いがわ
いがわ_1
いがわ_2
いがわ_3
いがわ_4
いがわ_5
いがわ_6
いがわ_7
いがわ_8

ケーキテイクアウト

いがわ

常磐線日立駅 中央口 徒歩 17分

4.1
定休日:木曜 / 土曜 / 日曜
ショートケーキすべて / 生クリームケーキ / イチゴ・ベリーケーキ / フルーツケーキ
いがわ
いがわ_1
いがわ_2
いがわ_3
いがわ_4
いがわ_5
いがわ_6
いがわ_7
いがわ_8

本格的で彩り豊かな和菓子と洋菓子の両方がそろう、老舗の和洋菓子屋さん

いがわさんは、常磐線日立駅から徒歩17分程のところにあります。熟練の技で職人が作る和菓子と、シェフがこだわり素材で作る本格的な洋菓子の両方を取り扱っている、使い勝手のいいお店です。和菓子が好みのご年配の方と、洋菓子好きの子供が一緒に来店しても、このお店ひとつでそれぞれのニーズに合ったお菓子が見つかります。午後のおやつに何を食べようか迷ったときには、お店に行けば必ず食べたいお菓子が見つかります。老若男女幅広い世代のお客さんがお店を訪れ、お菓子を通じて、家族団らんの楽しい時間やたくさんの笑顔を作り出しています。

いがわさんは、常磐線日立駅から徒歩17分程のところにあります。熟練の技で職人が作る和菓子と、シェフがこだわり素材で作る本格的な洋菓子の両方を取り扱っている、使い勝手のいいお店です。和菓子が好みのご年配の方と、洋菓子好きの子供が一緒に来店しても、このお店ひとつでそれぞれのニーズに合ったお菓子が見つかります。午後のおやつに何を食べようか迷ったときには、お店に行けば必ず食べたいお菓子が見つかります。老若男女幅広い世代のお客さんがお店を訪れ、お菓子を通じて、家族団らんの楽しい時間やたくさんの笑顔を作り出しています。

営業時間・定休日

定休日
木曜 / 土曜 / 日曜
11:00 ~ 17:00

※表示されている営業時間はWeb予約商品の受け取り可能時間です。
店舗の営業時間は09:00~19:30です。
※土曜日・日曜日Webでのご予約はできませんが、店舗は営業しております。

[9月臨時営業のお知らせ]
通常定休日ですが、9/23(木祝)は営業いたします。

※表示されている営業時間はWeb予約商品の受け取り可能時間です。
店舗の営業時間は09:00~19:30です。
※土曜日・日曜日Webでのご予約はできませんが、店舗は営業しております。

[9月臨時営業のお知らせ]
通常定休日ですが、9/23(木祝)は営業いたします。

お知らせ

  • web予約はじめました!!

    webからホールケーキの予約ができるようになりました!
    誕生日にはもちろん!記念日や、特別な日、自分用のご褒美など普段使いでもOKです!
    この機会に是非ご利用ください!!
    ※ご予約は2営業日前よりお願い致します。

  • 9月・10月営業のお知らせ

    通常定休日(木曜日)に加えて、下記日程も休業いたします。
    ■9月:29(水)
    ※休業日のお受け取り希望には添いかねます。

    通常定休日ですが、9/23(木祝)は営業いたします。

    10/1(金)はWeb予約の受付を停止いたします。
    ※上記日程のお受け取り希望には添いかねます。

  • 土曜日・日曜日Web予約受付停止のお知らせ

    土曜日・日曜日のWeb予約をしばらくお休みいたします。
    店舗は営業しております。

茨城県日立市鹿島町1-6-13 (大きな地図で見る
茨城県日立市鹿島町1-6-13
大きな地図で見る

店舗の紹介

いがわさんは、元々は和菓子屋さんとして創業しました。現在は、洋菓子を担当しているシェフがお店を引き継いだときに、半分を洋菓子スペースに改装し、和菓子と洋菓子の両方を取り扱っています。お店の名前は先代から受け継いでおり、シェフの苗字が店名となっています。シェフは、東京世田谷の成城にあるすてきな老舗の洋菓子店マルメゾンで修業を積みました。洋菓子のショーケースには、シェフ自慢のこだわり素材を使用したオリジナルのスイーツが並び、和菓子のショーケースには、その道40年の熟練職人が作る色鮮やかな和菓子が並びます。 お店のモットーは、「真心の手作り」です。機械を使わず、おまんじゅうのあんを包む作業から、クッキー生地の絞り出しに至るまで、すべて職人やシェフの手技で行っています。お客さんの笑顔を想像しながらお菓子ひとつひとつに真心を込めて、お客さんの元へお菓子を届けます。また、お客さんを喜ばせたい、お客さんのニーズにこたえたいという思いから、シェフは他のお店がやっていないようなこともやりたいと考えています。そのひとつとして、独自の商品の開発にもチャレンジしています。独自の商品として生み出されたのが、生パウンドケーキです。地元の奥久慈卵を使ったコクのあるスポンジ生地とミルキーな生クリームとの相性は抜群で、その二つが口の中で溶けていく、なんとも言えない絶妙な食感のとりこになる人が続出しています。 シェフは地産地消にも真剣に取り組んでいます。お店では「日立産で作ろう!」シリーズと銘を打ち、茨城県、特に日立産の素材を積極的にお菓子に使用しています。地元の素材は、味や香りがよく品質がいいので、それらを使ったお菓子は、お客さんにも大好評です。今ではめずらしくない似顔絵や、イラストケーキもいち早く取り入れていたため、イラストケーキのレベルはとても高いです。似顔絵やイラストケーキは、様々なシーンを盛り上げ、お客さんに大変喜ばれます。 いがわさんのお菓子は、ほどよい甘さで、和菓子も洋菓子もどちらも素材を生かした素朴なおいしさが魅力です。その魅力が地元の人々を中心とした幅広い世代に愛されている所以と言えます。スタッフも地元の人々に愛されるお店にしたいという思いが強く、お客さんとのコミュニケーションを大切にした丁寧な対応を常に心がけています。スタッフはお客さんに積極的に声をかけるので、お客さんとの会話で店内は活気に満ちあふれます。このお店にまた来たいと思えるような対応がリピーターをどんどん増やしています。(CouponCode対象店舗)

いがわさんは、元々は和菓子屋さんとして創業しました。現在は、洋菓子を担当しているシェフがお店を引き継いだときに、半分を洋菓子スペースに改装し、和菓子と洋菓子の両方を取り扱っています。お店の名前は先代から受け継いでおり、シェフの苗字が店名となっています。シェフは、東京世田谷の成城にあるすてきな老舗の洋菓子店マルメゾンで修業を積みました。洋菓子のショーケースには、シェフ自慢のこだわり素材を使用したオリジナルのスイーツが並び、和菓子のショーケースには、その道40年の熟練職人が作る色鮮やかな和菓子が並びます。 お店のモットーは、「真心の手作り」です。機械を使わず、おまんじゅうのあんを包む作業から、クッキー生地の絞り出しに至るまで、すべて職人やシェフの手技で行っています。お客さんの笑顔を想像しながらお菓子ひとつひとつに真心を込めて、お客さんの元へお菓子を届けます。また、お客さんを喜ばせたい、お客さんのニーズにこたえたいという思いから、シェフは他のお店がやっていないようなこともやりたいと考えています。そのひとつとして、独自の商品の開発にもチャレンジしています。独自の商品として生み出されたのが、生パウンドケーキです。地元の奥久慈卵を使ったコクのあるスポンジ生地とミルキーな生クリームとの相性は抜群で、その二つが口の中で溶けていく、なんとも言えない絶妙な食感のとりこになる人が続出しています。 シェフは地産地消にも真剣に取り組んでいます。お店では「日立産で作ろう!」シリーズと銘を打ち、茨城県、特に日立産の素材を積極的にお菓子に使用しています。地元の素材は、味や香りがよく品質がいいので、それらを使ったお菓子は、お客さんにも大好評です。今ではめずらしくない似顔絵や、イラストケーキもいち早く取り入れていたため、イラストケーキのレベルはとても高いです。似顔絵やイラストケーキは、様々なシーンを盛り上げ、お客さんに大変喜ばれます。 いがわさんのお菓子は、ほどよい甘さで、和菓子も洋菓子もどちらも素材を生かした素朴なおいしさが魅力です。その魅力が地元の人々を中心とした幅広い世代に愛されている所以と言えます。スタッフも地元の人々に愛されるお店にしたいという思いが強く、お客さんとのコミュニケーションを大切にした丁寧な対応を常に心がけています。スタッフはお客さんに積極的に声をかけるので、お客さんとの会話で店内は活気に満ちあふれます。このお店にまた来たいと思えるような対応がリピーターをどんどん増やしています。(CouponCode対象店舗)

ショップ情報

いがわ_ショップ情報_1

和モダンな雰囲気の店構えが特長

いがわ_ショップ情報_1

日立駅中央口を出てまっすぐ行き日立駅入り口信号手前を左に曲がり、少し歩くといがわさんの和モダンな建物が見えてきます。2階建ての建物の1階が店舗になっています。看板は、白とピンクをベースに「いがわ」と和風の文字で書かれており、少し離れたところでも見やすくなっています。向かって右側が和菓子スペースの入り口で、左側が洋菓子スペースの入り口です。お店の正面部分は全面がガラス張りになっています。お店の外からでも、店内に和菓子スペースと洋菓子スペースがあり、和菓子を好むご年配の方々と、洋菓子が好きな子供たちが一緒に訪れても、ひとつのお店で買い物できることがわかります。また、おすすめ商品を記載した看板を設置してあり、お店の前を通りがかったお客さんにもわかりやすいです。入り口が自動ドアですので、ベビーカーや車いすでも利用しやすくなっております。

日立駅中央口を出てまっすぐ行き日立駅入り口信号手前を左に曲がり、少し歩くといがわさんの和モダンな建物が見えてきます。2階建ての建物の1階が店舗になっています。看板は、白とピンクをベースに「いがわ」と和風の文字で書かれており、少し離れたところでも見やすくなっています。向かって右側が和菓子スペースの入り口で、左側が洋菓子スペースの入り口です。お店の正面部分は全面がガラス張りになっています。お店の外からでも、店内に和菓子スペースと洋菓子スペースがあり、和菓子を好むご年配の方々と、洋菓子が好きな子供たちが一緒に訪れても、ひとつのお店で買い物できることがわかります。また、おすすめ商品を記載した看板を設置してあり、お店の前を通りがかったお客さんにもわかりやすいです。入り口が自動ドアですので、ベビーカーや車いすでも利用しやすくなっております。

いがわ_ショップ情報_2

和の心落ち着く空間と、季節のイベントごとの楽しい空間が共に

いがわ_ショップ情報_2

元々は、すべて和風の作りでしたが、お店の半分を洋風に装飾しています。外から見ると、洋風のスペースには、窓ガラスにレースのカーテンが3ケ所に掛けられていて、クラシカルな西洋の雰囲気が漂っています。ショーケースは全部で3台あり、うち2台が洋菓子部門、残りの1台が和菓子部門となっています。和菓子スペースには、和風の装飾が施されていて、心落ち着く空間が広がっています。イスが配置されているので、店内でほっとひと息つくことも可能です。洋菓子スペースでは、季節のイベントによって変わる、様々なディスプレイが楽しめます。バレンタイン、ハロウィン、クリスマスなど季節のイベントにあわせた装飾は、お菓子を選ぶワクワク感を一層高めてくれます。焼き菓子コーナーも、洋菓子スペース入り口から入って左側にあります。サブレなどの焼き菓子から、ダックワーズなどのクリームが入った半生菓子まで並べられていますが、お客さんが選びやすいような陳列に工夫されています。

元々は、すべて和風の作りでしたが、お店の半分を洋風に装飾しています。外から見ると、洋風のスペースには、窓ガラスにレースのカーテンが3ケ所に掛けられていて、クラシカルな西洋の雰囲気が漂っています。ショーケースは全部で3台あり、うち2台が洋菓子部門、残りの1台が和菓子部門となっています。和菓子スペースには、和風の装飾が施されていて、心落ち着く空間が広がっています。イスが配置されているので、店内でほっとひと息つくことも可能です。洋菓子スペースでは、季節のイベントによって変わる、様々なディスプレイが楽しめます。バレンタイン、ハロウィン、クリスマスなど季節のイベントにあわせた装飾は、お菓子を選ぶワクワク感を一層高めてくれます。焼き菓子コーナーも、洋菓子スペース入り口から入って左側にあります。サブレなどの焼き菓子から、ダックワーズなどのクリームが入った半生菓子まで並べられていますが、お客さんが選びやすいような陳列に工夫されています。

いがわ_ショップ情報_3

彩り豊かなショーケースで感じる季節感

いがわ_ショップ情報_3

ショーケースには、常時20~30種類のカットケーキ、ホールケーキ、ロールケーキなどが、おいしそうにディスプレイされています。その中で12種類程が定番の商品です。お店イチオシのホールケーキは「ガトーフレーズ」で、カットケーキだと「フォレショコラ」です。ショーケースの中を彩り豊かでお客さんの目を楽しませてくれているのが、季節限定のケーキです。春はピンク色がかわいい「桜のロールケーキ」や「レアチーズケーキ」が並びます。お花見に持って行くと、気分をますます盛り上げてくれそうなケーキです。夏は、「たまだれ(くずきりそうめん)」やゼリー、秋は「ムラサキイモのモンブラン」や「KAKI」という名の柿のムースなどを使ったケーキ、冬には「ボンボンショコラ」などが登場します。また、定番の「フォレショコラ」などは、こいのぼりやかぶとがデコレーションされた「子供の日」仕様に変身することもあり、お客さんを飽きさせません。春夏秋冬の季節を大事にする日本人の心が、洋菓子の部門においても生かされています。和菓子のショーケースに目を向けても、ため息が出そうなくらいに芸術性が高く、彩り豊かな和菓子が並んでいます。

ショーケースには、常時20~30種類のカットケーキ、ホールケーキ、ロールケーキなどが、おいしそうにディスプレイされています。その中で12種類程が定番の商品です。お店イチオシのホールケーキは「ガトーフレーズ」で、カットケーキだと「フォレショコラ」です。ショーケースの中を彩り豊かでお客さんの目を楽しませてくれているのが、季節限定のケーキです。春はピンク色がかわいい「桜のロールケーキ」や「レアチーズケーキ」が並びます。お花見に持って行くと、気分をますます盛り上げてくれそうなケーキです。夏は、「たまだれ(くずきりそうめん)」やゼリー、秋は「ムラサキイモのモンブラン」や「KAKI」という名の柿のムースなどを使ったケーキ、冬には「ボンボンショコラ」などが登場します。また、定番の「フォレショコラ」などは、こいのぼりやかぶとがデコレーションされた「子供の日」仕様に変身することもあり、お客さんを飽きさせません。春夏秋冬の季節を大事にする日本人の心が、洋菓子の部門においても生かされています。和菓子のショーケースに目を向けても、ため息が出そうなくらいに芸術性が高く、彩り豊かな和菓子が並んでいます。

いがわ_ショップ情報_4

お菓子作りの始まりは、よい素材を選ぶことから

いがわ_ショップ情報_4

フランスの伝統菓子には、やはりフランス産の材料が一番合うというシェフのこだわりがあります。チョコレートやフルーツのピュレなどはすべて本場フランス産のものを使用しています。地産地消に真剣に取り組んでいるシェフは、「日立市産で作ろう!」シリーズで、茨城県内で生産された小麦粉、卵や米粉、日立市内産のはちみつなどを使用しています。特にはちみつは、地元の田所農園の地産百花蜜を使用しており、味も香りも濃厚で、お菓子作りには最高にぜいたくな素材です。ケーキのスポンジ生地は、フワフワ感ではなく、口溶けを最も追求しています。スポンジと生クリームと一緒に、口の中で溶けてゆくことを第一に考えて作られています。同じ素材でも品質や味にばらつきが生じることがありますが、シェフはプロとして、どんな素材であっても仕上がりが均一になるように注意を払います。新商品を作る際は、新たに採用した素材の味や食感が突出しすぎないよう、他の素材との調和も大切にしています。和菓子は、熟練の職人がヘラやコテなどを使って、ねりきりや求肥を鮮やかな和菓子に仕上げています。季節感を大切にし、ひとつひとつ丁寧に作られた和菓子は味も、見た目も楽しめます。

フランスの伝統菓子には、やはりフランス産の材料が一番合うというシェフのこだわりがあります。チョコレートやフルーツのピュレなどはすべて本場フランス産のものを使用しています。地産地消に真剣に取り組んでいるシェフは、「日立市産で作ろう!」シリーズで、茨城県内で生産された小麦粉、卵や米粉、日立市内産のはちみつなどを使用しています。特にはちみつは、地元の田所農園の地産百花蜜を使用しており、味も香りも濃厚で、お菓子作りには最高にぜいたくな素材です。ケーキのスポンジ生地は、フワフワ感ではなく、口溶けを最も追求しています。スポンジと生クリームと一緒に、口の中で溶けてゆくことを第一に考えて作られています。同じ素材でも品質や味にばらつきが生じることがありますが、シェフはプロとして、どんな素材であっても仕上がりが均一になるように注意を払います。新商品を作る際は、新たに採用した素材の味や食感が突出しすぎないよう、他の素材との調和も大切にしています。和菓子は、熟練の職人がヘラやコテなどを使って、ねりきりや求肥を鮮やかな和菓子に仕上げています。季節感を大切にし、ひとつひとつ丁寧に作られた和菓子は味も、見た目も楽しめます。

いがわ_ショップ情報_5

本格的なフランスの伝統菓子も並びます

いがわ_ショップ情報_5

焼き菓子は、常時25~30種類の商品が焼き菓子コーナーに並べられています。焼き菓子で人気の商品は、「ロッシェ」、「カシューナッツ」、「木苺のサブレ」です。日本の伝統菓子である和菓子だけではなく、フランスの伝統菓子にも力を入れています。通年でマカロンやギモーヴなどの本格的なフランス伝統菓子を販売し、幅広い人気を集めています。季節ごとに「パートドフリュイ」という旬の果物を使った、固めのゼリーも登場します。その他に春にはマドレーヌを始めとした、桜関連の商品が並び、焼き菓子で桜の香りを楽しむことができます。ケーキと同じく、焼き菓子も季節限定の商品には、お客さんの視線が集まります。素材を生かした、ほどよい甘さの焼き菓子は、どなたにも喜ばれるため、ギフトや手土産としても重宝されています。

焼き菓子は、常時25~30種類の商品が焼き菓子コーナーに並べられています。焼き菓子で人気の商品は、「ロッシェ」、「カシューナッツ」、「木苺のサブレ」です。日本の伝統菓子である和菓子だけではなく、フランスの伝統菓子にも力を入れています。通年でマカロンやギモーヴなどの本格的なフランス伝統菓子を販売し、幅広い人気を集めています。季節ごとに「パートドフリュイ」という旬の果物を使った、固めのゼリーも登場します。その他に春にはマドレーヌを始めとした、桜関連の商品が並び、焼き菓子で桜の香りを楽しむことができます。ケーキと同じく、焼き菓子も季節限定の商品には、お客さんの視線が集まります。素材を生かした、ほどよい甘さの焼き菓子は、どなたにも喜ばれるため、ギフトや手土産としても重宝されています。

口コミ

  • 2018年09月16日 15:28

    デコレーションショートケーキ

    投稿者:がわさん(茨城県 / 30代 / 女性)

    4.0
    4
    ボリューム
    4
    見た目
    4
    サービス
    4

    店内にはカラフルないろいろなケーキがあってとても気になりました。特にチョコミントのケーキがあり、今度は小さいサイズのケーキも頼んでみたいなと思いました。親に買っていったケーキでしたが、クリームが甘すぎず好評でした。また何かありましたら利用してみたいと思いました。駐車場も目の前で利用しやすかったです。

  • 2018年05月15日 11:59

    母の日のプレゼントに

    投稿者:投稿者さん(茨城県 / 30代 / 女性)

    4.3
    5
    ボリューム
    4
    見た目
    4
    サービス
    4

    母の日用にデコレーションケーキを注文しました。 見た目、味共にとてもおいしく 母にもとても喜んでもらえました。 持ち運びに1時間かかると伝えたところ 丁寧に保冷剤をいれて頂きました。 また利用したいと思います。

  • 2018年03月31日 21:14

    懐かしい味

    投稿者:投稿者さん(茨城県 / 50代 / 女性)

    3.5
    3
    ボリューム
    4
    見た目
    3
    サービス
    4

    30年以上ぶり位にいがわさんのケーキを食べました。昔はバタークリームでしたがスポンジケーキは同じ様に感じました。生クリームは甘さ控えめです。どこか素朴で懐かしい味がして美味しかったです。

  • 2018年03月18日 15:56

    2回目のホールケーキ

    投稿者:みったんママさん(40代 / 女性)

    4.0
    4
    ボリューム
    4
    見た目
    4
    サービス
    4

    今年になって2回目のホールケーキを頼みました。 みんなとても喜んでくれました。 飾りのお花も可愛いし、イチゴも大きいので見た目良し・味良しでとても満足でした!

運営事務局より

※口コミ内容(料金やサービス内容等も含む)は、施設を利用した当時の体験にもとづく主観的なご意見・ご感想であることをご理解のうえ、ご活用いただけますようお願いいたします。

店名

いがわ

イガワ

受付
住所
茨城県日立市鹿島町1-6-13 (大きな地図で見る
茨城県日立市鹿島町1-6-13
大きな地図で見る
アクセス
常磐線日立駅 中央口 徒歩 17分
営業時間・定休日
定休日
木曜 / 土曜 / 日曜
11:00 ~ 17:00
※表示されている営業時間はWeb予約商品の受け取り可能時間です。
店舗の営業時間は09:00~19:30です。
※土曜日・日曜日Webでのご予約はできませんが、店舗は営業しております。

[9月臨時営業のお知らせ]
通常定休日ですが、9/23(木祝)は営業いたします。
電話 0294-21-2748
駐車場
あり
カテゴリ ショートケーキすべて / 生クリームケーキ / イチゴ・ベリーケーキ / フルーツケーキ
こだわり EPARKポイント利用可 / ネット予約・受付可 / 駐車場あり / 地方発送(お取り寄せ) / ギフトラッピング / のし
誤りのある情報の報告
閉じる