【体験談】母乳育児がつらい!疲れた…やめてもいい?乗り切る方法も

【体験談】母乳育児がつらい!疲れた…やめてもいい?乗り切る方法も

公開日:2020-03-25 | 更新日:2021-05-21

「母乳育児がうまくいかない…。」
「疲れた、もうやめたい!」

母乳育児に悩むママへ、「母乳育児を乗り切る方法」を紹介します。
先輩ママからのアドバイスもぜひ参考にしてくださいね。


母乳育児のココがつらい!

母乳育児2

母乳育児が「つらい」と感じる瞬間をママたちに聞いてみると…。

頻回授乳が…

ママ(困り顔)
頻回授乳が辛かったです。夜中に何度も起きてあげていたのが大変でした。
(2歳の子のママ)

頻回授乳によって寝不足が続くと、精神的にも身体的にもつらいですよね。

母乳が出ない…

ママ
1人目のとき母乳が全然出なくてとても悩みました。周りは母乳が出過ぎて困っているという話を聞いて、「私はなんで出ないんだろう」ととても娘に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
(1歳の男の子と3歳の女の子のママ)

「お腹いっぱい母乳を飲ませてあげたいのに、飲ませてあげられない…。」と自己嫌悪になるママも。

おっぱいトラブルがつらい

ママ
毎日12回以上おっぱいをあげるのが約1か月間続きました。乳首がもげそうになり、激痛で辛くて涙が出てきました。
(4歳の女の子と6歳の男の子のママ)

中には、乳腺炎になってしまい、痛みと発熱で大変だったというママもいました。

自由がなくてつらい

ママ(困り顔)
自分の通院や美容院、リフレッシュで外出をしたくても完全母乳の育児をしているために子どもを預けて出かけられなくてつらかったです。自分の時間が欲しいと毎回思いました。
(1歳と小学2年生の男の子のママ)

母乳育児がつらいときはお休みしよう!

赤ちゃん

先生(男性)
母乳育児がしんどい場合は無理せず休んで、ママの体を大切にしましょう。

ママがストレスを感じていると母乳にも影響します。
育児は何年も続いていくので、この時期はママが無理をして体調を崩さないことが大切です。

今は、質の良いミルクも出ているので、ミルクをあげてもいいでしょう。
ただ、いきなり母乳をやめると赤ちゃんのストレスになってしまいます。少しずつミルクをあげるようにして、哺乳瓶に慣れてもらいましょう。

ママが楽できるものに存分に頼って、その分たくさん赤ちゃんを抱っこしてあげてくださいね。

つらい母乳育児、先輩ママはどう乗り切った?

ミルクを飲む赤ちゃん

では、先輩ママはどうやってつらい母乳育児を乗り切ったのか聞いてみると…。

  • 混合ミルクに切り替えた
  • 「母乳育児も今だけ」と考えた
  • 搾乳して飲ませた
  • 乳頭保護器を使った
  • マッサージをした
  • リラックスするように心がけた

などの方法で乗り切っていました。
詳しいやり方も教えてもらいました。

混合ミルクに切り替えた

ママ
母乳が出るなら、「経済的だし完母で頑張ろう!」と意気込んでいました。ですが、疲れすぎてミルクを足したり置き換えたりした方が結果的には自分も疲れが緩和され、イライラが減りました。
(0歳の男の子のママ)

「母乳育児も今だけ」と考えた

ママ
今のうちしか母乳は飲まないと思ったら、つらいのもなくなりました。今では可愛いなと思い母乳をあげています。
(1歳の男の子のママ)

搾乳して飲ませた

ママ
搾乳をするようにして、乳首への負担を減らしました。
(1歳の男の子のママ)

搾乳して冷凍保存したという方も。
他の人でもあげることができるため、ママが休む時間がつくれます。

乳頭保護器を使った

ママ
乳首の保護器を使って、それにうまく吸い付けるときは保護器で飲ませた。
(0歳の男の子のママ)

マッサージをした

ママ
乳頭マッサージで乳頭が真っ平になるくらい柔らかくした。
(2歳の女の子のママ)

「リラックス状態」を心がけた

ママ
訪問で来てくれた助産師さんに見てもらったら、「ちゃんと母乳が出ているから大丈夫」と励ましてもらえたのが一番大きかったです。

安心してリラックスできるようになったら母乳が出るようになり完全母乳で順調になりました。
(0歳の女の子のママ)

「大丈夫」と言ってもらえるだけで、肩の力が抜けてリラックスできることもあります。

「自分を責めないで」先輩ママからのアドバイス

ママと赤ちゃん

母乳育児に悩むママへ、先輩ママからのメッセージです。

ママ
母乳だけが育児ではないと思います。ママが元気でいる事が一番、赤ちゃんのためになります。
必ず終る時が来るので、無理をせずに育児を楽しんで下さい。
(1歳の女の子のママ)
ママ
最近卒乳しましたが、母乳育児の期間があっという間に感じました。
授乳期間中は「いつでも母乳育児をやめてやる」っていうスタンスでいたら、だいぶ気が楽でしたよ。リラックスしてくださいね。
(0歳の男の子のママ)

ママからの愛情さえあれば、母乳でもミルクでも赤ちゃんは幸せのはず。
赤ちゃんのためにも自分のためにも、がんばりすぎずに、今しかないこの期間を楽しんで過ごせたらいいですね。

合わせて読みたい
2019-08-28
頻回授乳のやり方(回数や間隔)、いつまで続くのか(期間)を解説します。ママの母乳が出ないときや、ママが疲れてつらいとき、赤ちゃんが...


 
夕ご飯「もう作りたくない~!」
2000円オフ実施中!
ナッシュ

「夕飯を作る時間がない…」

そんなママ・パパには、お食事宅配サービスの「nosh(ナッシュ)」がおすすめ!

管理栄養士のレシピを一流シェフが調理して、冷凍でお届けします♪

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

New
新着