子どもの鼻水がなかなか治らない「副鼻腔炎」や「中耳炎」に注意

子どもの鼻水がなかなか治らない「副鼻腔炎」や「中耳炎」に注意

公開日:2020-06-25 | 更新日:2020-11-17

子どもの鼻水症状が長引いている…。
早く治してあげたい!

お医者さんに、「子どもの鼻水がなかなか治らない原因」を聞きました。副鼻腔炎や中耳炎、アレルギーを発症している可能性もあります。


荒牧竜太郎 先生

監修者

荒牧内科

院長
荒牧竜太郎 先生

経歴

1998年 埼玉医科大学 卒業
1998年 福岡大学病院 臨床研修
2000年 福岡大学病院 呼吸器科入局
2012年 荒牧内科開業

鼻水ズルズル、早く治してあげるには?

鼻水

先生(男性)
鼻水を溜めないように、小まめに排出してください。

鼻づまりがあるときは、温めたタオルを鼻に当ててあげると出やすくなります。
鼻水がたまりやすい場合は、自宅で鼻水吸引器を使用するか、耳鼻いんこう科を受診して吸引してもらいましょう。

※強く鼻をかみすぎると耳に影響がでますので強くかむのはやめましょう。

風邪かと思っていたら…違う原因も!

先生(男性)
子どもの鼻水が治らない場合、一時的な風邪ではなく、「慢性副鼻腔炎」や「中耳炎」、「アレルギーの症状」の場合があります。
それぞれの症状と対処法を解説します。

1.「慢性副鼻腔炎」の鼻水

先生(男性)
鼻がつまり、黄色っぽい鼻水が出ます。

急性副鼻腔炎であれば、少し水っぽい鼻水なのですが、慢性副鼻腔炎になると、ねっとりとしている鼻水になり、常に鼻が詰まっている状態になります。

どんな病気?

先生(男性)
風邪の後などに発症しやすい病気です。

鼻の周りには、副鼻腔という空洞が広がっているのですが、ここに風邪の菌が入り込み炎症を起こします。慢性副鼻腔炎は、この状態が3ヶ月以上続いている状態を指します。鼻づまりによる頭痛・味覚障害・集中力低下・睡眠不足などが併発します。

ママ・パパはこう対処しよう!

先生(男性)
鼻水をすすらずに、出すように指導しましょう。
また、病院での治療を行いましょう。

慢性副鼻腔炎は、基本的に自然治癒しません。耳鼻いんこう科を受診して、治療を受けましょう。長期間鼻水をすすり溜め込んでしまうと、菌が繁殖して副鼻腔炎の原因となります。風邪を長引かせ、長期間鼻をすすらせていると副鼻腔炎を発症します。

耳鼻いんこう科を探す

2.「中耳炎」の鼻水

先生(男性)
中耳炎になっていると、どろっとした黄色い鼻水が出ることがあります。

どんな病気?

先生(男性)
耳の痛みを訴えたときは、中耳炎を疑いましょう。

鼻風邪をひいて菌が耳の中まで侵入すると、炎症を起こし膿がたまり、耳の中の急激な痛みを引き起こします。

ママ・パパはこう対処しよう!

先生(男性)
中耳炎の疑いがあるときは、早めに耳鼻いんこう科を受診しましょう。

中耳炎を放置すると、難聴の原因となる場合があります。一時的な強い痛みを乗り越えるとあまり痛がらなくなりますが、中耳炎はしっかり治療しておく必要があります。通院の途中で治療をやめずに、医師の指示に従って最後まで通院してください。

耳鼻いんこう科を探す

3.「アレルギー」の鼻水

先生(男性)
アレルギー症状の鼻水は、水っぽくサラサラとしています。色もほぼ透明です。

どんな病気?

先生(男性)
特定の場所や季節において、急に鼻水がたくさん出る場合、アレルギーを疑います。

鼻水の他にもくしゃみ・目のかゆみ・涙・充血などが見られる場合もあります。

ママ・パパはこう対処しよう!

先生(男性)
アレルギーは、原因物質を取り除けば出なくなります。
まずは、原因を探るため医師に相談しましょう。

例えば、ハウスダストが原因であれば、部屋の換気や掃除をします。花粉が原因であれば、花粉対策や薬の処方が必要です。アレルギー鼻炎は、環境の改善や薬で良くなります。

放置すると症状が悪化して、勉強や遊びに集中できなくなるので、早めに耳鼻いんこう科やアレルギー科を受診しましょう。

耳鼻いんこう科・アレルギー科を探す

他にも、こんなときは病院へ!

病院

先生(男性)

鼻づまりによって

  • 眠れない
  • 不機嫌
  • 発熱(40度近い高熱など)
  • 呼吸が辛そう
  • ゼーゼーと息をしている

などがあれば、病院を受診しましょう。

病院は何科?

鼻水・鼻づまりの症状だけの場合は、耳鼻いんこう科へ。

耳鼻いんこう科を探す
その他にも、全身症状(発熱・倦怠感・寒気・喉の痛み、腫れ・発疹など)を伴っているときは、小児科を受診しましょう。

小児科を探す

参考
子育てハッピーアドバイス小児科の巻
http://www.happyadvice.jp/archives/118

荒牧竜太郎 先生

監修者

荒牧内科

院長
荒牧竜太郎 先生

経歴

1998年 埼玉医科大学 卒業
1998年 福岡大学病院 臨床研修
2000年 福岡大学病院 呼吸器科入局
2012年 荒牧内科開業

お薬手帳「また忘れた」にサヨナラ!
お薬手帳

薬局で必ず聞かれる「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」「かさばるから持ち歩きたくない」というママ・パパには「EPARKお薬手帳」がおすすめ。
スマホひとつで家族全員のお薬を管理できます。

\今ならキャンペーン中/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインでEPARKリラク&エステで使える3,000円OFFクーポンプレゼント!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連タグ

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 料理やレシピ 子育て中 2歳 誕生日 妊娠後期(臨月) 初産 産後の体調不良 妊娠中の過ごし方 発熱 マンガ 母乳育児 旦那のこと 出産 産後の過ごし方 赤ちゃん ワーキングマザー 幼稚園 ゴルシさおりさんの子育て漫画 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 ちとせ育児 めめさんの「育児絵日記」 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 ようみん。さんの育児漫画 さとうゆきさんの「育児漫画」 みそさんの「子育て漫画」 簡単レシピ 下痢 2人目出産 星田さんの「6さい差兄弟日記」 妊娠の兆候 腹痛 3歳 兄弟姉妹 予防接種 産婦人科 インフルエンザ 寝かしつけ レシピ 発疹や湿疹 麦さんの「子育て絵日記」 便秘 手足口病 頭痛 出産の兆候 中耳炎 嘔吐 経産婦 水疱瘡 親のこと みかみかんさんの「育児漫画」 おやまさんの「育児日記」 あやのこうじさんの「育児漫画」 ぽぽこさんの「育児漫画」 塩りさんの「もちごめ絵日記」 おもしろ話 貯金 時短テクニック おたふく風邪 とびひ 風邪 おしゃれママになろう ロタウイルス 子どもの思い出保存 勉強 出産入院 着床出血 マイコプラズマ ヘアスタイル 2人目育児 子供 出産の痛み つわり ダイエット ものもらい 結膜炎 代用アイデア 帝王切開 陣痛 鼻づまり 習い事 突発性発疹 RSウイルス 美容院 SNSまとめ 里帰り出産 子連れのお出かけ 掃除 イヤイヤ期 アレンジレシピ