ヘアカット

【傷んだ髪を修復】元に戻す方法は?切るしかない?

EPARKビューティークーポン

傷んでしまった髪を切らずにツヤツヤの状態に戻すことはできるのでしょうか。髪の傷んだ状態とはどのようなものなのか、髪の傷みを治すことはできるのか、またダメージヘアを避けるための予防法について紹介していきます。

髪の傷みは元に戻る!?

傷んだ髪は、表面のキューティクルがはがれて、タンパク質が流れ出てスカスカになった状態です。
髪は皮膚とは違い新陳代謝によって、新しい髪へと生まれ変わることはありません。
そのため、痛みのある髪を完全に元通りの髪に戻すことはできないのです。

しかし、トリートメントで脂質やケラチンを補い、表面のキューティクルを保護することで、髪の状態を改善することは可能です。
また、さらに傷んでしまわないように、髪のお手入れに気を配ることが大切です。

傷んだ髪を修復するための「方法」

傷んだ髪を修復させてあげるには、トリートメントで髪の表面を保護することが大切です。
髪を保護しなければスカスカの状態に戻ってしまいますので、傷んだ髪でもあきらめずに、トリートメントで艶やかな髪を目指しましょう。

トリートメントの手順

  1. シャンプー後、トリートメントを髪の毛に馴染ませる
  2. 3~10分程度、そのまま置く
  3. ぬるま湯でしっかり洗い流す

トリートメント剤を馴染ませるときは、こすらず、頭皮につかないように注意しましょう。

髪の傷みの「予防方法」

髪の痛みを予防するためには、

  • ドライヤーで乾かすこと
  • UVケアを欠かさないこと

が大切です。

ドライヤーの熱は髪を傷めるからと、自然乾燥にしていませんか。濡れている髪はキューティクルが開いた状態のため、髪同士が擦れると痛みやすいですし、チリやほこりがついて雑菌が繁殖しがちです。低温の風や高温と冷風を交互に使い、5~10分ほどで乾かしましょう。

また、髪は紫外線の影響で表面のキューティクルがはがれやすくなったり、色が変わったりしてしまいます。日傘や帽子、UVカットスプレーで紫外線を予防しましょう。

髪の傷みを進行させない「洗い方」

髪の傷みを進行させないためには、日頃から正しいシャンプー方法で髪を洗うことが欠かせません。

絡まった髪を無理にほぐそうとすると、髪の傷みを招く原因となります。シャンプー前にはブラッシングをしておきましょう。さらに、シャンプーをつける前にお湯で予備洗いをすることで、地肌までしっかりと洗いやすくなります。

シャンプーは手にとって泡立てた後、数か所に分けてつけて、指の腹で地肌まで洗っていきます。洗い流す際には、シャンプーの成分が残らないようによくすすぐことがポイントです。

リンスをつける前には一度タオルドライをすると、成分が浸透しやすくなります。再びお湯で流した後、ポンポンと叩くようにタオルドライしましょう。

髪のコンプレックスから卒業!
ストレートミスト Bella Pelle(ベラペール)

「パサパサのうねる髪が嫌い…」
「広がるせいで好きな髪型ができない!」

そんな悩みから卒業しませんか?
スタイリング時・外出時に、シュッとするだけで
サラサラつやつやの自慢できる髪に!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
mocobe(モコビ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する LINEでシェアする

抜くのはNG!うねうね毛原因は?

美容師に聞く!ナイトキャップは逆効果?

関連キーワード

関連キーワード