産後クライシスになりやすい人とは?診断チェックや乗り越え方も

産後クライシスになりやすい人とは?診断チェックや乗り越え方も

公開日:2022-06-03
楽天(タイムセール)

子どもが産まれてから夫婦関係が上手く行かない!
このままだと、産後クライシスになるかも…

「産後クライシス」に陥りやすい人の特徴を専門家に聞きました。
夫婦関係を悪化させる要因や産後クライシスの乗り越え方も解説します。


田中 奏多 先生

監修者

経歴

福島県立医科大学卒業
マサチューセッツ大学MBAコース在学中

「働く人を支える」薬に依存しない医療を展開する「BESLI CLINIC」を2014年に協同創設、2030年を基準に医療現場から社会を支える医療経営を実践しています。

産業医視点からビジネスマン・ビジネスウーマンを支えております。生薬ベースの漢方内科での経験を活かし、腹診を含めた四診から和漢・井穴刺絡などの東洋医学を扱い、ホルモン、生活習慣をベースに身体から心にアプローチする診療を担当。米国マウントサイナイ大学病院へ留学、ハーバード大学TMSコースを修了。TMSをクリニックへ導入、日本人に合わせたTMSの技術指導、統括を行っています。

「産後クライシス」になりやすい人の特徴

ママによくあるケース

  • 「誰の力も借りず自分がやらないといけない」と思ってしまう
  • 率先して人の世話を焼いてしまう
  • 完璧主義者なところがある

 

パパによくあるケース

  • 育児や家事は気づかないうちにパートナーが終わらせている
  • 仕事をしながら家事はしている方だと思っている
  • 家事は仕事と一緒で完璧にこなしてほしいと思っている
先生(女性)

子どもが生まれると生活環境は大きく変わります。

育児の負担をパパは気がつかなかったり、無視してしまったりすることで、それまで上手く行っていた夫婦でも関係が悪化することがあります。

こんな夫婦は注意!

先生(女性)
  • 普段から会話が少ない
  • 直接話し合う機会がない
  • 育児・家事の分担が一方(多くは妻側)に極端に偏っている

という夫婦は特に産後クライシスになりやすいです。

そのまま放置しているとどうなる?

先生(女性)
夫婦関係の悪化により、ママが「産後うつ」を発症するリスクや、パパ側も追い詰められてうつ病を発症するリスクがあります。

また、離婚の可能性も年々高まります。

「あなたは大丈夫?」産後クライシス診断チェック

先生(女性)
  • 夫婦の会話がほとんどなくなる
  • 喧嘩ばかりしてしまう
  • 相手の一挙一動にイラっとする
  • 顔を見るだけでうんざりする
  • 子供と2人の方が楽だと感じる

などが見られる場合は、産後クライシスに陥っているおそれがあります。

産後クライシスはいつからいつまで?

先生(女性)
赤ちゃんが生まれた時から産後2~3年が多いとされています。

子どもが3歳くらいになると、子どもとも会話ができるようになり、徐々に家族のコミュニケーションが増えていくことで関係が修復されていくこともあります。

なぜ「産後」になりやすいの?

先生(女性)
産後すぐは赤ちゃんのお世話が大変で、「私ばかりが育児をやっている」とママが不満を抱きやすい時期です。

気軽に外出できないママに対して、パパの生活は基本的に変わらないという状況が、産後クライシスに陥りやすい原因の一つです。

特に

  • 妻がワンオペ状態になっている
  • パパが自分のことだけ行う、もしくは自分のことさえやらない
  • パパが育児に無関心で気遣いがない

といったことが重なると、さらに状況は悪化します。

産後クライシスの乗り越え方

  • ママに“一人になれる時間”をあげる
  • 最低でも1日1回はパートナーの手伝いをする
  • 感謝の言葉を伝える

などをして産後クライシスを乗り越えましょう。

対策①ママに“一人になれる時間”をあげる

先生(女性)

パパは休日に半日だけでもいいので、ママが自由な時間を作れるように育児を手伝いましょう。

たった30分ゆっくりカフェで過ごすだけでも違います。ママの役割から解放され、一人の女性としての楽しみを感じる時間が必要です。

家族で出かけるのも大事ですが、結局赤ちゃんのお世話はママがしているという家庭が多く、ママの疲れが溜まる一方なので要注意です。

そのためにも、夫婦がお互いを理解し、どんなことを頑張っているのか、どんな負担があるのかなど、ゆっくり話をする時間を設けましょう。毎日話すことができないときは、メモや携帯で連絡しても構いません。

対策②最低でも1日1回はパートナーの手伝いをする

先生(女性)

毎日1回でもいいので、お互い何かひとつでも相手の立場に立った行動をしてみましょう。

例えば、

  • 仕事から帰ったらオムツを替える
  • お風呂に入れる
  • ミルクをあげて寝かせる

など、忙しいときでも一つは任せてほしいと伝えることで、パートナーの不満解消につながります。

小さなことでもいいので毎日実践するのがコツです。週1回程度だと、毎日溜まるストレスを解消することは難しいでしょう。

対策③感謝の言葉をかける

先生(女性)
「今日も1日赤ちゃんを見てくれてありがとう」「今日もお仕事ありがとう」など、お互いに感謝の言葉を伝えましょう

頑張っていることを認めてくれると、ママの気持ちが安定します。

また、ママのイライラや不安定さがある場合は、産後のうつ症状が関係しているケースがあり、自分では気がつかないことが多いです。
一番近くにいるパパが、ママの顔色や体調などを日々チェックしてください。


田中 奏多 先生

監修者

経歴

福島県立医科大学卒業
マサチューセッツ大学MBAコース在学中

「働く人を支える」薬に依存しない医療を展開する「BESLI CLINIC」を2014年に協同創設、2030年を基準に医療現場から社会を支える医療経営を実践しています。

産業医視点からビジネスマン・ビジネスウーマンを支えております。生薬ベースの漢方内科での経験を活かし、腹診を含めた四診から和漢・井穴刺絡などの東洋医学を扱い、ホルモン、生活習慣をベースに身体から心にアプローチする診療を担当。米国マウントサイナイ大学病院へ留学、ハーバード大学TMSコースを修了。TMSをクリニックへ導入、日本人に合わせたTMSの技術指導、統括を行っています。

初めての赤ちゃん
「わからないことだらけ」のママ・パパへ

夫婦で共有できる育児記録アプリ「ベビレポ」なら、授乳タイマーや写真日記、成長曲線チェックなど、新米ママ・パパが欲しい機能が揃っています。

\ベビレポはこちら/ベビレポ

ダウンロードページ

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

\特集記事/

子どもの癇癪

ママ友がめんどくさい

Ranking
ランキング

New
新着