妊婦は目薬してもいい?市販品は?胎児に影響はある?|医師監修

妊婦は目薬してもいい?市販品は?胎児に影響はある?|医師監修

公開日:2019-10-28 | 更新日:2020-08-31

妊娠中に目薬をさすのはOK?NG?
お医者さんに聞きました。

妊娠中によくある目のトラブル「花粉症」、「結膜炎」、「ものもらいの」の対処法も解説します。


中谷倫子 先生

監修医

コープおおさか病院

中谷倫子 先生

経歴

川崎医大卒業後、2001年より大阪市大眼科医局入局、
医局人事により公立忠岡病院、城東中央病院、和泉市民病院、
神戸医療センター西市民病院勤務を経た後、医局人事を離れ高石藤井病院へ入職。

妊娠中の目薬はOK?

妊娠中は「目薬をさしてはいけない」と聞いたのですが…
 
ママ(困り顔)
先生(女性)
基本的に、一般的な目薬の量であれば妊娠中の母体・胎児にも影響はないとされています。

ただし、妊娠中は使用しない方がいい目薬もあります。

妊娠中は「使用に注意する」目薬

先生(女性)
鎮痛・抗炎症作用のある成分「プラノプロフェン」には、ママと胎児をつなぐ動脈管収縮の報告があるものもあります。

ただし、プラノプロフェン以外にも目薬によっては、体調・母体の状況によっては避けたほうがいいものもあります。成分を医師に確認し使用するのが良いでしょう。

妊娠中も「使用OK」の目薬

先生(女性)
保湿成分のものや、潤いを与えるタイプの目薬であれば、基本的には問題なく使用できます。

念のため、事前に薬剤師か医師に確認をとりましょう。

既に「目薬をさしてしまった」場合の対処

先生(女性)
1回目薬を使用した程度では、影響があるとは考えにくいです。

使用したものをかかりつけ医か眼科で見てもらい、継続して使用して良いのか確認を取ると良いですね。

市販の目薬について

花粉症

市販の目薬はさしてもいいですか?
ママ
先生(女性)
市販の目薬の使用前には、医師や薬剤師に確認をとりましょう。

特に、鎮痛・抗炎症作用のある「プラノプロフェン」が配合されているものは、胎児とママをつなぐ動脈管収縮の報告があるため、避けなければいけません。

「プラノプロフェン」以外にも、抗菌剤ステロイド剤抗アレルギー剤など使用を控えたほうがよい成分が多数あります。

胎児への影響について

先生(女性)
目薬はごく少量であり、吸収されても体内への影響はごく少ないため、一般的には胎児には影響はないとされています。

しかし、鎮痛・抗炎症作用のある成分「プラノプロフェン」が入っている目薬は、胎児と母体がつながっている動脈管の収縮により、血液を通じた栄養供給や酸素供給に影響を与える可能性もあります。

妊娠中の「花粉症」の対処

先生(女性)
市販されている薬には、抗ヒスタミン薬が使用されているので自己判断で使用するのは避けましょう。

妊娠中でも使用できる点眼薬をもらえるように、眼科で相談しましょう。また、眼鏡や花粉のつきにくい服装や、髪型を意識して、影響を極力少なくしましょう。

妊娠中の「ものもらい」「結膜炎」の対処

先生(女性)
ものもらいや結膜炎は市販の薬もありますが、成分を確認して使用したほうが良いので、病院でもらえる処方薬を使用しましょう。

妊婦は免疫力が低下しているので、ものもらいや結膜炎などの目の病気になってしまう場合もあります。もし、目に違和感・痛み・ゴロゴロする・涙が止まらない・目やにが増えたなどの症状があれば、眼科かかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

妊娠中の「ドライアイ」の対処

先生(女性)
目の乾燥には、保湿成分(ヒアルロン酸など)入りの目薬を使用して、目を守るようにしましょう。眼科で相談すれば処方してもらえます。

実は、妊娠中は赤ちゃんに栄養を送っているので、目や末端の血管が停滞しやすくなります。

目も乾燥や疲れやすくなっていて、充血なども起こりやすいのです。疲れ目や目の乾燥によって、かゆみの症状が引き起こされる場合もあります。

妊娠中の目の酷使に注意!

先生(女性)
妊娠の影響により、一時的に視力が下がってしまうこともあります。

妊娠してから目がかすむようになったというのは、目が乾燥してしまい、目のレンズがうまく、ピントを合わせられないのです。基本的には出産後に身体の水分量が戻り、視力は戻る傾向にあります。

妊娠中に見えにくいのに無理して、目を酷使してしまうと、さらに目が乾燥してしまい、かすみ目、視力の低下などを引き起こす原因となります。

参考
医療用医薬品 : プラノプロフェン
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00053823


中谷倫子 先生

監修医

コープおおさか病院

中谷倫子 先生

経歴

川崎医大卒業後、2001年より大阪市大眼科医局入局、
医局人事により公立忠岡病院、城東中央病院、和泉市民病院、
神戸医療センター西市民病院勤務を経た後、医局人事を離れ高石藤井病院へ入職。

お腹が大きくなる前に始めよう!
ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

一度できたらまず消えない「妊娠線」。
予防には、妊娠初期からケアを始めることが大切です。

ママ&キッズの「ナチュラルマーククリーム」は、公式通販で買うとお得な割引&特典が盛りだくさん!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連タグ

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 子育て中 料理やレシピ 2歳 誕生日 妊娠後期(臨月) 初産 産後の体調不良 妊娠中の過ごし方 発熱 マンガ 母乳育児 旦那のこと 出産 産後の過ごし方 ワーキングマザー 幼稚園 下痢 みそさんの「子育て漫画」 さとうゆきさんの「育児漫画」 ゴルシさおりさんの子育て漫画 めめさんの「育児絵日記」 2人目出産 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 星田さんの「6さい差兄弟日記」 赤ちゃん ちとせ育児 ようみん。さんの育児漫画 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 3歳 妊娠の兆候 腹痛 兄弟姉妹 予防接種 産婦人科 寝かしつけ 発疹や湿疹 インフルエンザ 麦さんの「子育て絵日記」 便秘 手足口病 出産の兆候 頭痛 嘔吐 簡単レシピ 経産婦 水疱瘡 親のこと みかみかんさんの「育児漫画」 中耳炎 塩りさんの「もちごめ絵日記」 おやまさんの「育児日記」 ぽぽこさんの「育児漫画」 時短テクニック 貯金 あやのこうじさんの「育児漫画」 おもしろ話 おたふく風邪 とびひ 風邪 おしゃれママになろう ロタウイルス 勉強 マイコプラズマ 出産入院 着床出血 出産の痛み ヘアスタイル 子供 2人目育児 つわり ダイエット ものもらい 結膜炎 代用アイデア 帝王切開 鼻づまり 陣痛 イヤイヤ期 突発性発疹 RSウイルス 美容院 里帰り出産 子連れのお出かけ 掃除 習い事 レシピ SNSまとめ 妊娠中期 おなら