なぜ?トイトレを嫌がる理由。うちの子はこれで乗り越えた【成功体験談】

なぜ?トイトレを嫌がる理由。うちの子はこれで乗り越えた【成功体験談】

公開日:2020-05-21

子どもがトイレを拒否する…。
泣き叫んで嫌がる。

先輩ママの「トイトレ成功体験談」を紹介します。
子どもがトイトレを嫌がる理由や、アドバイスもぜひ参考にしてくださいね。


嫌がる!泣く!トイトレに一苦労…

トイトレを嫌がる子どもの様子をママたちに聞いてみると…。

泣き叫ぶ!

ママ(困り顔)
トイレに座る事すら嫌だと大泣きし、更にオムツからパンツに履き替える事すらも嫌だとよく泣かれました。
(3歳と小学1年生の男の子のママ)

「トイレ行こう」というだけで、子どもに泣き出された経験があるママもいました。

何がなんでも嫌だ!

ママ
とにかく嫌がる。何を言ってもイヤイヤで、トイレには行きたがらなかったです!
抱き抱えてトイレまで連れて行ってもダッシュで逃げられました。
(1歳と5歳の男の子のママ)

子どもがトイトレを嫌がる理由は何?

泣く

「こんなにも、トイトレを嫌がるのはなぜ?」
先輩ママに、子どもがトイトレを嫌がった理由について聞いてみました。

イヤイヤ期だった

ママ
魔の2歳児でイヤイヤ期絶頂の頃。
何を言っても「いやー!」の一点張りでした
(0歳の女の子と、2歳と4歳の男の子のママ)

「今やっていること」を中断したくなかった

ママ
遊んでる最中にトイレに誘われるのが嫌だったんだと思います。好きなテレビを見ている最中なども、同じでした。
(小学2年生と小学4年生と中学1年生の女の子のママ)

大人でもテレビのいいところで中断するのは嫌ですよね。

トイレが怖かった

ママ
トイレが怖いと言ってました。
トイレの窓が苦手で何か入ってくる感じがしたようです。
(小学6年生の男の子のママ)

換気扇の音や、便座、おまるが怖くて嫌がったという声もありました。

トイトレに失敗して怒られた

ママ
無理にパンツを履かせて、そのまま外でお漏らしてしまった時に、私が怒ったのが原因です。
本人は何が起きたのか分からず泣いてしまって、それからオムツに逆戻りしました。
(6歳の女の子のママ)

“失敗したら怒られる”という気持ちから、トイトレをする気になれなかったのかもしれません。

トイトレをストレスに感じている

ママ
オシッコをしたいタイミングではないのに、トイレに何度も連れて行かれるのがストレスだったからだと思います。
(3歳の男の子のママ)
子どもがトイレに対してネガティブなイメージを持っている場合、何かしらの工夫で「トイレは怖くないよ!」と感じてもらうことが成功のポイントになってきます。

うちの子は、こうやって乗り越えた!

笑顔

トイトレを嫌がる子どもに対して、どのように工夫して成功まで導いたのか、先輩ママが教えます。

成功談1.「子どもが嫌がっていること」を解決した

ママ
うんちをした時にお水が跳ね返るのが嫌だったとわかったのでトイレの中に新聞紙をひいてうんちがお水が溜まっている場所まで落ちないようにしました。

一度お水が跳ね返らないとわかると、自らトイレでうんちをしてくれるようになりました。
(3歳の男の子と6歳の女の子のママ)

成功談2.小さな成功を積み重ねた

ママ
まずはトイレに座る事を目標にして子供の好きなキャラクターの補助便座を購入しました。

少しでも座れたら好きなキャラクターのシールを貼る。これを何度も繰り返しました。次はパンツに履き替えたらシール次はトイレに座る時間が長くなったらシール、などと少しずつトイレに座る事を習慣化させていきました。
(3歳と小学1年生の男の子のママ)

「上手に水を流せた」
「自分でトイレットペーパーをちぎれた」
「きちんと手を洗えた」
など、大人にとっては当たり前でも、子どもにとっては大切な一歩です。焦らずに、1つずつ出来ることを増やしていけるといいですね。

成功談3.トイレを「楽しい場所」にした

ママ
100均で売っているロディの小さな置物を置きました。

子どもには「みんながいてくれて楽しいね」と声かけし、トイレを拒否されたときは「みんながトイレで待ってるよ?」と声かけすると喜んでトイレに行ってくれました。
(2歳と4歳の女の子のママ)
ママ
トイレへの恐怖心をとることから始めました。

ちょうど、こどもチャレンジを始めていて、しまじろうのトイレおもちゃをつけました。トイレに行くとおもちゃで遊べると覚えさせ、だんだんトイレにいく回数を増やしていきました
(2歳と小学校3年生の男の子のママ)

成功談4.トイレに誘うタイミングを工夫した

ママ
トイレに誘う時間を食事前お風呂の前など時間を決め誘うようにしました。トイレで排泄できた時は大いに褒め自信や意欲に繋がるようにしました。
(3歳と5歳の女の子のママ)

トイレに誘うときは「トイレ行きなさい」ではなく、「一緒にトイレ行こう!」と明るく声をかけてみるのがポイントです。

成功談5.おむつ卒業後に使うパンツを選んでもらった

ママ
かわいいお姉さんパンツを娘と選んで買って「トイレでできるようになったら履こうね」とお話していました。
(4歳の女の子のママ)
「早くあのパンツをはきたい!」と目標ができると、子ども自身のモチベーションにもなります。

成功談6.おしっこシートを使った

ママ
薬局でおしっこを当てると絵が浮かぶシートを買って遊び感覚でトイレに誘いました。このシートが1番効果がありました。トイレに行くのを楽しんでくれました。
(小学6年生の男の子のママ)

“トイレは楽しいことが待ってる場所”という印象を持ってもらえば、トイレに行くのが楽しみになります。

成功談7.トイトレのアプリを利用した

ママ
一番良かったのはムーニーマンのトイトレアプリ
行く度に音楽を流し、写真を撮って、自分で編集したり、成功例を見たりしているうちにオムツが外れました。
(1歳と4歳と小学2年生の女の子のママ)

先輩ママからのアドバイス

トイトレを嫌がる子どもに悩むママへ、先輩ママからのアドバイスをおくります。

ママ
みんなそれぞれペースが違うので、焦らず、ゆっくり、頑張りすぎずでいいと思います。自分も子どもが3人いますが、それぞれ全く違いました。成功できたら大袈裟なくらい褒めれば、子供もモチベーションが上がると思います。
(2歳と小学2年生と小学6年生の男の子のママ)
ママ
失敗しても怒らずに、うまく行ったらとにかく褒める。よく言われていることですが、これが一番大切です。
(4歳の女の子のママ)

トイトレが成功するタイミングは子どもによって異なります。
嫌がるときは決して無理強いせず、子どもの成長のペースに合わせて、トイトレを進めてあげましょう。


いつの間にできるようになったの?
こどもチャレンジ

今こそ!
「楽しい」から始まる学びの習慣

スタートするチャンス!

「こどもちゃれんじ」はイード・通信教育アワード2019幼児において「子どもが好きな通信教育」部門で1位を受賞しています。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ