ハートを持つ女性

【デリケートゾーンにオイルを塗る効果】デメリットは?選び方や塗り方を専門家が解説!

「デリケートゾーンにオイルを塗る効果は?」
「どんなオイルを塗ればいいの?」
オイルを使用したデリケートゾーンのケアについて、専門家に聞きました。
オイルを塗る効果やデメリットなど、詳しく解説します。

監修者

徳満友美

株式会社Luce/健康検定協会

日本エステティシャン協会認定フェイシャルエステティシャン

徳満友美 先生

経歴

大手エステティックサービスの提供、技術営業指導員を経て、化粧品、健康食品会社にてスタッフ育成、その後美容皮膚科にて運営、企画を行う。
株式会社Luceでは健康、医療情報メディカルアカデミーを担う。

デリケートゾーンにオイルを塗る「効果」

美容専門家(女性)

デリケートゾーンにオイルを塗ると、
・乾燥を防げる
・肌が柔らかくなる
・肌を保護できる
といった作用が得られる可能性があります。

作用① 乾燥を防げる

美容専門家(女性)

デリケートゾーンにオイルを塗ることで、肌に油膜ができ、水分の蒸発を防げる可能性があります。

作用② 肌が柔らかくなる

美容専門家(女性)

オイルを馴染ませることで、肌が柔らかくなる可能性があります。

肌が柔らかくなることで、化粧水や美容液などの美容成分が角質層まで浸透しやすくなるというメリットも得られるでしょう。

作用③ 肌を保護できる

美容専門家(女性)

オイルによって肌が潤うことで肌が保護され、刺激に強い肌になる可能性が考えられます。

薬のような即効性はありませんが、日常使いをすることで、肌が健やかに保たれる可能性があります。

デリケートゾーンのケアは「早めに始める」のがおすすめ

乾燥がひどくなると、
・炎症
・出血
・黒ずみの悪化
などの原因になります。
早めにデリケートゾーンのケアを習慣づけていきましょう。

特に、プレ更年期になる40〜50代前半の人は、すぐにケアを始めましょう。
更年期に近づくと、女性ホルモンが減少し、肌の潤いが不足しやすくなります。
その結果、肌トラブルが多くなる可能性があるので注意しましょう。

デリケートゾーンにオイルを塗る「デメリット」

美容専門家(女性)

デリケートゾーンにオイルを塗るデメリットとして、
・べたつく
・蒸れる
といった2つが考えられます。

デメリット① べたつく

美容専門家(女性)

オイルは角質層まで浸透しやすいですが、つけすぎるとべたつく原因になります。

オイルをべたつくまでつけすぎると、余った油分が酸化して、ニキビなどの肌トラブルを起こす可能性が考えられます。
べたつきを防ぐために、つけすぎた場合は軽くティッシュオフしましょう。

デメリット② 蒸れる

デリケートゾーン

美容専門家(女性)

オイルをつけすぎると、蒸れを引き起こし、細菌感染の原因になることがあります。

オイルのつけすぎ以外にも、

  • 肌が乾燥している
  • オイルが肌に馴染む前に下着を着用している
  • 蒸れやすい下着(ポリエステルやレーヨン素材のもの)を着用している
  • 汗をよくかく

などに当てはまる人は、蒸れが起こりやすいです。

デリケートゾーンオイルの「選び方」

ヘアオイル

美容専門家(女性)

デリケートゾーンにつけるオイルは、必ずスキンケア用を使用しましょう。
食用オイルを肌につけると、肌トラブルの原因になる可能性があります。

おすすめのオイルは、

  • アルガンオイル
  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • 馬油

などです。
香りやテクスチャーによって、使用するオイルを決めると良いでしょう。

▼おすすめのオイルの働き

種類 働き
アルガンオイル ・酸化によって荒れた肌をケア
・肌を柔らかく整える
・必須脂肪酸配合で肌の潤いを保護する
ホホバオイル ・酸化によって荒れた肌をケア
・肌のキメを整える
オリーブオイル ・肌を健やかに保つ
・乾燥を防ぐ
馬油 肌の水分量と皮脂量のバランスを整える

デリケートゾーンへのオイルの「塗り方」

美容専門家(女性)

デリケートゾーンにオイルを塗る際は、
① 洗浄する
② オイルを馴染ませる
という2STEPで行いましょう。

STEP① 洗浄する

石鹸

美容専門家(女性)

デリケートゾーン専用の洗浄剤を、よく泡を立てて使用します。
膣の中までは洗わずに、ヒダの周り、溝を優しく洗いましょう。

擦り洗いをすると、刺激になるのでやめましょう。

デリケートゾーンを洗う際は、38度程度のぬるま湯を使いましょう。
42度以上の熱すぎるお湯は、必要な皮脂まで洗い流し、乾燥や肌荒れの原因になります。

STEP② オイルを馴染ませる

アイライン

美容専門家(女性)

手にオイルを3~4滴ほど馴染ませたら、デリケートゾーン全体へ優しく馴染ませましょう。
伸びが悪い場合は、数滴オイルを足してください。

しっかり保湿したい人は、オイルの使用前に化粧水や乳液を塗りましょう。

オイルなどの保湿剤を、膣に直接塗ることは避けましょう。
細菌感染を引き起こす可能性があります。

急なお泊まりでも安心♡

\黒ずみ・臭いをケアする専用ソープ/

たった3分の泡パックで、
デリケートゾーンに自信が持てる!

 
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
mocobe(モコビ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する LINEでシェアする

\売れ筋ランキングベスト3/

ボディケアランキング1位

ボディケアランキング2位

ボディケアランキング3位

関連キーワード

関連キーワード