妊娠中のむくみ対策!食べ物やマッサージで解消しよう|医師監修

妊娠中のむくみ対策!食べ物やマッサージで解消しよう|医師監修

公開日:2019-11-08 | 更新日:2021-03-19

「むくみがひどい!どうにかしたい!」という妊婦さんは必読。

お医者さんに、妊娠中のむくみの「原因」と「対策」を聞きました。食べ物やマッサージなど、むくみ解消のためにできることをぜひ試してください。


石野博嗣 先生

監修医

石野医院

副院長
石野博嗣 先生

経歴

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院(現 横須賀市立うわまち病院) 産婦人科
2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手
現在 石野医院の副院長

妊娠中のむくみやすい

先生(男性)
妊娠すると「ホルモンバランス」が変わり、体はむくみやすい状態になります。

妊娠していないときと比べて、妊娠中は血液が薄い状態になりやすく、むくみやすい状態です。さらに、お腹が大きくなればなるほど、心臓に血を力が必要になります。妊娠中は運動不足になる人も多く、さらにむくみやすくなります。

とくに「足」がむくみやすい

先生(男性)
妊娠中は、特に下半身がむくみやすい人が多いようです。

これには、心臓までの間に大きくなったお腹があり、血流やリンパの流れを圧迫しているのが関係しています。

ママ(困り顔)
足がむくんで足首がない状態になってしまっていました。自分の好きな服が着れずに悲しい気持ちになりました。
(小学2年生の女の子と小学6年生の男の子のママ)
ママ
足がだるくてしょうがなかったです。サイズも太くなっていました。仕方ないとは言え産後戻るか不安でした。
(2歳の男の子と5歳の男の子のママ)

むくみ対策①食べ物・飲み物

先生(男性)
塩分を避けて、カリウムを摂取しましょう。

カリウムを多く含む食材を食事に取り入れるとスムーズに塩分を排出してくれます。カリウムは、バナナやキノコなどに豊富に含まれています。

塩分を多く含む食材、また、インスタント食品には塩分が多く入っています。塩分を多く取ると、体では水分濃度を下げようとして、水分を溜め込みます。これがむくみの原因になります。

ママ
私は塩分を控えて、とにかく小まめに水分を摂取するようにしていました。 あとは横になって足を高くあげていると少し楽になりました。
(小学1年生の男の子のママ)

ルイボスティーがいいって聞いたけど…?

ルイボスティーやトマトジュースがいいと聞きましたが・・・本当ですか?
ママ
先生(男性)
むくみがひどい方に、ルイボスティーはおすすめといえます。

ルイボスティーにも塩分を排出するカリウムを含むミネラルが多く含まれています。トマトジュースもカリウムが豊富です。

むくみ対策②マッサージ

マッサージ

先生(男性)
腕や足の「むくみが気になる部分」を、「心臓の方向」に流すようにマッサージします。
ふくらはぎであれば、股の方向に擦り上げてマッサージしてください。

気持ちがいいと感じる強さで行ないましょう。
滑りを良くするためにオイルやボディクリームをつけてからマッサージしましょう。

ママ
ボディオイルやボディクリームを使って、お風呂上がりにしたすらマッサージしました。お腹が大きくなって自分では厳しくなった時は市販で売っているマッサージ機を使いながらしました。
(1歳と5歳の女の子と、4大の男の子のママ)

むくみ対策③股関節のストレッチ

ストレッチ

先生(男性)
股が柔らかくして、血流が良くするストレッチがおすすめです。

例えば

  • 座ったままあぐらをかき、足を上下に動かす
  • 仰向けになり、かかとをつけたまま、膝を左右に開く

といったストレッチで、股関節をほぐしてみましょう。血流が良くなると、むくみ改善になります。

むくみ対策①ツボ押し(足の三里)

足の三里

先生(男性)
足の三里」と呼ばれる、足のすねの外側、膝の下のすぐ下にあるくぼみから指4本分下のツボは、むくみに働きかけます。

適度にプッシュするようにしましょう。

むくみ対策②着圧ソックス

着圧ソックス

先生(男性)
むくみ防止用の着圧ソックスを履いても大丈夫です。
ただし、きつすぎてつらい場合は、短時間で脱いでください。
ママ
私は、風呂や寝る前にマッサージをしたり、弾性ソックスをはいて酷くならないようにしていました。
(小学6年生の女の子と中学2年生の女の子のママ)

NG!やってはいけないむくみ対策

先生(男性)
  • 強すぎるマッサージ
  • 熱いお湯に長湯する
  • 自己判断で漢方薬・サプリを飲む

のはやめましょう。

マッサージ→ソフトにやるのはOK

強いマッサージは、肌を傷つけたり、筋を痛めたりする場合があります。マッサージは、ソフトに行いましょう。

お風呂→ぬるめのお湯に、ゆったりと

血流をよくするためにお風呂に入ること自体はおすすめです。38度~40度程度の、ぬるめのお湯にゆったり浸かりましょう。

「むくみを取るために」と熱いお湯に無理に浸かったり、長湯をしたりすると、妊娠中の体が疲れたり、貧血を起こしてしまう場合もあります。

漢方薬・サプリ→飲む前に、医師に確認!

漢方薬は、薬です。
自己判断でスタートするのはやめ、医師の処方を受けましょう。

むくみによい「カリウム」や「メリロート」を配合しているサプリがありますが、サプリメントは複合的に栄養素が入っているものも多いです。

妊娠中は、摂取するものには、注意が必要です。使用したい場合は、医師に確認しましょう。

よくある悩み1.「むくみが痛い」

先生(男性)
多くの水分が停滞していると「痛み」を感じる場合もあります。

湯船につかり、優しくマッサージをして、足を少し高く上げて眠りましょう。毎日続けるとむくみがよくなっていくでしょう。

よくある悩み2.「体重も増えている」

先生(男性)
体重増加があるときは、適度な運動を取り入れましょう。

妊娠していると動きにくくなり、運動不足で体重が増えることもあります。

  • 少しずつウォーキングをする
  • 家の掃除をする
  • 水泳をする

などを積極的に行い、体を動かしましょう。体を動かすと、むくみの解消にもつながります。

※お腹に張りを感じたらすぐ休みましょう。

こんなむくみは危険!

先生(男性)

むくみに加えて

  • 急激に体重が増加した
  • 血圧が高くなった

場合は、要注意です。

妊娠高血圧腎症・妊娠高血圧症候群などを発症しているかもしれません。
入院が必要なケースもある病気なので、必ずかかりつけの産婦人科の医師に相談してください。


石野博嗣 先生

監修医

石野医院

副院長
石野博嗣 先生

経歴

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院(現 横須賀市立うわまち病院) 産婦人科
2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手
現在 石野医院の副院長

妊娠初期の”むかむか”に
ベルリッツ

妊娠初期の不快な”むかむか””どんよりとした気持ち”を抱えるプレママへ。「妊婦さん専用」のエッセンシャルアロマでリフレッシュしませんか?

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

New
新着