-30 | 公開日:2020-08-21
49
なぜ?瞬きすると目の下の骨が痛い…ものもらいや副鼻腔炎かも。病院は何科?

瞬きをすると目の下の骨が痛い…これは大丈夫?

考えられる原因と対処法を、お医者さんに聞きました。
病院に行く目安や特に注意すべき症状もご紹介しますので、心配な方はぜひ参考にしてください。

監修者
山内 明子 先生

田町三田やまうち眼科
眼科医

山内 明子先生

経歴

田町三田やまうち眼科。東京医科大学眼科入局

 

 

瞬きすると目の下の骨が痛い…どうすれば?

医師女性
目の下の骨あたりで炎症が起こっている可能性が高いです。また、目の周りにケガをしたときも、痛みを感じることがあります。

応急処置の方法

  1. 痛い部分を軽く冷やす
  2. できるだけ動かさない

冷やすときは、保冷剤などをタオルにつつんで、患部にやさしく当てましょう。

「痛みが一時的でその後繰り返さない」「痛み以外の症状がない」というときは、一旦様子を見てもいいでしょう。

この症状は特に注意!

瞬きすると目の下の骨が痛い

病院へ行く目安

医師女性
  • 痛みが強い
  • 痛みがどんどん悪化する
  • 痛い部分が腫れてくる
  • 痛みを繰り返す

という場合は、病院を受診してください。

痛み以外にも、

  • 臭くて粘度のある鼻水が出ている
  • 発熱がある
  • 鼻づまりが続く
  • 臭いを感じない(嗅覚障害)
  • 頭が重く感じる

というときも要注意です。できるだけ早く病院を受診してください。

なぜ?「瞬きすると目が痛い」原因

医師女性
この症状は
① 麦粒腫(ものもらいの一種)
② 霰粒腫(ものもらいの一種)
③ 副鼻腔炎
④ 上顎洞がん
が原因のケースが多いです。

原因① 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

まぶたにある汗や脂の分泌腺に細菌感染が起こり、炎症を起こした状態です(化膿性炎症)。
痛みを伴い、赤く腫れるケースが多いです。

麦粒腫の「原因」

まぶたにいる黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌が原因となって、次のような状態のときに発症します。

  • 免疫力が低下している
  • ストレス過多
  • アルコールの過剰摂取

主な症状

初期は軽い痛みですが、炎症が悪化すると痛みが増します。
その他、「腫れや赤み」「かゆみがでる」「光をまぶしく感じる」「目に異物感がある」「目やにが多い」という症状がでることもあります。

自然に治る?

医師女性
自然に治ることもありますが、悪化を防ぐため、自己判断せずに病院を受診した方がよいでしょう。

早く治すためには、次のことを意識しましょう。

  • 規則正しい生活を送る
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • ストレスを溜め込まない
  • アルコールを控える
  • 刺激が強い食品の摂取を控える
  • 手洗いをしていない状態で目や目のまわりに触れない
  • コンタクトレンズは使用しない
  • アイメイクは控える

病院に行く目安

  • まぶた全体が腫れて、痛みが強い
  • 皮膚の下に膿が生じている
  • しこりが大きくなってきている

何科を受診する?

医師女性
眼科を受診してください。

眼科を探す

原因② 霰粒腫(さんりゅうしゅ)

まつ毛の根元にあるマイボーム腺に、脂の分泌腺が詰まっている状態です(慢性の肉芽性炎症)。まぶたの縁にしこりが発生し、大きくなると違和感があります。

霰粒腫になってしまう「原因」

  • 体調不良
  • 疲労過多
  • 目のまわりが不衛生

主な症状

痛みを感じることはほとんどありません。
ただし、「まぶたが腫れる」「異物感がある」「眼まぶたにしこりができる」ということもあります。

自然に治る?

医師女性
症状が軽い場合は、自然治癒することがあります。

早く治すには、次のことを心がけてください。

  • 規則正しい生活を送る
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • ストレスを溜め込まない
  • アルコールを控える
  • 刺激が強い食品の摂取を控える
  • 手洗いをしていない状態で目や目のまわりに触れない
  • コンタクトレンズは使用しない
  • アイメイクは控える

病院に行く目安

  • まぶた全体が腫れて、痛みが強い
  • 皮膚の下に膿が生じている
  • しこりが大きくなってきている

何科を受診する?

医師女性
眼科を受診してください。

眼科を探す

原因③ 副鼻腔炎

副鼻腔(鼻の奥にある空洞)や鼻の粘膜に、細菌やウイルスが侵入し、炎症が起こる病気です。副鼻腔で炎症が生じる、膿が溜まっている、腫瘍の発生などによって、目の下の骨に痛みが生じることがあります。

副鼻腔

放置すると、「膿」が鼻水として流れ出る場合があります。

副鼻腔炎になってしまう「原因」

  • 細菌やウイルス
  • アレルギー

主な症状

副鼻腔炎を発症すると、痛みと腫れが起こる場合があります。「重たく感じる痛み」「ジンジンする痛み」が特徴です。突然、激痛が走ることもあります。

その他、

  • 青っぽい鼻水(粘度のある鼻水)
  • 鼻呼吸が困難になる
  • 喉がイガイガする
  • 咳や痰が出やすくなる
  • 重症化すると、高熱や視力障害などの症状が出る
  • 慢性化すると、ポリープ(鼻茸)ができる
  • 真菌(カビ)の増殖で炎症が起こると、悪臭がする鼻水や血が出る

という症状がでることもあります。

自然に治る?

医師女性
急性副鼻腔炎の場合は、自然治癒することがあります。

症状が出たばかりの初期段階では、自然治癒する可能性があるため、数日間様子を見ることがあります。

早く治すために、

  • 喫煙者は禁煙する
  • 鼻すすりをしない
  • 鼻をかむときは片方ずつ順番にかむ

を意識しましょう。

病院に行く目安

  • 粘度のある青色、黄色の鼻水が続く
  • 風邪が悪化して、膿のような鼻水が出る
  • 頭痛がある、頭が重い
  • 発熱がある
  • 嗅覚異常が起きた

何科を受診する?

医師女性
耳鼻いんこう科を受診してください。

耳鼻いんこう科を探す

原因④ 上顎洞がん

上顎洞がんは、目・頬骨・鼻・上の歯に囲まれた「上顎洞」に発生するがんです。

  • 50歳以上の男性
  • 喫煙者
  • アルコールを多く飲む人

に多いです。

上顎洞がんになってしまう「原因」

上顎洞がんは、慢性副鼻腔炎が悪化して、がんへと変化することがあります。

副鼻腔で発生したがんが目のほうへ広がると、目の下の骨周辺に痛みや腫れが起こります。

主な症状

がんが小さいうちは、自覚症状があまりありません。粘度がある鼻水や膿が出る、鼻づまりが起こるなど、副鼻腔炎と同じような症状があります。

がんが大きくなると、上顎洞の骨壁を壊し(骨破壊)、周りの組織を圧迫して痛みを感じます。患部を押すと痛みを感じます。しびれるような痛みが特徴です。

その他に

  • 片側の鼻が詰まる
  • 片側の鼻から臭いのある鼻水が出る
  • 片側の鼻から鼻血が出る
  • 物が二重に見える
  • 頬の違和感がある
  • 目やにが出る

という症状がでることもあります。

自然に治る?

医師女性
上顎洞がんの自然治癒は困難です。

副鼻腔炎のような症状が続いたり、気になる症状が出たりしたら、早めに病院を受診してください。

病院に行く目安

  • 鼻詰まりが続く
  • 臭いを伴う鼻水が続く
  • 顔面に痛みを伴う腫れがある
  • 鼻水に血が混ざる

何科を受診する?

医師女性
耳鼻いんこう科を受診してください。

耳鼻いんこう科を探す

「何科を受診すればいいか迷う」場合

医師女性
まずは耳鼻いんこう科を受診して、相談してください。

耳鼻いんこう科を探す

早期受診のススメ

医師女性
医師の診断を受けることで、病気に合った治療や薬を処方してもらえます。
それにより、症状の早期改善症状悪化の予防が期待できます。

しかし、放置すると、危険な病気を見逃してしまい、重症化したり、命にかかわるような状態に陥ったりする恐れがあります。

できるだけ早く、病院を受診してください。

合わせて読みたい
なぜ?「涙袋が腫れる」原因。自然に治る?放置してはいけない目の病気のケースも
2021-08-05
「涙袋が腫れてる…これは何?」 原因にはアレルギーや寝不足、コンタクトレンズの誤使用などが挙げられます。 ものもらい、涙嚢炎といった病気も考えられるため、注意が必要です。 病院に行く目安も併せて解説します。 涙袋が腫れる…原因は? 突然、涙袋が腫れるという症状には、 むくみ 皮膚かぶれ アレルギーによる炎症 コンタクトレンズの誤使用 細菌、ウイルス感染 皮脂の過剰分泌 などの原因が考えられます。 むくみは、塩分や水分の過剰摂取、睡眠不足で起こりやすいです。 皮膚かぶれは、肌に合わない化粧品などで起こります。 また、不潔な手指で皮膚に触れると、細菌・ウイルスによる炎症の原因となります。 どう対処すればいい? 1.「むくみ」が原因の場合 入浴して血行を促しましょう。水分を排出することで症状の改善が期待できます。 また、十分な睡眠時間を確保することも、むくみ改善につながります。 むくみが治るまでは、水分や塩分、アルコールの過剰摂取は控えてください。 2.「皮膚かぶれ」が原因の場合 肌への刺激が少ないタイプ、無添加タイプの化粧品に変更しましょう。 使用時はゴシゴシ擦ったり、強く圧を掛けたりしないでください。 また、化粧時に使用するパフ、ブラシは清潔な状態に保ちましょう。 3.「アレルギー」が原因の場合 花粉、ダニ、ハウスダストなどのアレルゲンを避けてください。 ダニやハウスダストが原因の場合は、こまめに部屋を掃除・換気することが大切です。 4.「コンタクトレンズの誤使用」が原因の場合 腫れが落ち着くまでは、コンタクトレンズの使用を控えましょう。 様子をみて快方に向かうようであれば、心配いりません。 ただし、炎症が治まらないのであれば、医療機関の受診をおすすめします。 5.「細菌、ウイルス感染」が原因の場合 細菌やウイルスの感染による炎症が疑われる場合は、医療機関を受診してください。 セルフケアでは症状が改善しない可能性があるからです。また、放置すると症状が悪化し、完治までに時間が掛かってしまう場合もあります。特に流行性角結膜炎は非常に感染力が強いため、家族や周囲の人々に感染させてしまう恐れもあります。 6.「皮脂の過剰分泌」が原因の場合 腫れが軽度であれば、清潔なホットタオルで目の周辺を温めましょう。 皮脂が柔らかくなり、詰まりが解消し、症状が快方に向かう場合があります。 揚げ物等の油脂分が多い食事の過剰摂取は避けましょう。 こんなときは病院へ 2日以上経っても涙袋の腫れが治まらない 激しい痛みがある 目やに、目の充血の症状を伴う しこりのようなものが発生している といったときは、医療機関の受診をおすすめします。 重症化すると、治療に手術が必要になるケースもあります。 負担の大きい治療を避けられるよう、早めの受診を心がけましょう。 病院は何科? 涙袋の腫れは、眼科で治療を受けられます。 眼科を受診すると、腫れの原因を調べてもらえます。 原因合わせた治療を受けることで、症状のより早い改善が期待できます。 眼科を探す 涙袋が腫れる2つの病気 涙袋が腫れるのは、 ものもらい(麦粒腫) 涙嚢炎(るいのうえん) といった病気が考えられます。 病気① ものもらい(麦粒腫) まぶたにあるマイボーム腺や汗腺に、細菌感染が起こる病気です。 涙袋が腫れるケースもあります。 原因となる細菌には、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌などが挙げられます。 症状の特徴 片目に症状が出現する場合もあれば、両目にできる場合もあります。 軽い痛み、かゆみを伴うケースが多いです。 こんな症状はありませんか? 涙袋やその周辺の腫れ、赤み 腫れている部分から膿が出る まばたきすると痛みが生じる 目の充血 目の異物感 白っぽく腫れる(膿が溜まっているため) ものもらい(麦粒腫)の原因 疲労過多 睡眠不足 コンタクトレンズの不衛生使用 目を触る癖 などが挙げられます。 寝不足や疲労は免疫力を低下させてしまうため、細菌に感染するリスクが上昇します。 自分でできる対処法は? 温めたタオルで患部を温めると、腫れが和らぐことがあります。 症状が軽い場合は、十分な睡眠時間を確保して様子を見てみましょう。 悪化の恐れがあるため、コンタクトレンズの装用、アイメイクはしばらく控えてください。 なお、強い腫れや痛み、目の充血を伴うときは早めの受診をおすすめします。 大きく悪化すると、感染が周辺部分まで拡大し、失明につながる合併症(眼窩蜂窩織炎)を引き起こす恐れがあります。 病院は何科? ものもらいは、眼科で治療を受けられます。 医療機関では、お薬を使った治療が多いです。 使用される薬には、抗生物質の目薬や抗菌作用のある軟膏があります。 また、重症の場合は切開手術も検討されます。 症状により個人差がありますが、治療を行うと7日ほどで改善するケースが多いです。 眼科を探す 病気② 涙嚢炎(るいのうえん) 涙嚢(涙を溜めておく袋)に炎症が起こる病気です。 この病気により、涙袋が腫れることがあります。 症状の特徴 片目に症状が出現する場合もあれば、両目にできる場合もあります。 急性の場合、強い痛みを伴うケースが多いです。 こんな症状はありませんか? 涙袋の腫れ、赤み 目の周りまで腫れる 目やにの増加 涙の量が増える 患部を押すと、膿や溜まっていた涙が出てくる 涙嚢炎(るいのうえん)の原因 涙嚢炎は、涙の通り道が詰まることが原因です。 これによって出口を失った涙が涙嚢に溜まり、そこに細菌が住み着くと涙嚢炎を発症します。 発症を引き起こすものには、 蓄膿症(副鼻腔炎) 鼻炎 結膜炎 などの病気が挙げられます。 また、加齢によって発症リスクが上昇する傾向があります。 自分でできる対処法は? 涙嚢炎はセルフケアで治せない病気です。 症状を悪化させないよう、すみやかに医療機関を受診してください。 病院は何科? 涙嚢炎を疑うときは、眼科を受診してください。 医療機関では、症状に合わせてお薬の処方や点滴、手術などが行われます。 眼科を探す ※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。 ▼参考 公益財団法人 日本眼科学会 目の病気
合わせて読みたい
目の周りの骨が痛い…病院は何科?頭痛や吐き気は要注意!医師監修
2021-06-18
「目の周りの骨が痛い…」 「目の奥がズキズキ痛む」 目の周りの骨が痛む時、さまざま病気が原因となっている可能性があります。 なかには、放っておくと失明するものもあります。 原因や対処法、NG行動をお医者さんに聞きました。 目の周りの骨が痛いとき、何科の病院に行くべき? 目の周りの骨が痛い場合、まずは眼科を受診しましょう。 眼科を探す 激痛は早く病院へ!「急性緑内障発作」のケースも 目の周りの骨の痛みは、「急性緑内障発作」によって生じている可能性があります。 「急性緑内障発作」とは、突然、眼圧が上がる病気です。 他にも、目の痛み・目の奥の痛み(激しい痛み)・目が重いといった症状があらわれます。 他にも、こんな症状がでるかも! 猛烈な頭痛 吐き気 嘔吐 など 病院へ行くべき? 「急性緑内障発作」を疑う場合は、早急に眼科を受診してください。 放置すれば、数日で失明することもあります。 眼科を探す 目の病気の他にも、こんな原因が考えられます 目の周りの骨が痛い場合によくある原因として、 副鼻腔炎 群発頭痛 が考えられます。 よくある原因① 副鼻腔炎 風邪やアレルギー性鼻炎などを繰り返すと、副鼻腔(鼻の奥から頬の方に広がる空洞)に滲出液や膿が溜まり、副鼻腔炎になってしまうことがあります。 副鼻腔炎は幼児から大人まで発症します。 鼻が詰まりやすい人に多いです。 鼻水をかまずに、すすってしまうとなりやすいです。 膿などが排出されずに溜まっていくと、炎症を起こし、頬の痛みや目の奥の痛みが生じます。 副鼻腔炎の症状 目の下が痛む 目の奥が痛む 頭痛が起こる 鼻が詰まる どろっとした、緑色の鼻水が出る 頬が痛む など 自分でできる対処法は? 鼻をかんで鼻水を排出しましょう。 また、鼻を温めましょう。温かいタオルを鼻の根元に当てたり、湯船に浸かったりすると、鼻水が出やすくなります。 病院は何科? 副鼻腔炎を発症した時は、耳鼻いんこう科を受診しましょう。 症状が慢性化すると、気管支炎や中耳炎に発展することも考えられます。 目の奥の痛み、鼻づまりが1週間たっても改善しない場合は、一度医療機関で相談しましょう。 耳鼻いんこう科を探す よくある原因② 群発頭痛 目の奥をえぐられるような激痛がはしります。 季節の変わり目やストレスなどが関係していると言われていますが、詳しい原因は不明です。 40代の仕事も生活も忙しい男性に多いです。 ストレスや疲れがたまっていると発症しやすくなります。過度の飲酒、喫煙、睡眠不足は群発頭痛の原因につながります。脳の司令塔と言われる視床下部が関係していると考えられています。 群発頭痛の症状 目の周り、目の奥、耳の上あたりに猛烈な痛みを感じる 吐き気がする 嘔吐する 何度も同じような激しい痛みの頭痛を繰り返す 鼻水が出る 鼻がつまる 自分でできる対処法は? 市販薬では効かないことも多く、自分でできる対処法はありません。 群発頭痛が続くときは、医療機関を受診しましょう。 群発頭痛だと思っていたら、髄膜炎や脳腫瘍だったということもります。 病院は何科? 群発頭痛発症した時は、脳神経内科、脳神経外科を受診しましょう。 脳神経外科を探す お医者さんへの「症状の伝え方」 医師には、 いつ頃から痛むか 繰り返し痛むか 発熱があるか どのあたりが痛むことが多いか 触ると痛むことがあるか  などを伝えましょう。 忘れてしまいそうな場合は、メモをとっておくと便利です。 眼科を探す 脳神経外科を探す ※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。 ▼参考 一般社団法人広島医師会 急性緑内障発作

参考
一般社団法人 大阪府眼科医会 第7回めばちこについて
http://osaka-ganka.jp/column/column_07/
参天製薬 ものもらいとは
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hordeolum/
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 鼻の病気
http://www.jibika.or.jp/citizens/daihyouteki2/hana_disease.html
全日本民主医療機関連合会 特集2/副鼻腔炎/重大な合併症を引き起こすことも
https://www.min-iren.gr.jp/?p=20013
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 49
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事