旦那がいるだけでストレス!イライラをどう乗り越える?【体験談】

旦那がいるだけでストレス!イライラをどう乗り越える?【体験談】

公開日:2020-02-07 | 更新日:2020-08-28

「旦那がストレスでしかない。」
「もう離婚したいと思う瞬間がある…。」

そんな妻たちの生の本音を聞きました。
イライラが限界になる前にできる「ストレスの乗り越え方」も解説します。


妻の本音「旦那の存在がストレス」

「旦那さんが家にいるだけでイライラする!」
こんなとき、あなたもそう感じませんか?

家でもスマホをいじってばかり…

ママ
私が育児と家事で忙しそうにしているのに、スマホゲームをずっとやっているとき。
イライラを通り越して、毎日家族のために一生懸命家事をしていることがバカらしくなりました。
(30代の子ども2人のママ)
ママ
家にいてもなにもしてくれない。
ただ不機嫌に寝てるかスマホいじっているか…。
そんな態度なら、1人でどこか出かけてきて欲しいとおもった。
(20代のママ)

家事をせずダラダラ…

ママ
休みの日、家事もせず、子どもとも遊ばず、ただただゴロゴロTVを見たり、自由気ままに過ごしている。

自分ばっかりアレコレ家のことをしていると悲しくなる。
(30代のママ)

自分の子どもなのに…子育てはママ任せ

ママ(困り顔)
土日に私がお昼の用意をしている間も、一切子供のオムツは替えてくれない。

私は手が離せないというのに「赤ちゃんうんちしたよ」と私に言ってくる。
(1歳の男の子のママ)
ママ
子育てで精神的にきついときに、職場の飲み会に行ってしまったとき。

とてもイライラしました。
同時に、寂しさも感じました。
(20代のママ)

「パパが子育ての大変さをわかってくれない」と嘆く声も。

家事・育児のしかたに文句を言う

ママ(困り顔)
家事・育児は基本的に私の仕事。
お願いしない限りやってくれません。特に、「他の母親ならできている」と言うときはイライラします。
(30代のママ)
ママ
家事に文句を言われたときにイライラ。
文句を言うなら自分でしたらいいのにと思いました。
(30代の子ども2人のママ)

まだまだ、旦那への文句が止まらない!

ママ(困り顔)
不潔な行動人の話を聞いていない…などなど、枚挙にいとまがないです(苦笑)
(40代の女性)
ママ
夜中、ぐっすり眠っているときに、大きないびきをかいているときに寝不足になる。
(30代の女性)
ママ
ただ話を聞いて欲しいだけなのに、いちいち上から目線でアドバイスしてくる。

あと家事したアピールが激しい。
(30代の女性)

妻のストレスの原因は?

なぜ、こんなにも多くの人が「夫に対するストレス」で悩んでいるのでしょうか?
詳しく話を聞いてみると、6つの原因が浮かび上がってきました。

原因1.妻の疲れがたまっている

心身ともに疲れているときに、「旦那に優しくしなさい」「思いやりを持ちなさい」といわれても難しいものです。

ママ
子どもが小さいので、育児ストレス自分の時間が作れないストレスが今は大きいです。
(40代のママ)
ママ(困り顔)
子どもの夜泣きで寝不足のときや、週末にひとりの時間がとれないとき、夫に何もしないで部屋でゴロゴロされるとイライラします。
(40代のママ)

原因2.家事・育児が“報われない”

どんなに頑張っても、仕事のように「目に見える形」で評価されにくいのが家事と育児です。

ママ
頑張っている自分に、一言でも労いの言葉が欲しいのに、一言もないことに対しての悲しみだと思います。
(30歳のママ)

手伝うことが難しくても、せめて「ありがとう」の一言くらい欲しい、という声は少なくありません。

原因3.「当たり前」のギャップが大きい

夫婦といえど、家庭環境も人生経験も違うふたり。
お互いの「常識」が食い違うと、細々としたストレスがたまっていくことも…。

ママ
常識と思っているボーダーが違いすぎる時、とてもストレスに感じます。

袋物のお菓子は何回かに分けて器に移して食べるか、一気に食べるか、といった細かい違いなどです。
(30代のママ)

原因4.夫が「当事者意識」を持っていない

なんでもかんでも“妻まかせ”という夫。
「あなたの子どもでもあるのに!」「せめて自分のことは自分でやって!」と不満を爆発させる方も。

ママ(困り顔)
家事も育児も、「補助員」のつもりでいることです。

夫が独り立ちできなければ、私が常に第一線でいなくてはなりません。
(40代のママ)
ママ
家庭のことはママがやって当然という感覚。

私も仕事をしていれば言いかえせるけど、どこかで同じように思っている。
(30代のママ)

原因5.他人と比較される

ママ
家事・育児は基本的に私の仕事。
お願いしない限りやってくれません。

特に、「他の母親ならできている」と言うときはイライラします。
(30代のママ)

旦那さんの母親や、同僚の奥さんと比較して「あの人はできているのに」なんて言われたら…。

生きてきた時代も、得意分野もひとりひとり違うもの。
それを無視してこんなことを言われたら、一気に「イライラ度」がMAXになりますね。

原因6.コミュニケーション不足

旦那さんへの不満が爆発する方が多い一方で、こんな反省をするママも。

ママ(困り顔)
ちゃんと伝えればやってくれる、行動してくれるので、勝手に私が「~してくれたらいいのに」と期待しているところ。
(30代のママ)

率先して家事や育児をやってほしいけど、「私の気持ちを察して」スタンスだとなかなか伝わりづらいもの。
「もう少しわかりやすく話したほうが、お互いにストレスがなかったかも…」と振り返ることも。

妻がストレスを感じやすい夫の3つの特徴

ストレスを与える夫

あなたの夫は、当てはまるポイントはありませんか?
妻が強いストレスを感じている場合、夫には次のような特徴があることが多いです。

特徴1.「やってもらって当たり前」と思っている

ママ
第二子の育休中なのですが、家にいるからといって家政婦かなにかと勘違いしているのでは?と思います。
(30代の子ども2人のママ)

子育て中のママの中には、「育休は子どものためにとっているのであって、夫のお世話をするためにとっているんじゃない!」と憤りを隠せない方も。

ママ
子育てが始まってからは、今まで以上に家事も大変になり、お風呂やトイレなどもゆっくりできない状況でした。

旦那さんは今までと変わらず、ゆっくりとスマホをいじったり、朝寝坊します。

女性だけが我慢することが多く、不公平と感じる
ようになり、イライラも増しました。
(20代のママ)

特徴2.指示待ちになりがち

「これやって」と言わないと何もしない。
そんな夫の姿に、「自分じゃ何もできないの?」という気持ちが抑えられないママも。

ママ(困り顔)
基本的にこちらが声をかけないと、家事も育児も手伝ってくれることはない。
(30代のママ)

ただし、ちゃんと伝えれば手伝ってくれる旦那さんは、「具体的なやり方がわからず、どこから手をつければいいかわからない」だけ場合もあります。

そんな旦那さんには、
「これはここから始めてこうやるんだよ。ここまでやって完了だよ」
「○時までにやってくれると嬉しいな」
という具体的な指示をしてあげるのもおすすめです。

「それくらい自分で見て考えて!」と言いたくなることもありますが、続けているうちに事態が好転してくることもありますよ。

特徴3.コミュニケーションが足りない

ママ
明らかに不機嫌な態度をとるので、今では私が折れています。
(30代のママ)
ママ(困り顔)
夫に話す時間がなく、「話を聞いてもらえない」「私ばっかり~している」と思ってしまうと喧嘩になってしまう。
(30代のママ)

仕事で疲れていると、会話をシャットダウンされてしまうことも。
とりつく島もないと、「一体どうしたら…」と途方にくれてしまうこともあります。

旦那のストレス、どう乗り切る?

リラックスするママ

相手と自分は「違う人間」だと考える

「諦め」と言うこともできますが、前向きな表現をすると「もう一度、相手の立場になって考える」ということでもあります。

ママ
ひとつの手段として、諦めることかなと思っています。
やはり夫婦と言えども、全く別の人間なので…。
(40代の女性)

少しでも「自分だけの時間」をとる

美容院にいったり、夜中に映画を見たり、副業をはじめたり、自分が“妻”という役割から解放されるものであれば、なんでもかまいません。
短時間でもいいので、自分がリフレッシュできる時間をとりましょう。

ママ
夜二人でいるとイライラするので、在宅ワークを始めて、旦那のことを考えないようにしています。
(30代のママ)
ママ
1時間でも30分でもいいので、1人で買い物したり、お茶をしたりしてリフレッシュする。
(2人の子どものママ)

「言わなければ伝わらない」と心得る

ママ
タイミングは大切だけど、思うことははっきり言う。
言わないと分からないし、男性に「察して」は不可能に近いので。
(30代の女性)
ママ
家事育児に関しては、やり方が分からなかったからやろうとしなかったらしく、教えたらやるようになった。

家事育児しないことや、スマホをいじってる姿に、私がムカついてることなど、旦那は全然気づいていなかった。
(30代のママ)

「言葉の伝え方」を見直す

ママ
アサーティブトレーニングを行い、相手を責めない言い方で自分の気持ちを伝えられるよう努力しました。
(30代の2人の子どものママ)

例えば「洗い物やって」と頼むときは・・・

  1. 「洗い物してくれたら、私は嬉しいな」と自分を主語にして伝える。
  2. 「洗い物か掃除のどちらか頼みたい!」と選択式で提案する。

というのもおすすめです。

心に余裕がでたら「良いところ」を探してみる

ママ
旦那は、良いところもいっぱいあるので、そこをプラスとして考えて、マイナス面は、しょうがないと思っています。
私も完璧ではないので、お互い様かなと思っています。
(30代のママ)

ストレスが限界に達する前に

ストレスが限界突破する前に!
旦那さんへのストレスを乗り越えた女性たちに、その「イライラ発散方法」を聞きました。

信頼できる相手に相談しよう!

ママ
実母に日頃の大変なことをきいてもらったり、学生時代から仲の良い友達もママになったので、お互いに愚痴や大変さを電話で話しました。
(20代のママ)
ママ
親友に相談することもあります。
ストレスの具合はその人によっても感じ方が違うので、色んなことに気付かされて、すごく冷静になれます。
(年代不明のママ)

プチご褒美タイムをとろう!

ママ
旦那に内緒で、美味しいスイーツなど自分へのご褒美を買う。そうすると気持ちがスッキリする。
(30代の2人の子どものママ)

体を動かしてみよう!

ママ
私は運動が好きなので、散歩子どもと一緒にスポーツをして、ストレス発散しています。
(30代のママ)

心身ともにリラックスできるヨガや、学生時代にやっていたスポーツにもう一度チャレンジするものおすすめですよ。

同じ屋根の下で暮らす旦那さんにイライラするのはつらいことですよね。

解決策への近道は、まずはあなた自身の疲れをとることから。
「ストレスを感じているな」と思ったら、適度にストレス発散をしたり、少しでも自分の時間を確保して、リフレッシュするようにしてくださいね。


お得すぎ!話題の商品を半額以下で
サンプル百貨店

\家計が大助かり/
食料品から生活用品まで、よくみるあの商品を半額以下で試せる「サンプル百貨店」。中には無料でお試しいただける商品も!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 子育て中 誕生日 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 初産 産後の体調不良 妊娠中の過ごし方 発熱 マンガ 旦那のこと 母乳育児 出産 産後の過ごし方 幼稚園 ワーキングマザー 下痢 妊娠の兆候 3歳 腹痛 2人目出産 ゴルシさおりさんの子育て漫画 ちとせ育児 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 産婦人科 予防接種 兄弟姉妹 赤ちゃん 発疹や湿疹 インフルエンザ 星田さんの「6さい差兄弟日記」 めめさんの「育児絵日記」 麦さんの「子育て絵日記」 さとうゆきさんの「育児漫画」 ようみん。さんの育児漫画 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 みそさんの「子育て漫画」 寝かしつけ 便秘 手足口病 出産の兆候 頭痛 時短テクニック 中耳炎 嘔吐 経産婦 水疱瘡 親のこと 貯金 勉強 ロタウイルス おしゃれママになろう とびひ おたふく風邪 風邪 おやまさんの「育児日記」 ぽぽこさんの「育児漫画」 あやのこうじさんの「育児漫画」 みかみかんさんの「育児漫画」 ヘアスタイル マイコプラズマ 出産の痛み 子供 着床出血 帝王切開 塩りさんの「もちごめ絵日記」 出産入院 つわり ダイエット ものもらい 結膜炎 陣痛 子連れのお出かけ 習い事 突発性発疹 RSウイルス 2人目育児 美容院 里帰り出産 掃除 鼻づまり コーディネート ママ友のこと イヤイヤ期 妊娠中期 おなら 痰がらみ 乳児湿疹 洗濯