空腹時の胃痛。食べると治るけど…大丈夫?病院行くべき?医師監修

公開日:2021-03-04 | 更新日:2021-04-28
32
空腹時の胃痛。食べると治るけど…大丈夫?病院行くべき?医師監修

「空腹時に胃が痛くなるけど、食べると治る…これって大丈夫なの?」
空腹時に起こる胃痛の仕組みを、お医者さんに聞いてみました。

「胃炎」や「胃潰瘍」、「胃がん」の可能性も考えられるため、症状が続く場合は要注意です。


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

なぜ?食べると治る「空腹時の胃痛」

医師男性
空腹時の胃痛は、胃酸が胃壁を刺激して起こる痛みである可能性が高いです。
食べると症状が軽くなるのは、食事によって胃液が薄まるためと考えられます。

胃酸は強い酸性であり、食べ物を消化する働きがあります。
通常は、胃そのものが胃酸で溶かされないように、粘液を分泌したりすることで胃自身を守っています。
しかし、空腹の状態で胃酸が多量に分泌されると、胃酸が胃の粘膜を傷つけて痛みが起こります。

食べると治るけど…大丈夫?

食べると治るなら…大丈夫でしょうか?
女性
医師男性
食べて痛みが和らぐ場合も、そのままに放置はおすすめしません。
症状が悪化して、胃に炎症・深い傷が発生する恐れがあります。

また、すでに「胃潰瘍」や「十二指腸潰瘍」を起こしている可能性もあります。

胃痛の症状が3日以上続く場合は、消化器内科か内科で診てもらいましょう。
根本的に解決するには、空腹時の胃痛の原因を特定して治療する必要があります。

市販薬で治せる?

空腹 胃痛 食べると治る

医師男性
痛みが軽い、休むとすぐに痛みが治まるといった場合には、市販の胃薬を使用してみましょう。

胃酸の過剰な分泌を抑える“H2ブロッカー”や、胃の粘膜を守る“スクラルファート水和物”が配合された薬がおすすめです。

また、市販薬だけに頼らず、1日3食、規則正しく食事しましょう。
食事を抜いたり、空腹の状態が長くなると、胃が荒れて胃痛を起こしやすくなります。
1日3食、毎日同じ時間に食事をとって、胃痛の発症を防ぎましょう。

こんな症状は、病院を受診しましょう!

医師男性
  • 日に日に症状が悪化している
  • 動けないほどの痛みがある
  • おう吐、発熱、吐血、黒っぽい便が見られる

といった場合は、市販薬を使用せず病院を受診してください。

これらに当てはまる方は、胃の病気を発症している可能性が高いです。
また、市販薬を2~3日使用してもよくならない場合も、病院で診てもらう必要があります。

消化器内科・内科を探す

胃痛を繰り返すときは、こんな病気の可能性が!

医師男性

空腹時の胃痛を繰り返している場合、

  • 逆流性食道炎
  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃がん

などを発症している可能性があります。

「胃痛はよくある症状だから受診しなくても…」と思う方が多いですが、繰り返す場合には早めの受診をおすすめします。
放置して重症化すると、入院が必要になってしまうケースもあります。

<逆流性食道炎>
胃の内容物が食道に逆流し、食道の粘膜が傷ついている状態。

 

<胃炎>
胃の粘膜が炎症を起こしている状態。

 

<胃潰瘍>
胃の粘膜がただれていて、胃炎よりも重度の状態。
胃に穴が開くと胃酸が漏れ、ほかの臓器に悪影響を与える。
悪化すると命に関わる危険性がある。

 

<十二指腸潰瘍>
胃と小腸をつなぐ“十二指腸”が、胃酸のダメージを受けて炎症を起こしている状態。
出血が大量になると危険な状態に陥るケースもある。

 

<胃がん>
胃の粘膜にできる悪性腫瘍。
命を失うリスクが高くなる。

こんな症状があったら要注意!

  • 背中にも抜けるほどの胃痛
  • みぞおちの辺りの痛み
  • 日を追うごとに痛みが悪化している
  • お腹の張り
  • 発熱
  • 吐き気、おう吐
  • 胸焼け
  • 食欲が出ない
  • 黒っぽい便がでる
  • 吐血

特に黒っぽい便吐血の症状は、「胃潰瘍」や「十二指腸潰瘍」の可能性が高く危険です。

病院は何科?

医師の診察
医師男性
空腹時の胃痛を相談したい場合は、消化器内科か内科を受診してください。

大切なことは、胃痛を放置しないことです。
症状が長引いたり、悪化する場合は、病院で検査や診察を受け、原因をきちんと調べましょう。
病気を早期発見できると、そのぶん改善がスムーズなります。

お医者さんにどう伝えたらいい?

医師男性
医師には
「いつから痛みがあるか」
「どんなタイミングで痛いか」
「どのように痛いか」
かを伝えましょう。

どんな治療を受けるの?

医師男性
胃の粘液の産生・分泌を促す薬や胃粘膜の血流を良くする薬、胃酸を抑える薬など、薬物療法が多いです。

胃がんの場合は、薬物療法や外科療法など、ステージに適したがん治療を行って行きます。

軽い胃痛症状の場合は2〜3日で治ることもあります。
逆流性食道炎は2ヶ月ほど、胃がんはステージによって、また治療法によってさまざまです。

消化器内科・内科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

本気なら…ライザップ!
DHC

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 32
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード