風邪の時に目やにが増える3つの理由|片目だけ・大量に出る場合は要注意

更新日:2022-08-12 | 公開日:2020-02-27
68
風邪の時に目やにが増える3つの理由|片目だけ・大量に出る場合は要注意

風邪のとき、いつもよりやたらと「目やに」が出るけれど、これって別の病気?
「目やにで目が開かない」
「目やにが多いし充血もしている」
「片目だった症状が両目になった」
このような、風邪の症状に伴う目の不調にお困りの方は必見です。
この記事では、風邪のときに出る「目やに」の原因や対処法、さらに風邪の他に考えられる病気の可能性まで詳しく解説しています。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

監修者
山内 明子 先生

田町三田やまうち眼科
眼科医

山内 明子先生

経歴

田町三田やまうち眼科。東京医科大学眼科入局

 

 

風邪の時に出る目やにの原因

医師女性
目やにを伴う風邪症状がある場合は、「アデノウイルス感染症」の可能性が高いです。

このウイルスは、50種類を超える種類があるため、一度かかっても何度も同じような症状の風邪にかかります。

市販の目薬は効く?

目薬

医師女性
眼精疲労やドライアイ用の目薬では、この症状には働きかけません

病院では、主に抗菌剤やステロイド点眼薬が処方されます。

風邪薬は目やにの症状に作用しない

医師女性
風邪薬は、解熱や鼻づまりを緩和したり、咳を良くしたりしてくれますが、アデノウイルス感染の原因菌を殺菌することはできません

アデノウイルス感染の特効薬はありません。
他の症状が落ち着けば、目やにも落ち着いてくるので、諸症状が快方に向かうまで 安静にしている必要があります
目やには、他の症状によって起こっているので、目やにだけが治らない場合は他の疾患かもしれません。

自然治癒する?

症状が軽い場合は自然治癒することもあります。

目やにが増える病気

目やにの特徴やその他の症状別に、可能性のある病気をご紹介します。

感染性結膜炎

感染性結膜炎には、ウイルス性と細菌性の二種類があります。

ウイルス性結膜炎

医師女性
プール熱とも呼ばれる感染性の病気です。
風邪症状のほかに、目やになど目の症状が出る場合もあります。
片目に発症して、そのまま隣の目に感染してしまう場合が多いです。
子どもに多い病気ですが、子どもから大人にうつってしまうことも珍しくありません
原因:アデノウイルス
目やにの特徴:ベタベタした黄色い目やにが大量に出る。
目やに以外の症状:涙が出る、目の充血、発熱や高熱、咽頭発赤が現れることもある。眼瞼腫脹がみられる。目のそばのリンパ腺が腫れて痛みを生じることがある。

細菌性結膜炎

原因:細菌(黄色ブドウ球菌、クラミジア、淋菌など)
目やにの特徴:白~黄色っぽい目やにで、ウイルス性よりドロっとしているのが特徴。
目やに以外の症状:充血したり、目の周りが腫れることもある。

ウイルス性結膜炎はと細菌性結膜炎は症状も似ており、患者さん自身で判断するのは難しいです。
ただし、細菌性の方が感染力が弱いため、うつりにくく、発症頻度も低いです。

アレルギー性結膜炎

医師女性
一年を通してアレルギー症状が現れる人や花粉の時期に限定して両目に症状が出ます
はじめての時は、風邪と間違える症状が多いですが、関節痛や発熱などを伴いません
アレルギー検査で確定できます。
原因:ハウスダスト、花粉など
目やにの特徴:水のような、涙のような水っぽい目やにが出る。
目やに以外の症状:目の強い痒み、目の充血、異物感、落涙、鼻症(くしゃみ、鼻水)状が出る人もいる。

病院は何科を受診するべき?

咳や発熱、倦怠感などの全身症状が重い場合は、内科を受診してください。
目の症状には眼科の受診が必要です。

内科を探す

眼科を探す

まとめ

ウイルス性結膜炎はアデノウイルスが原因です。
風邪症状と結膜炎の症状が現れ、大人でも子どもからうつる場合も多くあります。
子どもの感染が確認できたら、顔を拭いたタオルの共有はしない・目を拭ったティッシュはすぐ捨てる・手洗いをこまめに行う・一緒に入浴しないなどを行い、感染を防ぎましょう。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 68
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事