お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_1
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_2
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_3
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_4
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_5
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_6
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_7
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_8

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店

常磐線佐和駅 車 6分

4.2
定休日:月曜
ショートケーキ(ホール) / 生クリームケーキ(ホール) / チョコレートケーキ(ホール) / チョコクリームケーキ(ホール) / その他誕生日・ホールケーキ / 焼き菓子詰め合わせ / その他ショートケーキ(ホール)
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_1
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_2
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_3
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_4
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_5
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_6
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_7
お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_8

【秋のクーポン利用可】地元のお客様に愛され20年。ひたちなかで安心しておすすめできるケーキ屋。

お菓子の工房Karin(カリン)ひたちなか本店は1998年にオープンしてから、地元の方を中心に愛され続けてきたケーキ屋さんです。主に県内のお客さんが多く、土日は家族連れのお客さん、平日は20~40代の女性のお客さんが多く訪れ、男性のお客さんも気軽に来ています。来店されるお客さんは、1,000円~2,000円くらいのお菓子を購入していきます。

お菓子の工房Karin(カリン)ひたちなか本店は1998年にオープンしてから、地元の方を中心に愛され続けてきたケーキ屋さんです。主に県内のお客さんが多く、土日は家族連れのお客さん、平日は20~40代の女性のお客さんが多く訪れ、男性のお客さんも気軽に来ています。来店されるお客さんは、1,000円~2,000円くらいのお菓子を購入していきます。

営業時間・定休日

定休日
月曜
09:30 ~ 19:00

※月曜日が祝日の際は営業いたします。
■ご予約可能商品1,200円~
[商品お渡し時間につきまして]
日曜日のみ、10:30~18:30のお渡しとなります。
[年末年始短縮営業のお知らせ]
下記の日程は短縮営業となります。
12/31(土) 9:30~18:00
※営業時間外のお受け取り希望には添いかねます

※月曜日が祝日の際は営業いたします。
■ご予約可能商品1,200円~
[商品お渡し時間につきまして]
日曜日のみ、10:30~18:30のお渡しとなります。
[年末年始短縮営業のお知らせ]
下記の日程は短縮営業となります。
12/31(土) 9:30~18:00
※営業時間外のお受け取り希望には添いかねます

お知らせ

  • 12月営業のお知らせ

    通常定休日(月曜日)に加えて、下記日程も休業いたします。
    ■12月:6(火),27(火)
    ※休業日のお受け取り希望には添いかねます。

  • Web予約受付停止のお知らせ

    12/22(木)~12/26(月),1/1(日祝)はWeb予約の受付を停止いたします。
    ※上記日程のお受け取り希望には添いかねます。

  • 商品お渡し時間につきまして

    日曜日のみ、10:30~18:30のお渡しとなります。

茨城県ひたちなか市大字足崎1457-25 (大きな地図で見る)
茨城県ひたちなか市大字足崎1457-25
(大きな地図で見る)

店舗の紹介

お店の場所はJR常磐線佐和駅から車で10分のところにあります。近隣に学校や多くの工場があるということもあって、学校帰りの子供連れの家族や仕事帰りのお客さんが訪れやすい場所となっています。店名の「Karin」は果物のカリンからとっていて、親しみやすく、子供にも覚えてもらいやすいようにとつけました。お店のロゴはデザイナーにお願いしたのですが、お客さんに覚えてもらいやすいことを重視して、シェフが英語のロゴの後にカタカナで「カリン」と付け加えました。そんな地元のお客さんのことを一番に考え、長年愛され続けているKarinのシェフは神奈川県の「ラ・ぷらーじゅ横浜アトリ」で修行後独立、その後Karinをオープンしました。創業当初から「お花畑のようなお店」というコンセプトを今でも大切にしていて、地域の方から愛されるお店になることを目標に、日々おいしいお菓子作りに余念がありません。お祝い事であるお誕生日の時はもちろん、新入園や新入学、新社会人などさまざまなシーンでKarinのケーキが選ばれています。また、30種類以上ある焼き菓子の中でもお店の看板商品でもある、さつまいもと栗を使ってふわふわの生地の中に、バニラで炊いた角切りのさつまいもを入れた「うまもん」と、レモン風味の効いた昔ながらのマドレーヌの「カリンのめぐみ」、食感を楽しめ、年齢を問わず人気の「ラスク」などが大切な方へのお土産に選ばれています。シェフはお菓子を食べたお客さんが幸せな気持ちになれるようなお菓子作りを心がけていて、お菓子職人である以上、素材や材料にこだわるのはお客さんのことを大切に思うのと同じくらい大事にしており、購入したお客さんが「カリンのお菓子だ!」と自信を持って大切な家族や友だちへ贈ってもらえるように、厳選する素材選びやお菓子をおいしくするための製法を日々研究しています。Karinではケーキやお菓子作り以外にも贈る人、贈られる人両方のことを考えて、ラッピングを季節ごとに変えてアレンジしたり、店内でリラックスしてお菓子選びができるよう、季節のイベントごとでは店内をデコレーションしたりと細かいところにも工夫をこらしています。そのかいあって、地元の方からの信頼も厚く、認知度も高まって地元のテレビやラジオ番組に出演したことがあります。 自分のためだけではなく、自分の家族や友人の大切な時もいっしょに囲みたい、お菓子の工房Karinはひたちなかで安心しておすすめできるケーキ屋さんです。 (CouponCode対象店舗)

お店の場所はJR常磐線佐和駅から車で10分のところにあります。近隣に学校や多くの工場があるということもあって、学校帰りの子供連れの家族や仕事帰りのお客さんが訪れやすい場所となっています。店名の「Karin」は果物のカリンからとっていて、親しみやすく、子供にも覚えてもらいやすいようにとつけました。お店のロゴはデザイナーにお願いしたのですが、お客さんに覚えてもらいやすいことを重視して、シェフが英語のロゴの後にカタカナで「カリン」と付け加えました。そんな地元のお客さんのことを一番に考え、長年愛され続けているKarinのシェフは神奈川県の「ラ・ぷらーじゅ横浜アトリ」で修行後独立、その後Karinをオープンしました。創業当初から「お花畑のようなお店」というコンセプトを今でも大切にしていて、地域の方から愛されるお店になることを目標に、日々おいしいお菓子作りに余念がありません。お祝い事であるお誕生日の時はもちろん、新入園や新入学、新社会人などさまざまなシーンでKarinのケーキが選ばれています。また、30種類以上ある焼き菓子の中でもお店の看板商品でもある、さつまいもと栗を使ってふわふわの生地の中に、バニラで炊いた角切りのさつまいもを入れた「うまもん」と、レモン風味の効いた昔ながらのマドレーヌの「カリンのめぐみ」、食感を楽しめ、年齢を問わず人気の「ラスク」などが大切な方へのお土産に選ばれています。シェフはお菓子を食べたお客さんが幸せな気持ちになれるようなお菓子作りを心がけていて、お菓子職人である以上、素材や材料にこだわるのはお客さんのことを大切に思うのと同じくらい大事にしており、購入したお客さんが「カリンのお菓子だ!」と自信を持って大切な家族や友だちへ贈ってもらえるように、厳選する素材選びやお菓子をおいしくするための製法を日々研究しています。Karinではケーキやお菓子作り以外にも贈る人、贈られる人両方のことを考えて、ラッピングを季節ごとに変えてアレンジしたり、店内でリラックスしてお菓子選びができるよう、季節のイベントごとでは店内をデコレーションしたりと細かいところにも工夫をこらしています。そのかいあって、地元の方からの信頼も厚く、認知度も高まって地元のテレビやラジオ番組に出演したことがあります。 自分のためだけではなく、自分の家族や友人の大切な時もいっしょに囲みたい、お菓子の工房Karinはひたちなかで安心しておすすめできるケーキ屋さんです。 (CouponCode対象店舗)

ショップ情報

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_1

オレンジと赤のコントラストがおしゃれでまるで北欧のお菓子屋さんのイメージです

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_1

お店に向かってまず見えてくるのは、オレンジや赤を使った温かみのあるかわいい見た目の屋根のお家です。 「かわいい洋菓子屋さん」をイメージしてシェフがデザイナーにお願いしたという家屋は、元は違う外観でした。それをリフォームする際、もともとの温かみのある雰囲気を気に入っていた屋根などは、そのまま残して今のお店の雰囲気に生かしました。屋根にはダークブラウンの落ち着いたボードにホワイトの文字で「Karin(カリン)」と描かれています。足元には緑が多く置かれていて、雰囲気はまるで北欧の街にあるお菓子屋さんのイメージです。中にどんな洋菓子があるのか楽しみになってしまいます。子供連れやご年配の方に配慮して入り口の階段は低くスロープになっているため、どなたでも安心して店内へと入っていけます。 お店に足を運ばれる際には看板の他に、目の前にあるガソリンスタンドとタクシー会社が目印になるのではじめて訪れる方もわかりやすいです。

お店に向かってまず見えてくるのは、オレンジや赤を使った温かみのあるかわいい見た目の屋根のお家です。 「かわいい洋菓子屋さん」をイメージしてシェフがデザイナーにお願いしたという家屋は、元は違う外観でした。それをリフォームする際、もともとの温かみのある雰囲気を気に入っていた屋根などは、そのまま残して今のお店の雰囲気に生かしました。屋根にはダークブラウンの落ち着いたボードにホワイトの文字で「Karin(カリン)」と描かれています。足元には緑が多く置かれていて、雰囲気はまるで北欧の街にあるお菓子屋さんのイメージです。中にどんな洋菓子があるのか楽しみになってしまいます。子供連れやご年配の方に配慮して入り口の階段は低くスロープになっているため、どなたでも安心して店内へと入っていけます。 お店に足を運ばれる際には看板の他に、目の前にあるガソリンスタンドとタクシー会社が目印になるのではじめて訪れる方もわかりやすいです。

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_2

正面のショーケースには生菓子が並び、すぐ右側に焼き菓子を中心に詰め合わせセットが陳列されています

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_2

お店の中は天然木が使われていて、照明などは水戸店よりも明るい雰囲気になっています。 ショーケースは入り口を入ってすぐの正面に2つあり、中には季節の商品からみずみずしいフルーツをまとったホールケーキやシュークリーム、ロールケーキやプリンといった生菓子がおいしそうにこちらを向いてきれいに並べられています。 Karin自慢の焼き菓子コーナーはショーケースのすぐ右側にあり、人気商品でもあるさつまいもと栗を使用した「うまもん」や、レモンの風味がきいたマドレーヌの「カリンのめぐみ」、お土産として買っていく人が多い「ラスク」もこちらに並べられています。お土産やギフトに使っていただける詰め合わせセットも多数陳列されています。 クリスマスやハロウィン、ひなまつりなどのイベントの時は、店内がデコレーションされてより一層かわいいお菓子の世界が広がります。おいしそうなケーキや焼き菓子選びを楽しみながら、素敵に飾られた世界に浸れるのも幸せなひと時です。

お店の中は天然木が使われていて、照明などは水戸店よりも明るい雰囲気になっています。 ショーケースは入り口を入ってすぐの正面に2つあり、中には季節の商品からみずみずしいフルーツをまとったホールケーキやシュークリーム、ロールケーキやプリンといった生菓子がおいしそうにこちらを向いてきれいに並べられています。 Karin自慢の焼き菓子コーナーはショーケースのすぐ右側にあり、人気商品でもあるさつまいもと栗を使用した「うまもん」や、レモンの風味がきいたマドレーヌの「カリンのめぐみ」、お土産として買っていく人が多い「ラスク」もこちらに並べられています。お土産やギフトに使っていただける詰め合わせセットも多数陳列されています。 クリスマスやハロウィン、ひなまつりなどのイベントの時は、店内がデコレーションされてより一層かわいいお菓子の世界が広がります。おいしそうなケーキや焼き菓子選びを楽しみながら、素敵に飾られた世界に浸れるのも幸せなひと時です。

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_3

1番人気の生デコレーションの他、フルーツタルト、和栗のモンブランやシュークリームなどが人気です

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_3

正面のショーケースには15種類のおいしそうな魅力いっぱいのデコレーションケーキが並んでいます。 1番人気なのはフワッフワのスポンジと、甘さ控えめで口溶けがよいと評判のクリームを使った「生クリームデコレーション」です。チョコレートプレートが散りばめられ見た目もかわいいと評判の「チョコレートケーキ」、色とりどりの旬のフルーツが散りばめられた「フルーツタルト」も人気です。1番人気の「生デコレーション」ケーキは注文を受けてから30分でシェフが作るので、受け取る時はできたてを受け取ることが可能です。 ホールケーキ以外で人気なのは「和栗のモンブラン」と「イチゴのティラミス」です。「イチゴのティラミス」に使われているイチゴは時期により地元茨城県産を使用して、おいしいケーキの中に地元を感じられる工夫も取り入れています。 創業以来作っているものにロールケーキ、チョココルネ、シュークリームがあります。その中でもシュークリームはヨード卵と北海道生クリームが使用されていて濃厚なクリームがファンをとりこにして離さない魅力があります。他にも、季節にあわせて何種類か限定商品も出しています。

正面のショーケースには15種類のおいしそうな魅力いっぱいのデコレーションケーキが並んでいます。 1番人気なのはフワッフワのスポンジと、甘さ控えめで口溶けがよいと評判のクリームを使った「生クリームデコレーション」です。チョコレートプレートが散りばめられ見た目もかわいいと評判の「チョコレートケーキ」、色とりどりの旬のフルーツが散りばめられた「フルーツタルト」も人気です。1番人気の「生デコレーション」ケーキは注文を受けてから30分でシェフが作るので、受け取る時はできたてを受け取ることが可能です。 ホールケーキ以外で人気なのは「和栗のモンブラン」と「イチゴのティラミス」です。「イチゴのティラミス」に使われているイチゴは時期により地元茨城県産を使用して、おいしいケーキの中に地元を感じられる工夫も取り入れています。 創業以来作っているものにロールケーキ、チョココルネ、シュークリームがあります。その中でもシュークリームはヨード卵と北海道生クリームが使用されていて濃厚なクリームがファンをとりこにして離さない魅力があります。他にも、季節にあわせて何種類か限定商品も出しています。

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_4

こだわりは地元の新鮮な食材。フルーツは旬のものを使いみずみずしさを演出できるよう工夫することです

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_4

お菓子作りをする上でのこだわりは、「新鮮な食材を使うこと」と「地元の食材を使用すること」です。特にできるだけ旬のフルーツを使用して、みずみずしさを演出しようという思いのもと素材を厳選してお菓子を作っています。時期によってはケーキに使用するイチゴに地元茨城県産を使用し、旬のおいしさがより堪能できるようにと工夫をこらしています。また、使用する生クリームは茨城県産のいばらく乳業の乳牛から採られた牛乳を使用しており、シェフの手によってふわふわの生クリームに変身しています。トッピングで使うメロンは鉾田で採れたものを使用しており、フルーツロールやタルト、生デコレーションを飾っています。 新鮮な素材を使うところはフルーツや牛乳だけではありません。ひとつの素材で5~7種類のケーキを作っているため、その素材を生かすための卵へのこだわりも欠かせません。1日にたくさんの量を使用する卵はこちらも茨城県産の鮮度の高い奥久慈卵を使用してお菓子作りのベースを担っています。 お菓子の飾り付けで気をつけているところは、かわいい見た目のものを取り入れるようにしているところです。できる限り旬のフルーツを使用して”みずみずしさ”を演出する点は素材選び同様、余念がありません。半年に一度試行錯誤を行って、よりお客さんに喜んでもらえる商品作りを研究しています

お菓子作りをする上でのこだわりは、「新鮮な食材を使うこと」と「地元の食材を使用すること」です。特にできるだけ旬のフルーツを使用して、みずみずしさを演出しようという思いのもと素材を厳選してお菓子を作っています。時期によってはケーキに使用するイチゴに地元茨城県産を使用し、旬のおいしさがより堪能できるようにと工夫をこらしています。また、使用する生クリームは茨城県産のいばらく乳業の乳牛から採られた牛乳を使用しており、シェフの手によってふわふわの生クリームに変身しています。トッピングで使うメロンは鉾田で採れたものを使用しており、フルーツロールやタルト、生デコレーションを飾っています。 新鮮な素材を使うところはフルーツや牛乳だけではありません。ひとつの素材で5~7種類のケーキを作っているため、その素材を生かすための卵へのこだわりも欠かせません。1日にたくさんの量を使用する卵はこちらも茨城県産の鮮度の高い奥久慈卵を使用してお菓子作りのベースを担っています。 お菓子の飾り付けで気をつけているところは、かわいい見た目のものを取り入れるようにしているところです。できる限り旬のフルーツを使用して”みずみずしさ”を演出する点は素材選び同様、余念がありません。半年に一度試行錯誤を行って、よりお客さんに喜んでもらえる商品作りを研究しています

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_5

焼き菓子ベスト3は「うまもん」、「カリンのめぐみ」、定番の「ラスク」です

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店_ショップ情報_5

焼き菓子は全部で30種類ほどラインナップを展開させており、季節によっては3種類ほど季節限定の焼き菓子が販売されています。その中でも人気の商品が3つあります。1つめは「うまもん」です。地元で採れたさつまいもと栗をあわせて作られた焼き菓子となっていて、ふわふわの生地の中に、バニラで炊いた角切りのさつまいもが入っています。2つめは「カリンのめぐみ」という昔ながらのマドレーヌで、レモンの風味が特徴的な商品となっています。3つめは「ラスク」です。こちらは日持ちもするため、おもに贈り物として購入する人が多く、年代を問わずだれにでも好まれるということで人気の商品となっています。贈り物にする際は通常は無料でラッピングをしてもらえます。お客様に喜んでいただけるようにとラッピングにもこだわっており、季節にあわせて変えたラッピングを楽しむことができます。特殊な箱を利用してのラッピングは別途箱代がかかるため、店頭で確認が必要です。

焼き菓子は全部で30種類ほどラインナップを展開させており、季節によっては3種類ほど季節限定の焼き菓子が販売されています。その中でも人気の商品が3つあります。1つめは「うまもん」です。地元で採れたさつまいもと栗をあわせて作られた焼き菓子となっていて、ふわふわの生地の中に、バニラで炊いた角切りのさつまいもが入っています。2つめは「カリンのめぐみ」という昔ながらのマドレーヌで、レモンの風味が特徴的な商品となっています。3つめは「ラスク」です。こちらは日持ちもするため、おもに贈り物として購入する人が多く、年代を問わずだれにでも好まれるということで人気の商品となっています。贈り物にする際は通常は無料でラッピングをしてもらえます。お客様に喜んでいただけるようにとラッピングにもこだわっており、季節にあわせて変えたラッピングを楽しむことができます。特殊な箱を利用してのラッピングは別途箱代がかかるため、店頭で確認が必要です。

口コミ

  • 2022年09月11日 19:32

    美味しかった

    投稿者:投稿者さん(30代 / 女性)

    4.8
    5
    ボリューム
    5
    見た目
    5
    サービス
    4

    とても美味しくて見た目も綺麗なケーキをいただきました。 プレートも依頼したのですが、予約の時に入力した希望の文字が入っていませんでした… 事前に電話で念のため確認すればよかったです。

  • 2022年04月25日 8:11

    投稿者:投稿者さん(茨城県 / 40代 / 男性)

    3.5
    3
    ボリューム
    4
    見た目
    3
    サービス
    4

    20年くらい前だろうか、初めてここのケーキを食べた時にはとても感動した。甘さ控えめで、特にスポンジのしっとり感は、口の中でとろける感じ。 しかし、10年前の小麦粉の値上がりくらいから、スポンジの味が変わってしまい、今回の値上がりでもさらに悪くなっていた。残念です。昔の味はもう作れないのだろうか。お祝いごとの度に使ってきたが、美味しいケーキ屋さんは他に増えてきたので、わざわざ使うこともないかもしれない スタッフによってメッセージの字も下手です。 2枚写真載せたいのですが、重くて時間かかるので無いです。

  • 2022年04月15日 12:28

    投稿者:投稿者さん(茨城県 / 30代 / 女性)

    3.8
    3
    ボリューム
    4
    見た目
    5
    サービス
    3

    誕生日に利用させていただきました。 重すぎることもなく、食べやすいチョコレートケーキだと思います。子供も大人も楽しめました。見た目が華やかで素敵でした。

  • 2022年03月28日 7:36

    美味しかったです

    投稿者:たつめさん(茨城県 / 50代 / 男性)

    4.8
    4
    ボリューム
    5
    見た目
    5
    サービス
    5
    • 写真はちょっと暗くなってしまいましたが、とても美味しそうででしたよ。
    • 閉じるボタン

    karinさんからはたびたび購入していました。今回は初めてのネット予約でしたが、すんなり受け取れました。見た目はとても美味しそうです。食べても美味しかったですが、自分にはちょっと甘かったかな。若い人向け? 家族4人で当日中にいただきました。

運営事務局より

※口コミ内容(料金やサービス内容等も含む)は、施設を利用した当時の体験にもとづく主観的なご意見・ご感想であることをご理解のうえ、ご活用いただけますようお願いいたします。

店舗名

お菓子の工房Karin(カリン) ひたちなか本店

オカシノコウボウカリンヒタチナカホンテン

予約
住所
茨城県ひたちなか市大字足崎1457-25 (大きな地図で見る)
茨城県ひたちなか市大字足崎1457-25
(大きな地図で見る)
アクセス
常磐線佐和駅 車 6分
営業時間・定休日
定休日
月曜
09:30 ~ 19:00
※月曜日が祝日の際は営業いたします。
■ご予約可能商品1,200円~
[商品お渡し時間につきまして]
日曜日のみ、10:30~18:30のお渡しとなります。
[年末年始短縮営業のお知らせ]
下記の日程は短縮営業となります。
12/31(土) 9:30~18:00
※営業時間外のお受け取り希望には添いかねます
電話 029-272-6055
駐車場
あり
カテゴリ ショートケーキ(ホール) / 生クリームケーキ(ホール) / チョコレートケーキ(ホール) / チョコクリームケーキ(ホール) / その他誕生日・ホールケーキ / 焼き菓子詰め合わせ / その他ショートケーキ(ホール)
特徴 贈答用ギフト / 引き出物対応 / ギフトラッピング / のし / 手土産
誤りのある情報の報告
閉じる