大人のおしりかぶれ|痛い・ヒリヒリの対処法。薬は?病院に行くべき?何科?

公開日:2021-02-19 | 更新日:2021-05-25
2
大人のおしりかぶれ|痛い・ヒリヒリの対処法。薬は?病院に行くべき?何科?

「大人のおしりがかぶれる原因は何?」
「ヒリヒリして痛い…どうしたらいいの?」

不快なかぶれの対処法を、お医者さんに聞きました。
おすすめの市販薬や病院に行く目安も解説していきます。


監修者

長谷川 佳子 先生

小田原銀座クリニック
形成外科医

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

なぜ?おしりがかぶれて痛い…

医師女性

大人のおしりのかぶれの代表的な原因として

  1. 床ずれ
  2. 皮膚への刺激(接触皮膚炎)
  3. 真菌感染(カンジダ症など)

の3パターンがあげられます。

具体的な例としては…

  • ずっと同じ姿勢(床ずれ)
  • ラテックスを使用した避妊用品によるアレルギー(接触皮膚炎)
  • 柔軟剤・洗剤の刺激(接触皮膚炎)
  • 石鹸の刺激(接触皮膚炎)
  • 衣服の刺激(接触皮膚炎)
  • 腸から分泌された粘液の付着(接触性皮膚炎)
  • 性行為(カンジダ症)
  • 免疫力が落ちている(カンジダ症)

といったことが原因になっています。

②の「接触皮膚炎」とは?

医師女性
服や化学物質など、“何らかの刺激物”に触れることによって、肌が炎症を起こしている状態です。

アレルギー性刺激性のものがあり、かゆみや痛みを伴う発疹が生じます。
特に、アレルギー性の場合はかゆみが強く、刺激性は痛みが強く現れます。

<症状の特徴>
最初は、皮膚の薄い部分に発疹ができます。
症状が悪化すると、皮膚の厚い部分にも起こります。そのため、発疹が広がったように見えます。

ジュクジュクとした水疱ができ、数日後にかさぶたになることがあります。

原因の物質を避ければ赤みは約1週間で消え、皮膚のうろこ状のくずやかゆみは数日から数週間で治ります。

③の「カンジダ症」とは?

医師女性
最初はヒリヒリと痛み、徐々にかゆみが強くなります。
不規則な生活や風邪などによって、免疫力が落ちると発症しやすくなります。

常在菌であるカンジダ属の真菌が過剰に増え、肛門のまわりの皮膚が感染することで起こります。他人へ感染させてしまう可能性があります。

高湿度・高温度の環境で過ごしていたり、免疫力が下がっていると、真菌が増えて発症しやすくなります。

<症状の特徴>
ヒリヒリとした痛みがあり、徐々にかゆみが強くなります。
皮膚が剥けて白くふやけることがあります。
症状がひどくなると、患部から出血したり化膿したりします。

どう対処する?

医師女性
次の6つの対処法を心がけて、生活しましょう。
  1. 常に清潔な状態を保つ
  2. 肌に優しい素材の下着や通気性のよい下着を身につける
  3. 規則正しい生活をこころがける
  4. バランスの良い食事を摂る
  5. ウォーキングなど適度な運動を行う
  6. 質の良い睡眠をとる

これはNG!避けるべき行動

  • 石鹸を使う
  • 薬を使う
  • 便座の温水洗浄機能で必要以上に洗う
  • 入浴時などに強くこする

原因がわかっていない段階で、石鹸や薬を使用するのは控えてください。かえって刺激となり、かぶれを悪化させてしまう可能性があります。

排便後にトイレットペーパーで過剰にこすったり、必要以上に洗いすぎたりしないでください。洗いすぎると保湿成分が落ち、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

市販薬は使ってもいい?

医師女性
自己判断で市販薬を使用すると、症状を悪化させる可能性があります。
まずは皮膚科を受診して、医師に相談しましょう。

病院に行く目安

おしり かぶれ 大人 痛い

医師女性
目安として、ご紹介した対処法行い、1週間たっても、おしりかぶれが良くならない場合は、皮膚科を受診しましょう。

放置すると症状が悪化して、患部がただれ、傷になることがあります。(潰瘍の形成)
カンジダ症の場合は他人にうつすケースがあります。
おしりのかぶれが続く場合は、速やかに病院を受診しましょう。

皮膚科を探す


監修者

長谷川 佳子 先生

小田原銀座クリニック
形成外科医

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

本気なら…ライザップ!
DHC

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 2
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード